4216 Movies

チャーリー Chaplin (1992)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

喜劇王チャールズ・チャップリンの自伝他を基に栄光と苦悩を描く、製作、監督リチャード・アッテンボロー、主演ロバート・ダウニーJr.ジェラルディン・チャップリンダン・エイクロイドアンソニー・ホプキンスケヴィン・クラインダイアン・レインジェームズ・ウッズ他共演のヒューマン・ドラマ。


ドラマ(ヒューマン)

ロバート・ダウニーJr. / Robert Downey Jr. 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:リチャード・アッテンボロー
製作
リチャード・アッテンボロー

マリオ・カサール
原作
チャールズ・チャップリン

デヴィッド・ロビンソン
原案:ダイアナ・ホーキンス
脚本
ウィリアム・ボイド

ブライアン・フォーブス
ウィリアム・ゴールドマン
撮影:スヴェン・ニクヴィスト
編集:アン・V・コーツ
美術・装置
スチュアート・クレイグ

クリス・A・バトラー
音楽:ジョン・バリー

出演
チャールズ・チャップリンロバート・ダウニーJr.

ハンナ・チャップリンジェラルディン・チャップリン
マック・セネットダン・エイクロイド
ウーナ・オニール/ヘティ・ケリー:モイラ・ケリー
ジョージ・ヘイデン:アンソニー・ホプキンス
ダグラス・フェアバンクスケヴィン・クライン
ポーレット・ゴダードダイアン・レイン
ジョーン・バリーナンシー・トラヴィス
ジョセフ・スコットジェームズ・ウッズ
ジョン・エドガー・フーヴァーケヴィン・ダン
ミルドレッド・ハリスミラ・ジョヴォヴィッチ
リタ・グレイデボラ・ムーア
エドナ・パーヴァイアンスペネロープ・アン・ミラー
シドニー・チャップリンポール・リス
フレッド・カルノージョン・ソウ
メイベル・ノーマンドマリサ・トメイ
ローランド・トザローデイヴィッド・ドゥカヴニー
メアリー・ピックフォードマリア・ピティロ
スタン・ローレルマシュー・コットル

イギリス/アメリカ 映画
配給 トライスター・ピクチャーズ

1992年製作 144分
公開
北米:1992年12月25日
日本:1993年4月
製作費 $31,000,000
北米興行収入 $9,493,260


アカデミー賞 ■
第65回アカデミー賞
・ノミネート
主演男優(ロバート・ダウニーJr.)
作曲・美術賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1894年、イングランドオールダーショット
舞台小屋の歌手ハンナ・チャップリン(ジェラルディン・チャップリン)は、ステージで声が出なくなりクビになる。

それを見て、母親の代わりにステージに立った5歳の少年チャールズ・チャップリンは、その愛らしい歌声で大喝采を浴びる。

貧しい生活を続けていたハンナは、チャールズと異父兄シドニーを育てられず二人を施設に預けることになる。

7年後。
施設から出て、ハンナと暮していたチャップリンは、彼女が精神に異常を来たしたため病院に預け、母親と別れることになる。

2年後。
チャップリン(ロバート・ダウニーJr.)は、兄のシドニー(ポール・リス)の勧めで興行主のフレッド・カルノー(ジョン・ソウ)に紹介され、喜劇役者となる。

1909年、ロンドン、”ハックニー・エンパイア”。
見事な芸で観客を笑わせたチャップリンは、同じ舞台に立つ踊り子ヘティ・ケリー(モイラ・ケリー)に心を寄せるようになる。

・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
19世紀末。
少年チャールズ・チャップリンは、母ハンナと異父兄のシドニーと共に極貧生活を送っていた。
ハンナは精神を患い、母を病院に入れたチャップリンは、その後、シドニーの紹介で喜劇役者となり才能を開花させる。
アメリカに渡ったチャップリンは、黎明期の映画産業に惹かれ、マック・セネットにその才能を見出され大活躍を始める。
やがて、マネージャーとしてシドニーをアメリカに呼び寄せたチャップリンは、知名度と人気で一躍トップスターとなるが、親子ほど年の違う女優達と次々に浮名を流し始める。
やがてチャップリンは、映画製作の全てを仕切り、さらにその内容の自己主張が政治的危険性をはらんでくる・・・。
__________

物語は、チャールズ・チャップリンの自伝の編集者による彼の生涯の記憶の確認と、その記憶を回想していくという構成で進行して行く。

かなり事実に忠実に作られた作品で、チャップリンに関わる登場人物の多彩なところなども興味深く、その著名人らを再確認していくことが出来る面白味のある展開が”歴史”を感じさせてくれる作品でもある。

しかし、チャップリンのスタイルが確立し、アメリカで成功するまでは楽しめるものの、その後は単純な事実の描写でしかない内容で、さらにはそれほどの盛り上がりもない終盤といい、平凡な作品に終わっている。

本物嗜好のリチャード・アッテンボローの意欲作ではあるが、主人公のチャップリンを演ずるロバート・ダウニーJr.の好演以外は特筆するところもはない。

第65回アカデミー賞では、主演男優(ロバート・ダウニーJr.)、作曲、美術賞にノミネートされた。

興行的にも失敗作であり、北米ではわずか900万ドル強の結果に終わってしまった。

素顔は全くチャップリンに似ていないロバート・ダウニーJr だが、”放浪者”としての芸を演じているシーンなど、そのキャラクター作りの努力が窺える、見事なパフォーマンスを見せてくれる。

生前を知らない、自分自身の祖母であるハンナを演ずる、チャップリンの実娘ジェラルディン・チャップリンマック・セネットダン・エイクロイド、自伝編集者役アンソニー・ホプキンス、最後の妻ウーナ・オニールと初恋の相手二役を演ずるモイラ・ケリー、盟友である大スターダグラス・フェアバンクスケヴィン・クライン、3番目の妻ポーレット・ゴダードダイアン・レイン、悩まされる愛人役ジョーン・バリーナンシー・トラヴィス、その弁護士ジョセフ・スコットジェームズ・ウッズFBI長官ジョン・エドガー・フーヴァーケヴィン・ダン、最初の妻であるミルドレッド・ハリス役のミラ・ジョヴォヴィッチ、2番目の妻リタ・グレイ役のデボラ・ムーアチャップリンのサイレント作品には欠かせない女優エドナ・パーヴァイアンス役のペネロープ・アン・ミラー、兄のシドニーポール・リス、興行主のフレッド・カルノージョン・ソウ、対立する女流監督メイベル・ノーマンドマリサ・トメイ、撮影技師のローランド・トザロー役のデイヴィッド・ドゥカヴニーフェアバンクス夫人でチャップリンの良き理解者のメアリー・ピックフォードマリア・ピティロスタン・ローレルマシュー・コットルなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020