4233 Movies

ブルース・オールマイティ Bruce Almighty (2003)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

思い通りにならない人生と神を批判したテレビ・レポーターが、現れた神からその全能を譲られたために巻き起こる騒動を描く、製作、監督トム・シャドヤック、主演ジム・キャリージェニファー・アニストンモーガン・フリーマンスティーヴ・カレル他共演の大ヒット・コメディ。


コメディ

モーガン・フリーマン / Morgan Freeman 作品一覧
モーガン・フリーマン / Morgan Freeman / Pinterest
スティーヴ・カレル / Steve Carell / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:トム・シャドヤック
製作
トム・シャドヤック

ジェームズ・D・ブルベイカー
マイケル・ボスティック
ジム・キャリー

マーク・オキーフ
製作総指揮
ロジャー・バーンバウム

ゲーリー・バーバー
脚本
スティーヴ・コーレン

マーク・オキーフ
スティーヴ・オーデカーク
撮影:ディーン・セムラー
編集:スコット・ヒル
音楽:ジョン・デブニー

出演
ブルース・ノーラン:ジム・キャリー

グレース・コネリー:ジェニファー・アニストン
神/ホームレス:モーガン・フリーマン
エバン・バクスター:スティーヴ・カレル
ジャック・ケラー:フィリップ・ベイカー・ホール
スーザン・オルテガ:キャサリン・ベル
デビー・コネリー:リサ・アン・ウォルター
本人:トニー・ベネット
ボビー:エディ・ジェイミソン
アリー・ローマン:ノーラ・ダン
アニタ:サリー・カークランド
不良:ノエル・グーリーエミー

アメリカ 映画
配給
ユニバーサル・ピクチャーズ(北米)
ブエナビスタ(世界)
2003年製作 100分
公開
北米:2003年5月23日
日本:2003年12月20日
製作費 $81,000,000
北米興行収入 $242,829,260
世界 $484,592,870


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューヨーク州バッファロー
テレビ局”WKBW-TV”のレポーター、ブルース・ノーラン(ジム・キャリー)は、ユニークなキャラクターで人気はあるものの、アンカーマンを狙う彼は満足していなかった。

同棲中の恋人グレース・コネリー(ジェニファー・アニストン)はそれを気にするブルースを励ます。

グレースを勤め先の保育園に送って行ったブルースは、行われている献血運動に興味を示さない。

珍しい血液型AB+のグレースは、献血しておく必要があると反論するが、ブルースは、在庫が大量にあるはずだと言ってそれを否定する。

呆れるグレースは、園児が作ったブレスレットをブルースに渡し、彼はそれが奇跡でも起こすのかと考える。

渋滞で会議に遅刻してしまったブルースは、ライバルのアンカーマン候補エバン・バクスター(スティーヴ・カレル)にからかわれる。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク州バッファロー
テレビ局”WKBW-TV”のレポーター、ブルース・ノーランはアンカーマンを狙うものの、ライバルのエバンがそれに指名される。
ショックを受けたブルースは失態を犯して局をクビになり、同棲する恋人グレースに励まされるものの、人生や神までも批判してしまう。
ポケベルである場所に呼び出されたブルースは、神だいう老人から非難したことを責められ、自分に代わることを命ぜられ全ての力を譲られる。
それを信じなかったブルースは神の言葉が真実だと分かり、その力で人生を変えようとするのだが・・・。
__________

ドタバタ・コメディではあるが、”神”が登場する”高尚”な内容で、その辺りを考慮したトム・シャドヤックの丁寧な演出も見所で、「エース・ベンチュラ」(1994)や「ライアー ライアー」(1997)でもコンビを組んだジム・キャリーとの相性も抜群だ。

ユーモラスな主人公が”神”と接触するというファンタジックな内容も大いに受け、北米興行収入が約2億4300万ドル、全世界では約4億8500万ドルで、ジム・キャリー作品では最高のヒット作となった。
*北米興行収入では「グリンチ」(2000)が約2億6000万ドルでトップ。

この大成功により、製作費1億7500万ドルをかけて、本作で主人公のライバルを演じたスティーヴ・カレルが主演、モーガン・フリーマン共演、トム・シャドヤック監督による続編「エバン・オールマイティ」(2007)が公開された。
しかし同作は、その製作費を全世界の興行収入でも回収することができなかった。
*世界 $173,418,781

ヒット作をほぼ毎年連発していたジム・キャリーがややアクセルを緩め、「マジェスティック」(2001)公開から2年ぶりに挑んだ意欲作。

40歳を過ぎたジム・キャリーは、フル回転ではあるが抑え気味のところもあり、人間味を感じさせる表情などが実にいい。

また、彼の得意芸である”クリント・イーストウッド”を真似するシーンはファンにはたまらない。

主人公の恋人ジェニファー・アニストン、彼の出演が作品の成功に大きく貢献しているとも言える、神らしくない”神”を貫録で演ずるモーガン・フリーマン、主人公のライバル、スティーヴ・カレル、プロデューサーのフィリップ・ベイカー・ホール、キャスターのキャサリン・ベル、ヒロインの姉リサ・アン・ウォルター、本人役で歌うトニー・ベネット、ディレクターのノーラ・ダン、ダイナーのウエイトレス、サリー・カークランド、不良のノエル・グーリーエミー、局内でランチを売るエディ・ジェイミソンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020