4849 Movies

きみがくれた未来 Charlie St. Cloud (2010)

最愛の弟を事故で亡くした青年が、自分だけが助かったことで、自責の念にかられながら過ごす日々を送り、その思いから脱しようとする姿を描いた、主演ザック・エフロンチャーリー・ターハンアマンダ・クルーキム・ベイシンガーレイ・リオッタ他共演、監督バー・スティアーズによるファンタジー・ドラマ。
★★★☆☆

アカデミー賞 ■ ストーリー ■ 解説


ドラマ


スタッフ キャスト ■
監督:バー・スティアーズ

製作総指揮
マイケル・フォトレル
ベン・シャーウッド
アダム・シーゲル
製作:マーク・E・プラット
原作:ベン・シャーウッド
The Death and Life of Charlie St. Cloud
脚本
クレイグ・ピアース
ルイス・コリック
撮影:エンリケ・シャディアック
編集:パドレイク・マッキンリー
音楽:ロルフ・ケント

出演
チャーリー・セント・クラウド:ザック・エフロン
サム・セント・クラウド:チャーリー・ターハン
テス・キャロル:アマンダ・クルー
アリステア・ウーリー:オーガスタス・プリュー
ティンク・ウェザビー:ドナル・ローグ
クレア・セント・クラウド:キム・ベイシンガー
フロリオ・フェランテ:レイ・リオッタ
サリー:デイヴ・フランコ

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ 
2010年製作 100分
公開
北米:2010年7月30日
日本:2010年12月23日
製作費 $44,000,000
北米興行収入 $31,137,000
世界 $48,190,700


ストーリー ■
2005年、ワシントン州、ベインブリッジアイランド
ヨットの才能を評価され、奨学金で大学進学も決まっていたチャーリー・セント・クラウド(ザック・エフロン)は、突然の自動車事故で最愛の弟サム(チャーリー・ターハン)を亡くす。
心を閉ざしたチャーリーは、ヨットと進学を諦め、サムの眠る墓地の管理の仕事をして過ごしていた。
サムへの想いから、亡くなった者の姿が見えるチャーリーは、弟との約束で、夕暮れの林の中で、キャッチボールをすることが日課だった。
ある日チャーリーは、自分の命を救ってくれた救命士フロリオ(レイ・リオッタ)から、生かされた理由を探す人生を歩むように助言される。
そんな時チャーリーは、高校時代ライバルだったテス()アマンダ・クルーが、世界ヨットレースに出場することを知り、彼女が気になる存在にもなる。
ある日、父親の墓地で怪我をしていたテスの治療をしたチャーリーは、彼女に強く惹かれ、そして愛し合うようになる。
しかしチャーリーは、テスへの思いが深まる一方で、サムが離れていくことを感じ思い悩んでしまう・・・。


解説 評価 感想 ■
2004年に発表された、ベン・シャーウッドの小説”The Death and Life of Charlie St. Cloud”を基に製作された作品。

亡くなった弟への想いを断ち切れない青年が、新たな人生を見つけるまでを描く単純なドラマと思いきや、ファンタジーの要素を取り入れた、どこか古風な作風に仕上がっている作品。

押し付けがましくない、感動のドラマとしても楽しめる本作は、レイ・リオッタ演ずる救命士の存在がキーポイントである。
主人公の元に”幻覚”として現れる”シューレス・ジョー・ジャクソン・ジャクソン”を演じた彼の出演作、「フィールド・オブ・ドリームス」(1989)のキャラクターを思い起こさせる。

更に、彼の助言によって、新たな人生を歩む決心をした主人公の、助けを求めるヒロインとのロマンスと救出劇も、ひと捻りあり凝った演出となっている。

罪の意識に苦しみながら、何とか希望を掴もうと苦難に立ち向かい、成長していく青年を好演するザック・エフロン、その兄を見守る陽気な少年チャーリー・ターハン、結果的に主人公を新しい人生に導くヒロイン、アマンダ・クルー、そのコーチ、ドナル・ローグ、主人公の親友オーガスタス・プリュー、冒頭のみの出演となる母親キム・ベイシンガー、主人公の未来を切り開こうとする救命士レイ・リオッタ、そして、主人公の友人で戦場で亡くなる、ジェームズ・フランコの実弟デイヴ・フランコなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2022