4216 Movies

ブレーキ Brake (2012)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

監禁され国家の秘密に関わる陰謀に巻きこまれる警護官の恐怖を描く、製作総指揮、主演スティーヴン・ドーフカイラー・リートム・ベレンジャー他共演、製作、監督ゲイブ・トーレスによるシチュエーション・スリラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト ■
監督:ゲイブ・トーレス
製作総指揮:スティーヴン・ドーフ
製作
ゲイブ・トーレス

ジェームズ・ウォーカー
ネイサン・ウエスト
脚本:ティモシー・マニオン
撮影:ジェームズ・マザーズ
編集:サム・レスティヴォ
音楽:ブライアン・タイラー

出演
ジェレミー・レインズ:スティーヴン・ドーフ

モリー・レインズ:カイラー・リー
ヘンリー・ショウ:JR・ボーン
ベン・レイノルズ:トム・ベレンジャー

アメリカ 映画
配給 IFC Films

2012年製作 91分
公開
北米:2012年3月23日
日本:2012年5月19日
北米興行収入 $4,330


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
目の前にデジタル時計が表示されるプラスチック・ケースに閉じ込められながら目覚めた、シークレットサービスのジェレミー・レインズ(スティーヴン・ドーフは、その状況が把握できない。

時計はゼロから4分に戻りカウントダウンを始め、無線機から、同じ状況下らしい男の混乱する声が聞こえる。

レインズは相手に話しかけ、ヘンリー・ショウ(JR・ボーン)という男も、同じ数字を刻む時計を見ていることが分かる。

ショウを落ち着かせようとするレインズは物音を聞き、助けを求めるが時計がゼロとなる。

車に乗せられて移動していることに気づいたレインズは、同じ状況だということをショウに確認する。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
国家安全保障担当の大統領補佐官の警護官、シークレットサービスの特別捜査官ジェレミー・レインズは、ある場所で目覚める。
プラスチック・ケースに閉じ込められたレインズは、情況を把握できずに戸惑うが、同じように捕えられた、国務省のショウからの無線連絡を受ける。
上部に表示された時計は4分のカウントダウンを始めて、ゼロになった瞬間に、その都度罠が仕掛けられていた。
レインズは状況を把握し、ショウと連絡を取り合い、何んとか脱出方法を考えるのだが、車に乗せられていた彼らは移動を始める。
その後、内部にホワイトハウスの絵ハガキが投げ込まれ、それには”ルーレットの場所を教えろ”と書かれていた。
レインズは、別居中の妻モリーを人質に取られ、首都が攻撃された際の大統領の避難場所である、ルーレットの場所を教えるよう脅迫されるのだが・・・。
__________

クライマックスで情況が変わるものの、ほぼ全編が密室のワン・シチュエーションという異色のドラマ。

当然、終盤まで登場人物も主人公一人だけで、連絡を取り合っていた人物が登場する状況になり、ドラマは驚きの結末を迎える。

北米でもわずか2館の上映に終わり、公開されたとも言えない状況の作品だが、緊迫感と終盤の展開はなかなか見応えある。

シークレットサービスの特別捜査官ではあるが、ギャンブルで堕落しかける男として、人間味も感じさせる、極限状態を乗り切るために知恵を絞り危機を脱しようとする、ほぼ独演する製作総指揮も兼ねるスティーヴン・ドーフの熱演が見ものだ。

主人公の妻カイラー・リー、同じ状況に置かれる男性JR・ボーン、主人公の同僚役でトム・ベレンジャーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020