4350 Movies

陰謀のセオリー Conspiracy Theory (1997)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

国家が絡む組織的陰謀に巻き込まれた男と弁護士の危機に立ち向かう姿を描く、製作、監督リチャード・ドナー、主演メル・ギブソンジュリア・ロバーツパトリック・スチュワート他共演のサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■
監督:リチャード・ドナー
製作
ジョエル・シルバー

リチャード・ドナー
製作総指揮:ジム・ヴァン・ウィック
脚本:ブライアン・ヘルゲランド

撮影:ジョン・シュワルツマン
編集:フランク・J・ユリオステ
音楽:カーター・バーウェル

出演
ジェリー・フレッチャー:メル・ギブソン

アリス・サットン:ジュリア・ロバーツ
ジョナス博士:パトリック・スチュワート
ロウリー捜査官:キルク・カザート
ウィルソン:スティーヴン・カーン
フリップ:テリー・アレクサンダー
医師:ドナル・ギブソン

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

1997年製作 135分
公開
北米:1997年8月8日
日本:1997年11月1日
製作費 $75,000,000
北米興行収入 $75,982,830
世界 $136,982,830


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューヨーク
タクシー・ドライバーのジェリー・フレッチャー(メル・ギブソン)は、客に向かってしゃべり続け、世の中の陰謀についてを語る。

ジェリーの記憶は失われ、断片的にしか覚えていなかった。

しかし、司法省の弁護士アリス・サットン(ジュリア・ロバーツ)を守ることが使命だと考えるジェリーは、仕事の合間に彼女を監視する。

仕事を終えたジェリーは、アパートの屋上から部屋に向い、入り口のドアの鍵を何重にもかける。

ジェリーは、冷蔵庫のドア、そしてその中の容器にも鍵をかけていた。

情報収集のため、知人のフリップ(テリー・アレクサンダー)から受け取った大量の新聞に目を通すジェリーは、注目記事をチェックする。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク
タクシー・ドライバーのジェリー・フレッチャーは、客に向かってしゃべり続け世の中の陰謀についてを語る。
記憶を失っていたジェリーは、司法省の弁護士アリスを守ることが使命だと考え彼女を監視していた。
ジェリーは度々アリスの元に向い、国家的陰謀論を語っていたが、ジョナス博士に拉致されて拷問される。
傷つきながらその場から逃れたジェリーは、アリスに助けを求める。
そしてアリスは、CIAの精神科医ジョナスが、ジェリーを抹殺しようとしていることを知るのだが・・・。
__________

リーサル・ウェポン」シリーズのリチャード・ドナージョエル・シルバーメル・ギブソンが再び組んだ作品で、トップスターとなったジュリア・ロバーツの共演も注目の話題作。

実際に起きた暗殺事件などをドラマの中の陰謀と絡める展開や、CIAFBIなどが入り乱れる国家組織の謀略などが興味深く描かれている。

製作費は7500万ドル、北米興行収入は約7600万ドル、全世界では1億3700万ドルのヒットとなった。

情緒不安定な男にタクシー・ドライバーを任せられるのかとか、一女性弁護士が、突然、捜査官か工作員のような行動をとつようなご都合主義的なところは目をつぶり、単純にサスペンスを楽しむようお勧めします。

精神障害を抱えながら国家的陰謀に立ち向かう、元組織工作員を熱演するメル・ギブソン、彼に監視されながら危機に立ち向かう弁護士ジュリア・ロバーツ、洗脳で暗殺者を作り出す計画の責任者である精神科医パトリック・スチュワート、国家の最高機密機関の捜査官キルク・カザート、その同僚テリー・アレクサンダー司法省の局長スティーヴン・カーン、医師ドナル・ギブソンメル・ギブソンの実弟)などが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020