4219 Movies

コクーン Cocoon (1985)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

太古の昔、地球に取り残された仲間達を救うために現れた異星人と、彼らと接触した老人達の触れ合いを描く、監督ロン・ハワードドン・アメチーウィルフォード・ブリムリーヒューム・クローニンブライアン・デネヒースティーヴ・グッテンバーグモーリン・ステイプルトンジェシカ・タンディ他共演のSF・ファンタジー。


SF


スタッフ キャスト ■
監督:ロン・ハワード
製作
リチャード・D・ザナック

デイヴィッド・ブラウン
リリー・フィニー・ザナック
原作:デヴィッド・サパースタイン
脚本:トム・ベネデク

撮影:ドナルド・ピーターマン
編集
ダニエル・P・ハンレイ

マイク・ヒル
音楽:ジェームズ・ホーナー

出演
アート・セルウィン:ドン・アメチー

ベンジャミン・ラケット:ウィルフォード・ブリムリー
ジョー・フィンレイ:ヒューム・クローニン
ウォルター:ブライアン・デネヒー
バーニー・レフコビッツ:ジャック・ギルフォード
ジャック・ボナー:スティーヴ・グッテンバーグ
マリリン・ラケット:モーリン・ステイプルトン
アルマ・フィンレイ:ジェシカ・タンディ
ベス・マッカーシー:グエン・ヴァードン
ロージー・レフコビッツ:ヘルタ・ウェア
キティ:ターニー・ウェルチ
デヴィッド:バレット・オリヴァー
スーザン:リンダ・ハリソン
ジョン・デクスター:クリント・ハワード
ピルスバリー:タイロン・パワーJr.
スパーク警部補:ランス・ハワード

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX

1985年製作 117分
公開
北米:1985年6月21日
日本:1985年12月14日
製作費 $17,500,000
北米興行収入 $76,100,000
世界 $85,313,120


アカデミー賞 ■
第58回アカデミー賞
・受賞
助演男優(ドン・アメチー)
視覚効果賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
フロリダ州、セント・ピータースバーグ
”サニー・ショア高齢者コミニティー”では、リタイアした老人達が気ままな毎日を送っていた。

施設で暮らすアート・セルウィン(ドン・アメチー)、ベンジャミン・ラケット(ウィルフォード・ブリムリー)、ジョー・フィンレイ(ヒューム・クローニン)は、隣接する空き家の屋敷のプールで泳ぐのが楽しみだった。

貸しボートの船長ジャック・ボナー(スティーヴ・グッテンバーグ)は、身なりのよい男性ウォルター(ブライアン・デネヒー)から船を借りたいと言われ、喜んでそれを受け入れる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

参考:
・「コクーン」(1985)
・「コクーン2」(1988)

*(簡略ストー リー)
高齢者施設で暮らすリタイアした老人三人組アート、ベンジャミン、ジョーは、隣接する空き家のプールで泳ぐことを楽しみにしていた。
ある日、身なりのよい男性ウォルターらが青年ジャックのボートと屋敷を借りることになる。
老人三人組は、プールで泳げなくなることにショックを受けるが、開き直り再びプールに入ってしまう。
ウォルターらは、海底からある物体を引き上げプールに保存していたのだが、老人達はそれを気にしながらそこで泳いでしまう。
すると、突然、老人達は若返ったような気分となり意気揚々と施設に引き上げる。
妻や恋人を誘惑し、漲るパワーを感じ始めて、ジョーの癌も完治してしまう。
同じ頃、ジャックはウォルターらが異星人だと知ってしまうが、彼らが友好的だと知り協力することにする。
その後、老人達はプールでウォルターらに見つかってしまう。
再び病気が悪化し始めたジョーを見たベンジャミンは、ウォルターを訪ねてプールの使用を許可してもらうのだが・・・。
__________

前年の「スプラッシュ」(1985)に続き、ロン・ハワードが確実に才能を開花させて、実力を見せ付けた彼の前期の代表作でもある。

同じSF・ファンタジー「E.T.」(1982)を意識したような、異星人を友好的に描いた作品で、ロン・ハワードの演出は切れはあるが、やや盛り上がりに欠ける内容は物足りなさを感じる。

しかし、老人の死を悲観的に捉えない描き方、新たな生き方にチャレンジする者と、それが幸せかを考えつつ自然に任せることを選ぶ者の両者を描き、観客にそれを選択させる手法などは面白い。

アカデミー賞を受賞したSFXや往年の大スターの競演も、大いに話題を呼んだ作品でもある。

北米興行収入は約7600万ドル、全世界では約8500万ドルで、当時としてはまずまずのヒットとなった。

第58回アカデミー賞では、助演男優(ドン・アメチー)と視覚効果賞を受賞した。

ジェームズ・ホーナーの、美しい音楽も印象に残る。

その仕草や、独特の低音の声が実に魅力的なドン・アメチー、実は撮影当時まだ50歳になったばかりだった、リーダー的な存在のウィルフォード・ブリムリー、その妻モーリン・ステイプルトン、癌が完治するどころか浮気癖も再発してしまうヒューム・クローニン、その妻役で、実生活でも夫婦のジェシカ・タンディ、厳つい風貌ながら友好的な異星人役のブライアン・デネヒー、運命を自然に任せるジャック・ギルフォード、その妻役ヘルタ・ウェア、貸しボートを異星人に提供する青年のスティーヴ・グッテンバーグ、アート(D・アメチー)と旅立つ直前に結婚する、往年のブロードウェイの大スターで、ボブ・フォッシー夫人のグエン・ヴァードン、異星人役で、ラクウェル・ウェルチの娘のターニー・ウェルチタイロン・パワーの息子であるタイロン・パワーJr.、ベンジャミン(W・ブリムリー)の孫バレット・オリヴァー、その母で、「猿の惑星」(1968)のノーヴァ役が有名なリンダ・ハリソンロン・ハワードの弟、施設職員クリント・ハワード、そして、二人の父親である刑事役のランス・ハワードなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020