4263 Movies

チャーリーズ・エンジェル フルスロットル Charlie’s Angels: Full Throttle (2003)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1976~81まで放映された、人気TVドラマの劇場版映画「チャーリーズ・エンジェル」(2000)の続編。
監督マックG、主演キャメロン・ディアスドリュー・バリモアルーシー・リューデミ・ムーアバーニー・マックジョン・フォーサイスブルース・ウィリス他共演のスーパー・アクション・コメディ。


アクション/アドベンチャー

ブルース・ウィリス / Bruce Willis 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:マックG
製作総指揮
パトリック・クロウリー

ジェンノ・トッピング
製作
ドリュー・バリモア

レナード・ゴールドバーグ
ナンシー・ジュヴォネン
原案
アイヴァン・ガフ

ベン・ロバーツ
脚本
マリアン・ウィバーリー

コーマック・ウィバーリー
ジョン・オーガスト
撮影:ラッセル・カーペンター
編集
ウェイン・ワーマン

音楽:エド・シェアマー

出演
ナタリー・クック:キャメロン・ディアス

ディラン・サンダース:ドリュー・バリモア
アレックス・マンディ:ルーシー・リュー
マディソン・リー:デミ・ムーア
ジミー・ボスレー:バーニー・マック
チャーリー・タウンゼント:ジョン・フォーサイス
痩せ男:クリスピン・グローヴァー
ピート・コミスキー:ルーク・ウィルソン
ジェイソン・ギブソン:マット・ルブランク
マンデイ:ジョン・クリーズ
レイ・カーター:ロバート・パトリック
ケリー・ギャレット:ジャクリーン・スミス
シーマス・オグレディ:ジャスティン・セロー
マックス・パトローニ:シャイア・ラブーフ
ランディ・エマース:ロドリゴ・サントロ
ウィリアム・ローズ・ベイリー:ブルース・ウィリス
修道院長:キャリー・フィッシャー
ボスレー夫人:ジャネット・デュボイス
殺し屋:トミー・フラナガン
モトクロス・スターター:P!NK
ボスレー(写真):ビル・マーレイ
本人:メアリー・ケイト・オルセン
本人:アシュレー・オルセン

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ

2003年製作 106分
公開
北米:2003年6月27日
日本:2003年6月28日
製作費 $120,000,000
北米興行収入 $100,685,900
世界 $259,175,790


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
正体不明の大富豪チャールズ”チャーリー”タウンゼント(ジョン・フォーサイス)の命令を受けた、”エンジェルズ”のナタリー・クック(キャメロン・ディアス)、ディラン・サンダース(ドリュー・バリモア)、アレックス・マンディ(ルーシー・リュー)は、モンゴル北部でアメリカ法執行局長官のレイ・カーター(ロバート・パトリック)の救出に成功する。

その頃、司法省のウィリアム・ローズ・ベイリー(ブルース・ウィリス)は、何者かに殺害される。

ナタリーが恋人ピート・コミスキー(ルーク・ウィルソン)と暮らすことになり、その引越しの最中、3人はチャーリーの呼び出しを受ける。

3人は、ジミー・ボスレー(バーニー・マック)が、養子として共に育った兄(ビル・マーレイ)から、アシスタントを受け継いだことを知らされる。

そして3人とボスレーは、”チャーリー”から新たな任務についての説明を受ける。

証人保護プログラム”のリストが暗号化され、二つの指輪を合わせるとその暗号が解除される仕組みになっていた。

一つは3人が救出したカーターが、もう一つは司法省の国土保安局長ベイリーが所持していた。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

参考:
・「チャーリーズ・エンジェル」(2000)
・「
チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」(2003)

*(簡略ストー リー)
”エンジェルズ”のナタリー、ディラン、アレックスに新たな司令が下る。
モンゴルで、国の要人カーターを救出に成功した3人に、”証人保護プログラム”の暗号を解くために必要な、奪われた二つの指輪奪還の任務が命ぜられる。
しかし、ディラン自身が、そのプログラムのリストに載っていることが分かる。
3人は、”エンジェルズ”存続の危機を乗り越えながら、ディランの証言で投獄された元恋人オグレディや、元エンジェルズのマディソン・リーの復讐に立ち向かうことになる・・・。
__________

監督のマックG他、スタッフも殆ど前作と同じで、主演の3人や彼女らを取り巻く人物も、ボスレー以外は再び登場する。

新たに登場するキャラクターの中で、写真のみで出演のボスレー役が、ビル・マーレイから、弟という設定でバーニー・マックに代わり、アレックス(L・リュー)の父親役ジョン・クリーズが登場し、両者共にとぼけた役を好演している。

製作費が1億2500万ドルに増え(前作9200万ドル)、さらにスケールアップしたアクション・シーンなどは見応えあるが、評価はかなり低く、ラジー賞では、”最悪リメイク”と”最悪女優賞”(デミ・ムーア)を受賞してしまった作品。

北米では前作を下回ったものの、全世界のトータルでは前作とほぼ同じ、約2億6000万ドルを稼ぎ出した。

軽快なマックGの演出は悪くはないが、展開やギャグがワンパターンで、主人公達の私生活の変化や過去が描かれたりもするものの、前作のようなTVシリーズとは違った新鮮味と共にそれを懐かしむ、わくわくするような気分になれないのが残念だ。

ケープ・フィアー」(1991)のパロディとしてそのシーンをいくつかの場面で登場させ、もちろんバーナード・ハーマンの音楽も流れ、ジャスティン・セローロバート・デ・ニーロの仕草を真似するところなどは笑える。

際どいギャグ・ネタと露出度がアップしたキャメロン・ディアス、思わぬ過去が発覚して、一度はチームを離脱する心揺れ動くドリュー・バリモア、父(J・クリーズ)が誤解をしていることに、全く気づかないところが可笑しいルーシー・リュー、ややミス・キャスト気味の事件の黒幕で、元エンジェルズのデミ・ムーア、新アシスタントのバーニー・マック、そして”チャーリー”のジョン・フォーサイス、今回は、ややインパクトに欠ける殺し屋クリスピン・グローヴァー、ナタリー(C・ディアス)の気のいい恋人ルーク・ウィルソン、アレックス(L・リュー)の恋人マット・ルブランク、彼女の父ジョン・クリーズ、政府の裏切り者ロバート・パトリック、”幻覚”として登場しディラン(D・バリモア)を勇気付けるジャクリーン・スミス、ディランの元恋人で犯罪組織のリーダー、ジャスティン・セロー、”証人保護プログラム”のリストにある少年シャイア・ラブーフ、殺し屋のロドリゴ・サントロ、政府の役人で僅かに登場するブルース・ウィリス、修道院長キャリー・フィッシャー、ボスレーの母ジャネット・デュボイス、殺し屋トミー・フラナガン他、メアリー/アシュレー・オルセン姉妹、P!NK、そしてビル・マーレイが写真だけで登場する。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020