4502 Movies

ブロードウェイと銃弾 Bullets over Broadway (1994)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1920年代のブロードウェイの舞台裏を描く、監督、脚本ウディ・アレン、主演ジョン・キューザックダイアン・ウィーストジェニファー・ティリーチャズ・パルミンテリメアリー=ルイーズ・パーカージャック・ウォーデンジム・ブロードベント他共演のコメディ・ドラマ。


ドラマ(コメディ)

ウディ・アレン / Woody Allen 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:ウディ・アレン
製作:ロバート・グリーンハット
製作総指揮
ロバート・グリーンハット

レッティ・アロンソン
J・E・ボーケア
ジーン・ドゥーマニアン
チャールズ・H・ジョフィ
ジャック・ロリンズ
脚本
ウディ・アレン

ダグラス・マクグラス
撮影:カルロ・ディ・パルマ
編集:スーザン・E・モース
美術・装置
サント・ロクアスト

スーザン・ボーデ
衣装デザイン:ジェフリー・カーランド

出演
デヴィッド・シェーン:ジョン・キューザック

ヘレン・シンクレア:ダイアン・ウィースト
オリーヴ・ニール:ジェニファー・ティリー
チーチ:チャズ・パルミンテリ
エレン:メアリー=ルイーズ・パーカー
ジュリアン・マークス:ジャック・ウォーデン
ニック・ヴァレンティ:ジョー・ヴィテレッリ
シェルドン・フレンダー:ロブ・ライナー
イーデン・ブレント:トレイシー・ウルマン
ワーナー・パーセル:ジム・ブロードベント
シド・ルーミス:ハーヴェイ・ファイアスタイン
ヴァイオレット:デビ・メイザー

アメリカ 映画
配給 ミラマックス

1994年製作 98分
公開
北米:1994年10月14日
日本:1995年7月15日
製作費 $20,000,000
北米興行収入 $13,383,750


アカデミー賞 ■
第67回アカデミー賞
・受賞
助演女優賞(ダイアン・ウィースト
・ノミネート
監督
助演男優賞(チャズ・パルミンテリ
助演女優賞(ジェニファー・ティリー
脚本・美術・衣裳デザイン賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1928年、ニューヨーク
ブロードウェイの劇作家デヴィッド・シェーン(ジョン・キューザック)は、プロデューサーのジュリアン・マークス(ジャック・ウォーデン)から資金不足を理由に舞台の上演を許可されず苦悩する。

クラブにいたギャングのボス、ニック・ヴァレンティ(ジョー・ヴィテレッリ)は、4人を殺したことを手下から報告される。

愛人のダンサー、オリーヴ・ニール(ジェニファー・ティリー)からコーラスで踊るのはこりごりだと言われたヴァレンティは、まともな舞台に立てるよう夢は叶えることを彼女に約束する。

恋人のエレン(メアリー=ルイーズ・パーカー)と過ごしていたシェーンは、スポンサーが現れたという連絡をマークスから受ける。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1928年、ニューヨーク
ブロードウェイの劇作家デヴィッド・シェーンは、資金難のため芝居を上演できず苦悩する。
プロデューサーのマーカスから、スポンサーが見つかったことを知らされ喜んだシェーンだったが、ギャングのボス、ヴァレンティの愛人である単なるダンサーのオリーヴを起用することに反対する。
仕方なくオリーヴに会うことにしたシェーンは、大女優のヘレン・シンクレアを主演にするとマーカスに言われる。
素人のオリーヴに会い絶望したシェーンだったが、資金とヴァレンティの脅しで断れないマーカスは何んとか彼を説得する。
その後、過食症が問題の名優ワーナーや女優イーデン、そしてヘレンらが顔を揃えてリハーサルが始まる。
そこに、監視役をヴァレンティに命ぜられた殺し屋チーチに伴われたオリーヴが現れ、シェーンは今後を心配しながらリハーサルを始めるのだが・・・。
__________

ウディ・アレン独特の洒落たジョークやどぎつい皮肉などを散りばめた、彼の盟友やお馴染のスタッフと共に製作した。

欲を追及する者の傲慢さや、複雑な人間関係、ちょっとしたことがチャンスに変わる運命の皮肉、人生の楽しさなどを絶妙のタッチで見せてくれる、ウディ・アレンの演出と脚本が光る快作に仕上がっている。

1920年代のブロードウェイが舞台ということで、ギャング全盛の時代背景がポイントでもあり、彼らのビジネスである抗争に明け暮れる残虐性とせわしない展開が、なんとも言えないいい雰囲気を醸し出している。

第67回アカデミー賞では、助演女優賞(ダイアン・ウィースト)を受賞した。
・ノミネート
監督
助演男優賞(チャズ・パルミンテリ
助演女優賞(ジェニファー・ティリー
脚本・美術・衣裳デザイン賞

アーティストとして妥協を許さない、苦悩する劇作家を熱演するジョン・キューザック、彼との関係を深める雰囲気ある大女優を好演しオスカーを獲得したダイアン・ウィースト、ギャングのボス(ジョー・ヴィテレッリ)の愛人である、彼女のための芝居でもあったダンサーのジェニファー・ティリー、彼女の監視役で、その才能によるアドバイスで芝居が成功する殺し屋のチャズ・パルミンテリ、主人公の恋人メアリー=ルイーズ・パーカー、何んとか芝居を上演させようと苦労するプロデューサーのジャック・ウォーデン、主人公の作家仲間ロブ・ライナー、女優トレイシー・ウルマン、過食症の男優を楽しく演ずるジム・ブロードベント、ヘレン(ダイアン・ウィースト)のエージェント、ハーヴェイ・ファイアスタイン、チーチ(チャズ・パルミンテリ)の恋人デビ・メイザーなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021