4314 Movies

ボーイズ・オン・ザ・サイド Boys on the Side (1995)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

それぞれに問題を抱える三人の女性の友情と絆を描く、製作、監督ハーバート・ロス、主演ウーピー・ゴールドバーグメアリー=ルイーズ・パーカードリュー・バリモアマシュー・マコノヒージェームズ・レマー他共演のコメディ・ドラマ。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト
監督:ハーバート・ロス

製作
ハーバート・ロス
アーノン・ミルチャン
スティーヴン・ルーサー
製作総指揮
ドン・ルース
パトリシア・カーラン
脚本:ドン・ルース
撮影:ドナルド・E・ソーリン
編集:マイケル・R・ミラー
音楽:デヴィッド・ニューマン

出演
ジェーン・デルーカ:ウーピー・ゴールドバーグ
ロビン・ニッカーソン:メアリー=ルイーズ・パーカー
ホリー・プルチク:ドリュー・バリモア
エイブ・リンカーン:マシュー・マコノヒー
エレイン・ニッカーソン:アニタ・ジレット
アレックス:ジェームズ・レマー
ルイーズ:エステル・パーソンズ
ニック:ビリー・ワース
ジェリー:ジュード・チコレッラ
マサレッリ:デニス・ボウトシカリス
アンナ:エイミー・アキノ
ピート:ジョン・セダ
スティーヴ:ゲディ・ワタナベ

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1995年製作 115分
公開
北米:1995年2月3日
日本:1995年9月2日
製作費 $21,000,000
北米興行収入 $23,440,190


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューヨーク
クラブ歌手でレズビアンのジェーン・デルーカ(ウーピー・ゴールドバーグ)は、店をクビになったためにロサンゼルスに行く決心をする。

西海岸行きの同乗者を求めるロビン・ニッカーソン(メアリー=ルイーズ・パーカー)の新聞広告を見たジェーンは、カフェで彼女に会う。

サンディエゴに行く予定の不動産関係の仕事をしていたロビンは、すぐにでも出発したいと考える。

ロビンは好人物ではあるが、相性がよくないとジェーンは判断する。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

(簡略ストー リー)
ニューヨーク
クラブ歌手でレズビアンのジェーン・デルーカは、店をクビになったためにロサンゼルスに向かう決心をする。
西海岸行きの同乗者を求めるロビンと知り合い、共に旅立つことになったジェーンは、友人のホリーに会いにピッツバーグに向かう。
ドラッグの売人である恋人ニックに暴力を振るわれたホリーは、彼をバットで殴り拘束して、ジェーンとロビンと共にその場から逃げる。
その後、ニックが死んだことを知った三人は、正当防衛とはいえ殺人犯と疑われる可能性があり、逃亡を続けるのだが・・・。
__________

数々の名画を残したハーバート・ロスが、製作を兼ねて監督した彼の遺作。

ニューヨークから西海岸に旅をすることになった二人の女性と、恋人殺害を疑われる女性の逃亡の旅と、三人の友情と絆を描くコメディ・ドラマ。

レズビアン、HIV感染者、殺人事件、アメリカ社会が抱える問題を背負った女性達の、様々なトラブルに直面し、先が見えないまま生きていくしかない人生を自然体で描く、ハーバート・ロスの演出が見どころの作品。

レズビアンであり、失恋をきっかけにロサンゼルスに向かおうとするクラブ歌手ウーピー・ゴールドバーグ、彼女と共に旅を続けるHIV感染者で、将来に希望を見いだせないまま旅を続けるメアリー=ルイーズ・パーカー、主人公の友人であり、正当防衛とは言え恋人(ビリー・ワース)を結果的に殺してしまうことになるドリュー・バリモア、彼女と愛し合う警官マシュー・マコノヒー、ロビン(メアリー=ルイーズ・パーカー)の母親アニタ・ジレット、ロビンに惹かれるバーテンダーのジェームズ・レマー、占い師のエステル・パーソンズ、エレイン(アニタ・ジレット)の再婚相手ジュード・チコレッラ、検事のデニス・ボウトシカリス、主人公の友人エイミー・アキノジョン・セダ、ピアノの回収業者ゲディ・ワタナベなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020