4219 Movies

ポルノ☆スターへの道 Bucky Larson: Born to Be a Star (2011)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★☆☆☆

アダム・サンドラーの製作と脚本、近年の彼の作品の常連でもある、友というより弟分的存在のコメディアン、ニック・スウォードソン主演、脚本、クリスティーナ・リッチドン・ジョンソンスティーヴン・ドーフ他共演、監督トム・ブラディによるコメディ。


コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:トム・ブラディ
製作
アダム・サンドラー

アレン・コヴァート
デヴィッド・ドーフマン
ジャック・ジャラプト
ニック・スウォードソン
脚本
アダム・サンドラー

ニック・スウォードソン
アレン・コヴァート
撮影:マイケル・バレット
編集:ジェイソン・ガーソン
音楽:ワディ・ワクテル

出演
バッキー・ラーソン:ニック・スウォードソン

キャシー・マッギー:クリスティーナ・リッチ
マイルス・ディープ:ドン・ジョンソン
ディック・シャドウ:スティーヴン・ドーフ
J・デイ:イードゥー・モセリ
ゲイリー:ケヴィィン・ニーロン
ジェレマイア・ラーソン:エドワード・ハーマン
デビー・ラーソン:ミリアム・フリン
クラウディオ:マリオ・ジョイナー
アントニオ:ニコラス・タートゥーロ
マージ:メアリー・パット・グリーソン
キャスティング・ディレクター:ジャッキー・サンドラー
クリント:カーティス・アームストロング
ラース:ブランドン・ハーデスティ
デイル:アダム・ハーシュマン
本人:ポーリー・ショア
ボゾボップ夫人:ビバリー・ポルシン
ボンデージの男:ジョナサン・ローラン
ダンテ:ピーター・ダンテ
本人:ジミー・ファロン

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ

2011年製作 97分
公開
北米:2011年9月9日
日本:未公開
製作費 $10,000,000
北米興行収入 $2,529,400


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
アイオワ
田舎町のスーパー・マーケットのレジ係、出っ歯で冴えない世間知らずの青年バッキー・ラーソン(ニック・スウォードソン)は、ボゾボップ夫人(ビバリー・ポルシン)の袋詰めをしている最中、意地の悪い店長クリント(カーティス・アームストロング)にクビを言い渡される。

失意のバッキーだったが、ボゾボップ夫人は、彼が大スターになると言って励ます。

その夜、両親ジェレマイア・ラーソン(エドワード・ハーマン)とデビー(ミリアム・フリン)にも慰められたバッキーは、隣人のデイル(アダム・ハーシュマン)らと、1970年代のポルノ映画を観ることになる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
アイオワ
田舎町で暮らす、出っ歯で冴えない世間知らずの青年バッキー・ラーソンは、ある老婦人に大スターになれると言われる。
そんなバッキーは、両親が1970年代にポルノ映画に出演していたことを知り、それに至った経緯などを聞く。
バッキーは、老婦人の言葉を思い出し、自分が生まれながらのスターになる運命だと信じて、両親に別れを告げてハリウッドに向かう。
あるダイナーで、ウエイトレスのキャシーに優しくされたバッキーは、彼女と同じアパートに住むゲイリーの空き部屋を借りることになる。
早速、ポルノ・スターを目指してオーディションを受けたバッキーは、失敗するものの、かつて活躍した監督マイルスと知り合う。
落ちぶれていたマイルスは、両親が有名だったバッキーを利用して、再起を目指そうとする。
しかし、まともに女性と接したこともないバッキーは、ポルノ・スターの素質はゼロで、マイルスは撮影を止めてしまう。
ところが、ネットに流した映像を見た、自信をなくしていた男性達にそれが受けて、バッキーは、一躍、成功の道を歩み始めるのだが・・・。
__________

アダム・サンドラーの製作と脚本による作品で、近年の彼の作品の常連でもある、盟友というより弟分的存在のコメディアン、ニック・スウォードソンの主演作として注目はされた。

ニック・スウォードソンが脇役に回り、アダム・サンドラーが主演すれば、まだ良かったかと思う程度の、お粗末に近いナンセンス・コメディに終わっている。

世間知らずでダサい青年を演ずるニック・スウォードソンには、主演は荷が重いという感じで、まずまず豪華なスターが共演しているが、ラジー賞を総なめにしそうであった評価も最悪に近かった、商業的にも大失敗に終わった作品。

高級店のウエイトレスになるのが夢だという地味な女性、主人公と結ばれるクリスティーナ・リッチ、成功だけ望む男かと思いきや、終盤、人情味を見せる映画監督ドン・ジョンソン、ポルノ・スターを雰囲気を出して演ずるスティーヴン・ドーフ、プロデューサーのイードゥー・モセリ、主人公のルームメイト、ケヴィィン・ニーロン、主人公の両親エドワード・ハーマンミリアム・フリン、本人役でジミー・ファロンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020