4511 Movies

恐喝(ゆすり) Blackmail (1929)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)★ヒッチコック登場場
★★★☆☆

1928年に上演された、チャールズ・ベネットの戯曲”Blackmail”を基に製作された作品。
正当防衛で殺人を犯してしまった女性と彼女を庇う恋人の刑事が、犯行を知る男から強請られながらも対決する姿を描く、監督、脚本アルフレッド・ヒッチコック、主演アニー・オンドラジョン・ロングデンサラ・オールグッド他共演による、イギリス映画初のトーキー作品。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

アルフレッド・ヒッチコック Alfred Hitchcock 作品一覧
アルフレッド・ヒッチコック / Alfred Hitchcock / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:アルフレッド・ヒッチコック
製作総指揮:ジョン・マクスウェル
原作:チャールズ・ベネット”Blackmail”(戯曲)
脚本
アルフレッド・ヒッチコック

ベン・レヴィ
撮影:ジャック・E・コックス
編集:エミール・デ・ルール
音楽:ジミー・キャンベル&レッグ・コネリー

出演
アリス・ホワイト:アニー・オンドラ

ホワイト夫人:サラ・オールグッド
ホワイト:チャールズ・ペイトン
フランク・ウェバー:ジョン・ロングデン
トレイシー:ドナルド・カルスロップ
クルー:シリル・リチャード

イギリス 映画
配給
BIP(イギリス)
Sono Art-World Wide Pictures(北米)
1929年製作 84分
公開
イギリス:1929年6月30日
北米:1929年10月6日
日本:未公開


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ロンドン
スコットランド・ヤード”の刑事フランク・ウェバー(ジョン・ロングデン)は、その日の仕事を終えて、迎えに来た恋人のアリス・ホワイト(アニー・オンドラ)と共にカフェに向かう。

6時半にその場に来ると約束した芸術家のクルー(シリル・リチャード)が現れたため、アリスはフランクに気づかれないように彼に合図を送る。

一度は映画に行くことに同意したアリスがやはり止めると言い出したため、気分を害したフランクは、食事の代金の金を置いてその場を去ってしまう。

店の出口で戻ろうかと考えたフランクだったが、アリスが男性(クルー)と腕を組んで現れたためショックを受ける。

クルーのアパートの前で別れようとしたアリスは、近所の雑貨店が自宅だと伝える。

クルーに誘われて戸惑うアリスだったが、彼を紳士だと信じて部屋に向かおうとする。

それを監視する男(ドナルド・カルスロップ)に声をかけられたクルーは、ただのたかりだとアリスに伝えて建物に入る。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

★ヒッチコック登場場面
上映から約10分”ロンドン地下鉄”に乗車している男性がアルフレッド・ヒッチコック
約20秒間もの間、正面を向いて座り、隣の席の少年に悪戯されて親に注意する役を演ずるので非常に分かり易い。

*(簡略ストー リー)
ロンドン
雑貨店の一人娘アリス・ホワイトは、”スコットランド・ヤード”の刑事である恋人のフランクとカフェに向かう。
その場で芸術家のクルーと待ち合わせていたアリスは、映画に行かないと言われ気分を害したフランクが去った後、クルーと出掛ける。
クルーのアパートで別れようとしたアリスは彼の部屋に誘われ、興味本位でその場に向かう。
とろが、紳士だと思ったクルーに乱暴されたアリスは、彼をナイフで刺殺してしまう。
動揺しながらその場を去ったアリスだったが、その様子を監視する男がいた。
動揺して翌朝まで街をうろついていたアリスは帰宅し、殺人事件の担当になったフランクは、彼女とカフェから出た男が被害者だったことを知る。
その場に落ちていたアリスの手袋に気づいたフランクは彼女の元に向かうのだが、現場を監視していた男トレイシーが現れ、二人を脅迫する・・・。
__________

サイレント映画として製作されるものの、イギリス映画初のトーキーとして公開された作品。
しかし、音響設備のない劇場のためにサイレント版も用意された。

物語の内容や役者の演技などはまずまずといったところなのだが、その後のアルフレッド・ヒッチコック作品に通じる、工夫を凝らした映像が楽しめる貴重な一作。

ヒロインと殺害される被害者がアパートの階段を上って行くシーンや、殺人を犯したヒロインが動揺して呆然としながら眺めるカクテルのシェイカーが、振り下ろされるナイフに見えてしまうシーンなどは見事な演出だ。

また、1920年代の作品ということを考えると、魅力的なことこの上ない、チェコ国籍の美しいアニー・オンドラの下着姿や脚のアップなどは、当時としてはかなり過激な映像であったはずだ。

ヒロインの母親サラ・オールグッド、父親チャールズ・ペイトン、恋人であり刑事のジョン・ロングデン、二人を強請る悪党のドナルド・カルスロップ、ヒロインに襲いかかり殺害される芸術家のシリル・リチャードなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021