4186 Movies

シマロン Cimarron (1931)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1929年に発表されたエドナ・ファーバーの小説”Cimarron”を基に製作された作品。
開拓者魂を貫く男の生き様と反発しながらもそれを支えた妻の半生を描く、製作、監督ウェズリー・ラッグルズ、主演リチャード・ディックスアイリーン・ダンエステル・テイラー他共演のドラマ。


西部劇


スタッフ キャスト ■
監督:ウェズリー・ラッグルズ
製作
ウィリアム・ルバロン

ウェズリー・ラッグルズ
原作:エドナ・ファーバーCimarron
脚本:ハワード・エスタブルック

撮影:エドワード・クロンジェガー
編集:ウィリアム・ハミルトン
美術・装置:マックス・リー
音楽:マックス・スタイナー

出演
ヤンシー”シマロン”クラヴァット:リチャード・ディックス

セイブラ・クラヴァット:アイリーン・ダン
ディクシー・リー:エステル・テイラー
トレイシー・ワイアット:エドナ・メイ・オリバー
ジェシー・リッキー:ロスコー・エイツ
ソル・レヴィー:ジョージ・E・ストーン
ロン・ヤンティス:スタンリー・フィールズ
ルイス・ヘフナー:ロバート・マクウェイド
フェリス・ヴェナブル:ナンス・オニール
ドナ・クラヴァット:ジュディス・バーレット
キッド:ウィリアム・コリアーJr.
アイザイア:ユージン・ジャクソン

アメリカ 映画
配給 RKO

1931年製作 124分
公開
北米:1931年1月26日
日本:1932年12月
製作費 $1,433,000
北米興行収入 $1,383,000


アカデミー賞 ■
第4回アカデミー賞
・受賞
作品・脚色・美術賞
・ノミネート
監督
主演男優(リチャード・ディックス)
主演女優(アイリーン・ダン)
撮影賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1889年4月22日、オクラホマ準州
政府により解放された土地の入植地競争が行われ、ヤンシー・クラヴァット(リチャード・ディックス)は、参加者のディクシー・リー(エステル・テイラー)に声をかけられる。

合図と共に人々は一斉に馬や馬車を走らせ、順調に狙っていた土地に向かうヤンシーは、落馬したディクシー・リーを助ける。

ディキシー・リーに怪我をした馬を楽にさせることを頼まれたヤンシーだったが、その隙に自分の土地を彼女に奪われてしまう。

家族の元に戻ったヤンシーはその件を伝え、妻セイブラ(アイリーン・ダン)の母親フェリス・ヴェナブル(ナンス・オニール)は、妻を置き去りにして好き勝手をする義理の息子を批判する。

ヤンシーは新しい土地に住むことを諦めず、セイブラと息子シム”シマロン”を連れて旅立つことを決意する。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

1960年に、監督アンソニー・マン、主演グレン・フォードでリメイクされた。
・「シマロン

*(簡略ストー リー)
1889年、オクラホマ準州
政府により解放された土地の入植地競争が行われるが、ヤンシー・クラヴァットは狙っていた土地をディクシー・リーに奪われてしまう。
妻セイブラの元に戻ったヤンシーは、再び開拓地に向かうことを決心し妻子と共に旅立つ。
活気づく町オセージに着いたヤンシーは、新聞社の前編集長を殺害した疑いのある無法者ヤンティスを牽制する。
新聞社を設立したヤンシーは、編集長殺害事件解明に拘り、集会でヤンティスの罪を語り彼を射殺する。
1893年、政府がチェロキー族の土地を解放したことを知ったヤンシーは考えを巡らせる。
そして、再び開拓者魂が甦ったヤンシーは、セイブラと子供達を残して新天地に向かってしまう・・・。
_______

未開の地から発展していく町と共に、開拓者としての心を忘れない放浪癖のある夫の行動に翻弄されつつ、その地を離れずに時代の流れを見つめ家族を支える妻の物語を、製作も兼ねるウェズリー・ラッグルズが、一大叙事詩として重厚に描く作品となっている。

西部劇に分類されてはいる作品で、大筋は開拓民一家を描くドラマであり、同じエドナ・ファーバー原作の「ジャイアンツ」(1956)を彷彿させる内容だ。

第4回アカデミー賞では、作品、脚色、美術賞を受賞した。
・ノミネート
監督
主演男優(リチャード・ディックス)
主演女優(アイリーン・ダン)
撮影賞

西部劇として分類される初めてのアカデミー作品賞とは言われるものの、まだその賞自体が黎明期であり、あまりそれに拘る必要はない。
その後に、西部劇作品として「ダンス・ウィズ・ウルブズ」(1990)、「許されざる者」(1992)が約60年振りに同賞を受賞した。

中盤までは、周囲から信頼される主人公の人物像が強烈に描かれるが、彼が家族を残して旅立ってしまう後半は、その後を支える妻を中心とした女性のドラマとして展開する。
アメリカの近代史を加えたことで深みのあるドラマとなったと言う考えもあるが、個人的な意見としてはその逆で、雰囲気も変わってしまう後半は今一受け入れ難い内容だ。

アカデミー作品賞を受賞した割には、批評家、観客共に評価が低く、1960年のリメイク作品もそれは同じだった。

開拓者魂を体全体で表現し、逞しく頼れる存在としてその存在感は他を圧倒する、主人公を熱演するリチャード・ディックス、彼に反発する場面もあるが妻として家族を支え、後半の主人公とも言える役を好演するアイリーン・ダン、主人公だけが味方する、悪い噂だけが流れる幸薄い女性エステル・テイラー、主人公家族と親交を深める夫人エドナ・メイ・オリバー、創設から新聞社を支えるロスコー・エイツ、雑貨の行商人から成功する主人公と友好関係にあるジョージ・E・ストーン、無法者ジョージ・E・ストーン、大富豪となる住人ロバート・マクウェイド、ヒロインの母親ナンス・オニール、主人公の娘ジュディス・バーレット、主人公の旧友である無法者ウィリアム・コリアーJr.、主人公の使用人である少年ユージン・ジャクソンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020