4295 Movies

こわれゆく世界の中で Breaking and Entering (2006)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

都市開発の一大プロジェクトを手がける建築家が、二人の女性との狭間で真実の愛を求めて葛藤する姿を描く、製作シドニー・ポラック、製作、監督、脚本アンソニー・ミンゲラ(劇場版映画の遺作)、主演ジュード・ロウジュリエット・ビノシュロビン・ライト・ペンマーティン・フリーマンレイ・ウィンストンヴェラ・ファーミガ他共演のドラマ


ドラマ(ロマンス)


スタッフ キャスト ■
監督:アンソニー・ミンゲラ
製作
シドニー・ポラック
アンソニー・ミンゲラ
ティモシー・ブリックネル
脚本:アンソニー・ミンゲラ
撮影:ブノワ・ドゥローム

編集:リサ・ガニング
音楽
ガブリエル・ヤレド
アンダーワールド

出演
ジュード・ロウ:ウィル・フランシス
ジュリエット・ビノシュ:アミラ
ロビン・ライト・ペン:リヴ
マーティン・フリーマン:サンディ
レイ・ウィンストン:ブルーノ・フェラ刑事
ラフィ・ギャヴロン:ミルサド”ミロ”
ポピー・ロジャース:ビー
ヴェラ・ファーミガ:オアナ

イギリス/アメリカ 映画
配給
MGM(北米)
ミラマックス(世界)
2006年製作 118分
公開
イギリス:2006年11月10日
北米:2006年12月15日
日本:2007年4月21日
北米興行収入 $928,960
世界 $8,974,800


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ロンドン
キングス・クロス再開発プロジェクトを任されている建築家ウィル・フランシス(ジュード・ロウ)と共同経営者のサンディ(マーティン・フリーマン)のオフィスに強盗が入り、彼らのパソコンや現金などが盗まれてしまう。

ウィルは、ドキュメンタリー映像作家のリヴ(ロビン・ライト・ペン)と暮らしていた。

リヴは、娘ビー(ポピー・ロジャース)が自閉症のため、ウィルに引け目を感じながら毎日を送っていた。

ウィルのオフィスに侵入した犯人ミルサド”ミロ”(ラフィ・ギャヴロン)と、母アミラ(ジュリエット・ビノシュ)はボスニアから逃れてきた親子だった。

悪の道に走ろうとするミロを見て、アミラは心労が絶えな かった。

ミロは、再びウィルのオフィスに侵入するが、彼のパソコンのデータをコピーしたディスクを置いて立ち去る。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ロンドン
建築家ウィル・フランシスと共同経営者であるサンディのオフィスに強盗が入り、パソコンや現金などが盗まれてしまう。
ウィルは、ドキュメンタリー映像作家のリヴと暮らしていたが、彼女は、娘ビーが自閉症のため、彼に引け目を感じ心を閉ざしていた。
ウィルのオフィスに侵入した犯人ミロと、母のアミラは、ボスニアから逃れてきた親子で、彼女は、悪の道に走ろうとする息子を見て心労が絶えない。
そんな時ウィルは、アミラ親子に出会い、その後、オフィスの侵入者に気づき後を追った際、犯人の母親がアミラだということを知る。
ウィルは、洋裁の仕事をしているアミラに洋服を預け、その後、ミロが建築に興味があることを知る。
ウィルは、ミロを自分のオフィスに誘い、それをアミラに言い残し立ち去り、その後、二人は親交を深めていく。
ミロは、ウィルの存在を知り、アミラに犯行を正直に話し、そして彼女は、息子を守るために、ある行動にでる・・・。
__________

真実の愛か、成行きの愛か、同情と慰めか・・・、主人公の真意が掴みにくい描写が、ラストを含め、今一すっきりしない。

大プロジェクトの、全てのデータを盗まれた主人公達の呑気さも、見ていてイライラしてしまう。

ミンゲラ作品としては3作目の出演のジュード・ロウの建築家役も、今一つ洗練されていない雰囲気が気になるが、ジュリエット・ビノシュへの、ぎこちない愛情表現が、ドラマが終わってみると、真実の愛(リヴとの)を捨て切れない彼の真意だったのだと、納得出来なくもない・・・。

ボスニアの戦火を生き延びた女性であり母親のジュリエット・ビノシュロビン・ライト・ペンは、それぞれ問題を抱えながら日々を送る女性を好演している。

ウィルのビジネスパートナーであるマーティン・フリーマン、被害者に同情しない刑事役のレイ・ウィンストン、母親の心配を余所に窃盗を繰り返す少年ラフィ・ギャヴロン、リヴ(ロビン・ライト)の娘ポピー・ロジャース、娼婦ヴェラ・ファーミガなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020