4354 Movies

大自然の凱歌 Come and Get It (1936)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1935年に発表された、エドナ・ファーバーの小説”Come and Get It”を基に製作された作品。
製紙業で成功した男の一人の女性とその娘への思いを描く、製作サミュエル・ゴールドウィン、監督ハワード・ホークスウィリアム・ワイラー、主演エドワード・アーノルドウォルター・ブレナンジョエル・マクリーフランシス・ファーマー他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■
監督
ハワード・ホークス

ウィリアム・ワイラー
製作:サミュエル・ゴールドウィン
原作:エドナ・ファーバーCome and Get It
脚本
ジュールス・ファースマン

ジェーン・マーフィン
撮影
グレッグ・トーランド

ルドルフ・マテ
編集:エドワード・カーティス
音楽:アルフレッド・ニューマン

出演
バーナード”バーニー”グラスゴー:エドワード・アーノルド

スワン・ボストロム:ウォルター・ブレナン
リチャード・グラスゴー:ジョエル・マクリー
ロッタ・モーガン/ロッタ・ボストロム:フランシス・ファーマー
エヴィア・グラスゴー:アンドレア・リーズ
キャリー:マディ・クリスチャンズ
エマ・ルイーズ・グラスゴー:メアリー・ナッシュ
ジェド・ヒューイット:チャールズ・ホルトン
トニー・シュワーキー:フランク・シールズ
ジョージー:セシル・カニンガム
フォアマン:ジャック・ペニック
森林伐採作業員:ハンク・ウォーデン

アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ

1936年製作 99分
公開
北米:1936年11月6日
日本:1938年5月5日


アカデミー賞 ■
第9回アカデミー賞
・受賞
助演男優賞(ウォルター・ブレナン
・ノミネート
編集賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1884年、ウィスコンシン州北部。
雪深い森林伐採所に現れたバーナード”バーニー”グラスゴー(エドワード・アーノルド)は、旧友スワン・ボストロム(ウォルター・ブレナン)に再会する。

バーニーはその場の監督を任され、遅れていた伐採作業の指揮を始める。

製紙会社社長ジェド・ヒューイット(チャールズ・ホルトン)との提携を考えるバーニーは、ヒューイットの娘に好かれたいたため、彼女との結婚もあることをスワンに伝える。

春が近づき、水路と川を使い大量の木材移送を始めたバーニーは、予定より早く作業を終える。

アイアンリッジ、”ヒューイット社”。
ヒューイットに会ったバーニーは提携を持ち掛け、娘エマ・ルイーズの夫に会社を任せると言われた彼は、屋敷を訪ねることを約束する。

その夜、スワン他作業員を引き連れて酒場に向かったバーニーは、仲間達に酒を振る舞う。

賭け事で大金を稼いだバーニーは、自分に幸運をもたらした酒場の女ロッタ・モーガン(フランシス・ファーマー)が気に入る。

ロッタは、支配人がバーニーから金を巻き上げる手助けをしようとする。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1884年、ウィスコンシン州北部。
森林伐採作業の監督バーナード”バーニー”グラスゴーは、大量の材木を製紙会社ヒューイットに移送し、提携を約束される。
酒場の女ロッタに心奪われ惹かれ合う仲になったバーニーだったが、提携を優先してヒューイットの娘との結婚を決意し、後のことを親友のスワンに任せてその場を去る。
失意のロッタを気の毒に思うスワンは、彼女と結婚する。
1907年、製紙会社社長として富と名声を手にしたバーニーは、疎遠だったスワンに誘われて彼に会いに行く。
スワンと亡くなった妻ロッタとの娘であるロッタが、母親にそっくりであることに驚いたバーニーは、かつてを思い出して彼女に惹かれる。
スワンと姪そしてロッタを連れて地元に戻ったバーニーは、彼らの面倒をみると言う名目で住居や仕事を与える。
その後、息子のリチャードがロッタと親交を深めるのを気にしながら、バーニーは彼女に関係を迫ろうとするのだが・・・。
__________

共にハリウッドを代表する巨匠となるハワード・ホークスウィリアム・ワイラーの監督作品。

ハワード・ホークス演出の企画で撮影が進めら、彼の降板によりウィリアム・ワイラーが受け継いだ。

冒頭の森林伐採作業のスケール感のある映像は必見で、後のハワード・ホークス作品を思わせるダイナミックな映像は見ものだ。

どのあたりからウィリアム・ワイラーが交替したかは不明だが、主人公がかつて惹かれた女の娘に心を奪われ、行動を起こすあたりからは作風ががらりと変わり、冒頭で圧倒された気持ちの高ぶりが一気に醒めてしまう。

エドナ・ファーバー風の大叙事詩というよりも、初老男性の愛の暴走が主題になっている点も、やや物足りない展開と言ったところだろうか。

第9回アカデミー賞では、助演男優賞(ウォルター・ブレナン)を受賞した。
・ノミネート
編集賞
ウォルター・ブレナンは助演男優賞を三度受賞した唯一の男優で、本作が最初の受賞となる。

世界を制覇しそうな雰囲気の男性を貫録で演ずるエドワード・アーノルドと、その親友を飄々と演じ、味わい深い演技を見せてくれるウォルター・ブレナンの好演は光る。

主人公の息子ジョエル・マクリー、主人公が惹かれる女性とその娘の二役を演ずるフランシス・ファーマー、主人公の妻メアリー・ナッシュ、その娘アンドレア・リーズ、ヒロインの伯母マディ・クリスチャンズ、製紙会社社長チャールズ・ホルトン、主人公の娘の恋人で当時の現役プロ・テニス・プレイヤー、フランク・シールズ、主人公の秘書セシル・カニンガム、そして、ジョン・フォード一家として知られるジャック・ペニックハンク・ウォーデンが森林伐採の作業員役で出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020