4513 Movies

タイ・カッブ Cobb (1994)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

メジャーリーグ史上、最も偉大であり嫌われた男”タイ・カッブ”と、彼の伝記の執筆を依頼された記者アル・スタンプの親交を描く、監督、脚本ロン・シェルトン、主演トミー・リー・ジョーンズロバート・ウールロリータ・ダヴィドヴィッチ他共演のヒューマン・ドラマ。


ドラマ(ヒューマン)

トミー・リー・ジョーンズ / Tommy Lee Jones / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ロン・シェルトン
製作総指揮:アーノン・ミルチャン
製作:デヴィッド・V・レスター
原作:アル・スタンプ

脚本:ロン・シェルトン
撮影:ラッセル・ボイド
編集
ポール・セイダー

キンバリー・レイ
音楽:エリオット・ゴールデンサール

出演
タイ・カッブトミー・リー・ジョーンズ

アル・スタンプロバート・ウール
ラモーナ:ロリータ・ダヴィドヴィッチ
ウィリー:ルー・マイヤーズ
ウィリアム・ハーシュエル・カッブ:J・ケネス・キャンベル
ルイ・プリマイーロイ・カサドス
キーリー・スミス:ポーラ・ルディ
離婚届けを届ける男:ブラッドリー・ウィットフォード

アマンダ・チトウッド・カッブ:ローダ・グリフィス
ミッキー・コクラン:スティーヴン・メンディーロ
対戦ピッチャー:ロジャー・クレメンス

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

1994年製作 128分
公開
北米:1994年12月2日
日本:1995年9月
北米興行収入 $1,007,580


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1960年、サンタバーバラ
スポーツ記者アル・スタンプ(ロバート・ウール)は、30年前に引退した伝説のメジャーリーガータイ・カッブ”から、伝記執筆の依頼を受ける。

タホ湖付近の山中。
現役時代の武勇伝はともかく、70歳過ぎの老人が相手だということで、高を括ってカッブの自宅を訪れたスタンプは、横暴な彼に愛想を尽かし出て行く使用人ウィリー(ルー・マイヤーズ)に出くわす。

いきなり、銃弾を浴びせられそうになったスタンプは焦るが、カッブは彼を呼び寄せ、クーパーズタウンで行われる予定の、”野球殿堂”のパーティーに自分を連れて行くよう言われる。

カッブの言動に驚きと共に呆れるスタンプは、それを断ろうとする。

しかし、カッブはその返事を聞こうともせず、スタンプは仕方なく彼の指示通りに伝記を書き始める。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想 ■

スポーツ記者アル・スタンプの著書”タイ・カッブ”の伝記、”My Life in Baseball: The True Record and Cobb”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)
スポーツ記者のアル・スタンプは、偉大なメジャーリーガータイ・カッブ”から、伝記の執筆の依頼を受ける。
数々の武勇伝はあるものの、30年前に引退した70歳過ぎの老人が相手だということで、高を括っていたスタンプだったが、想像以上に傲慢で危険なカッブに、驚きと共に呆れ果ててしまう。
カッブは、まず、”野球殿堂”のパーティーに自分を連れて行くことをスタンプに約束させ、彼の意見を聞きもせず、銃で脅しながら執筆を始めさせる。
多くの病気を抱え、薬漬けだったカッブは、突然、リノに向かうと言い出し、事故で車を失いながらも現地に到着する。
途中カッブは、厳格な父に育てられながら野球選手になった自分が、選手や観客に嫌われ、それを喜びと感じ、見事な打撃成績を残したことをスタンプに語る。
そしてカッブは、自分以外の全てのもの憎むようになった、歪んだ人格形成に影響があった、ある事件についてをスタンプに話すのだが・・・。
__________

メジャーリーグ史上に残る伝説の選手であり、その暴力的で破天荒な性格は、多くの者に嫌われたという”タイ・カッブ”の、死を前にした伝記執筆のエピソードを、それに携わった実在の記者アル・スタンプの目で捉えたドラマでであり、”タイ・カッブ”自身の野球人生を描く作品でないところが興味深い。

それにしても、タイ・カッブの人物像の描き方があまりに極端で、これが脚色でないとしたら、彼は犯罪者そのものであり、その狂気とも言える凄まじい人生には驚くしかない。

主演のトミー・リー・ジョーンズが、前年「逃亡者」(1993)によりアカデミー助演賞を受賞し、授賞式で頭部を剃り上げてステージに登場したのが、本作の撮影のためだったことを思い出す。

本作の彼は「逃亡者」を上回る熱演を見せるが、なぜか賞レースでは全く無視されてしまい、商業的にも失敗に終わってしまった作品でもある。

主人公が、あまりに強烈なキャラクターのために、やや疲れてしまうところもあり、ロン・シェルトンの演出も一本調子なのが残念。

良くも悪くも、トミー・リー・ジョーンズそのもののワンマン作品であり、それ事態は、彼のファンであれば大歓迎できる作品だ。

主人公の人間性に翻弄されながら、彼の生き様を理解して惚れ込む記者アル・スタンプを好演するロバート・ウール、二人が出会う女性ロリータ・ダヴィドヴィッチ、彼女と親交を持つ主人公の元使用人役ルー・マイヤーズ、主人公の父親のJ・ケネス・キャンベル、母親ローダ・グリフィスリノのステージに立つエンタティナー、ルイ・プリマイーロイ・カサドスキーリー・スミス役のポーラ・ルディスタンプに離婚届を届ける男ブラッドリー・ウィットフォード、主人公の元チームメイト、ミッキー・コクランのスティーヴン・メンディーロ、試合中の対戦ピッチャー役で、当時現役だったのロジャー・クレメンスが特別出演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021