4214 Movies

クロニクル Chronicle (2012)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ある物体に接触して特殊な能力を身につけてしまった高校生の暴走を描く、監督、原案ジョシュ・トランク、主演デイン・デハーンアレックス・ラッセルマイケル・B・ジョーダン他共演のSFスリラー。


SF


スタッフ キャスト ■
監督:ジョシュ・トランク
製作
ジョン・デイヴィス

アダム・シュローダー
製作総指揮:ジェームズ・ドッドソン
原案
マックス・ランディス

ジョシュ・トランク
脚本:マックス・ランディス
撮影:マシュー・ジェンセン
編集:エリオット・グリーンバーグ

出演
アンドリュー・デトマー:デイン・デハーン

マット・ギャリティー:アレックス・ラッセル
スティーヴ・モンゴメリー:マイケル・B・ジョーダン
リチャード・デトマー:マイケル・ケリー
ケイシー・レター:アシュリー・ヒンショウ
カレン・デトマー:ボー・ピーターソン
モニカ:アンナ・ウッド

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX

2012年製作 84分
公開
北米:2012年2月3日
日本:2013年9月27日
製作費 $12,000,000
北米興行収入 $64,572,500
世界 $126,636,100


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
シアトル
高校生のアンドリュー・デトマー(デイン・デハーン)は、アル中で暴力的な父親リチャード(マイケル・ケリー)と、病気で寝たきりの母親カレン(ボー・ピーターソン)と暮らしていた。

中古のビデオ・カメラを常に携帯して周囲を撮り続けている孤独な日々を送るアンドリューは、同じ高校に通ういとこのマット・ギャリティー(アレックス・ラッセル)にパーティーに誘われる。

その夜、会場の外でスティーヴ・モンゴメリー(マイケル・B・ジョーダン)に声をかけられたアンドリューは、ある物を見つけたと言われ森に向かう。

マットと共に三人で地中の洞窟に入ったアンドリューは、異常な物体を前に驚く。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
シアトル
高校生のアンドリュー・デトマーは、アル中で暴力的な父と重病の母と暮らしていた。
孤独なアンドリューだったが、いとこで同じ高校に通うマットにパーティーに誘われる。
その場にいたスティーヴに、ある物を見つけたと言われたアンドリューは、マットと共に三人でその場に向かう。
三人は、地中の洞窟で異様な物体を前に驚き、翌日、触れずに物が動かせるようになったことに気づく。
街に出た三人は、超能力を試してそれを楽しみ、肉体的パワーも感じて空を飛べるようにもなり、そして暴走を始める・・・。
__________

少々内容を知って観たのだが、単なる超能力少年の暴走を描く作品だと思って観ると、その展開に驚いてしまう。

展開と言うよりも、今では普通の特撮映像が実に新鮮であり、「クローバーフィールド」(2008)と「キャリー」(1976)を合わせたような物語も興味深い。

ハンディ・カメラを使った”ファウンド・フッテージ”映画として、その効果を活かしたリアルな映像は見もので、下手なアクション大作より数段楽しめる。

興行収入は北米で約6500万ドル、全世界では約1億2700万ドルのヒットとなった。

孤独な高校生から悪魔のような存在に変貌する、若き日のレオナルド・ディカプリオを思わせる注目の若手スター、デイン・デハーン、彼のいとこであり同じ能力を身につけてしまうアレックス・ラッセル、同じくマイケル・B・ジョーダン、主人公の両親役のマイケル・ケリーとボー・ピーターソン、高校生役のアシュリー・ヒンショウアンナ・ウッドなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020