That's Movie Talk!     4101 Movies

バグジー Bugsy (1991)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

ラスベガスを作った実在のギャング、ベンジャミン”バグジー”シーゲルの野望を描く、製作、監督バリー・レビンソン、主演ウォーレン・ベイティアネット・ベニングベン・キングスレーハーヴェイ・カイテル他共演のドラマ。


ドラマ(ヒューマン)


スタッフ キャスト ■
監督:バリー・レビンソン
製作
マーク・ジョンソン
バリー・レビンソン
ウォーレン・ベイティ
脚本:ジェームズ・トバック
撮影:アレン・ダビュー
編集:ステュー・リンダー
美術・装置
デニス・ガスナー

ナンシー・ヘイ
衣装デザイン:アルバート・ウォルスキー
音楽:エンニオ・モリコーネ

出演
ベンジャミン・シーゲルウォーレン・ベイティ
ヴァージニア・ヒルアネット・ベニング
マイヤー・ランスキーベン・キングスレー
ミッキー・コーエンハーヴェイ・カイテル
ハリー・グリーンバーグエリオット・グールド
ジョージ・ラフトジョー・マンテーニャ
チャーリー・ルチアーノビル・グレアム
ジャック・ドランガリチャード・C・サラフィアン

エスタ・シーゲル:ウェンディー・フィリップス
フラッソ伯爵夫人:ビビ・ニューワース

アメリカ 映画
配給 トライスター・ピクチャーズ
1991年製作 136分(特別編149分)
公開
北米:1991年12月13日
日本:1992年2月
製作費 $40,000,000
北米興行収入 $49,114,020


アカデミー賞 ■
第64回アカデミー賞
・受賞
美術・衣装デザイン賞
・ノミネート
作品・監督
主演男優(ウォーレン・ベイティ)
助演男優
(ハーヴェイ・カイテル/ベン・キングスレー)
脚本・撮影・作曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1940年代初頭、ニューヨーク
ベンジャミン”バグジー”シーゲル(ウォーレン・ベイティ)は、 家族思いの、その温和な姿とは裏腹に、暗黒街の大物マイヤー・ランスキー(ベン・キングスレー)の右腕であり、手荒な男として知られていた。

勢力拡大のためハリウッドに向かったバグジーは、幼馴染 の映画スター、ジョージ・ラフト(ジョー・マンテーニャ)に会う。

スタジオに出向いたバグジーは、新人女優ヴァージニア・ヒル(アネット・ベニング)と出会い一目惚れしてしまう。

その後バグジーは、ロサンゼルスを牛耳るマフィアの大物ジャック・ドランガ(リチャード・C・サラフィアン)と、強引に手を組み、ヴァージニアをモノにするために、ハリウッドに居座る。
・・・全てを見る

 


解説 評価 感想 ■
グッドモーニング, ベトナム」(1987)、「レインマン」(1988)などに続く、アカデミー賞監督バリー・レビンソンの、力強く歯切れのいい演出が光るヒューマン・ドラマ。

*(簡略ストー リー)

1940年代初頭、ニューヨーク
ベンジャミン”バグジー”シーゲルは、暗黒街の大物ランスキーの右腕として、勢力を拡大するためにハリウッドに向かう。
バグジーは、スタジオで、新人女優ヴァージニア・ヒルと出会い一目惚れして、彼女をものにしようとする。
ヴァージニアバグジーを敬遠するが、彼の強引さに押され恋に落ちる。
ある日バグジーは、ラスベガスのカジノを閉鎖した帰り道、砂漠で神のお告げを聞く。
その後バグジーは、ヒトラーと共にヨーロッパを支配しようとする、ムッソリーニ暗殺計画を真剣に考え、それを知ったヴァージニアは彼に愛想を尽かしてしまう。
ボスのルチアーノが、友人のハリーの裏切りで逮捕されたために、ニューヨークに戻ったバグジーは、ラスベガスに、巨大ホテル”フラミンゴ”を建設して、アメリカの夢を実現する計画をランスキーに語る。
妻に離婚を迫られたバグジーは、ヴァージニアと寄りを戻し、フラミンゴ計画を実行に移す。
しかし、予算が当初の2倍の200万ドルに達して、さらにそれが膨らんでしまう。
そして、暴走する一方のバグジーを、組織はお荷物と感じ始めて、ランスキーは彼と縁を切ってしまう・・・。
___________

舞台となるハリウッドや、砂漠の真ん中に建設された初代の”フラミンゴ”のセットなどは、当時の雰囲気を見事に再現し、実際にファッションに拘ったバグジーハリウッド・スター、またギャング達の衣装なども見所の一つだ。

ゆったりとした、エンニオ・モリコーネの音楽も実に心地よい。

第64回アカデミー賞では、美術・衣装デザイン賞を受賞した。
・ノミネート
作品・監督
主演男優(ウォーレン・ベイティ)
助演男優
(ハーヴェイ・カイテル/ベン・キングスレー)
脚本・撮影・作曲賞

ゴッドファーザー」(1972)のクライマックスで、コルレオーネ・ファミリーに抹殺される”モー・グリーン”は、本作のベンジャミン・シーゲルがモデルで、組織を裏切るエリオット・グールド演ずるハリー・グリーンバーグは、ファミリーのドン、ヴィトー・コルレオーネの忠実なヒットマンとして登場する、”ルカ・ブラージ”に似ているキャラクターだ。

また、組織の大物幹部マイヤー・ランスキーは、同じく「ゴッドファーザーPARTII」(1974)で、コルレオーネ・ファミリー壊滅を企てる、ドラマのキーマン、ハイマン・ロスのモデルだ。

温和なファミリーマン、冷酷な暗殺者、ファシスト暗殺計画などの奇想天外な発想と壮大な夢を持った男、ベンジャミン”バグジー”シーゲルを演じたウォーレン・ベイティの、メリハリある熱演は素晴らしいの一言。

本作をきっかけに、翌年ウォーレン・ベイティと結婚するアネット・ベニングも、21歳の年の差を感じさせない、大胆な演技を見せてくれる。

バグジーを支え、見守る組織の幹部マイヤー・ランスキー役のベン・キングスレーミッキー・コーエン役のハーヴェイ・カイテル、両者の円熟の演技も見もので、二人は揃ってアカデミー助演賞候補になった。

実際に暗黒街とのつながりを持ったジョージ・ラフト役のジョー・マンテーニャ、主人公の友人ハリー・グリーンバーグ役のエリオット・グールド、マフィア最大の大物であるチャーリー”ラッキー”ルチアーノ役のビル・グレアムバグジーの妻役ウェンディー・フィリップス、伯爵夫人役のビビ・ニューワースなどが共演している。


That's Movie Talk! © 2020 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up