4383 Movies

ブルージャスミン Blue Jasmine (2013)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

富豪夫人から転落した女性が、どん底から抜け出そうとする姿を描く、監督、脚本ウディ・アレン、主演ケイト・ブランシェットアレック・ボールドウィンサリー・ホーキンスピーター・サースガード他共演のコメディ・ドラマ。


ドラマ(コメディ)

ウディ・アレン / Woody Allen 作品一覧
サリー・ホーキンス / Sally Hawkins / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ウディ・アレン
製作
レッティ・アロンソン
スティーヴン・テネンバウム
エドワード・ウォルソン
製作総指揮
レロイ・シェクター
アダム・B・スターン
脚本:ウディ・アレン
撮影:ハビエル・アギーレサロベ
編集:アリサ・レプセルター

出演
ジャネット“ジャスミン”フランシス:ケイト・ブランシェット
ハル・フランシス:アレック・ボールドウィン
ジンジャー:サリー・ホーキンス
アル・マンシンガー:ルイ・C・K
チリ:ボビー・カナヴェイル
オーギー:アンドリュー・ダイス・クレイ
ドワイト・ウェストレイク:ピーター・サースガード
フリッカー医師:マイケル・スタールバーグ
ジェーン:タミー・ブランチャード
エディ:マックス・カセラ
ダニー・フランシス:アルデン・エーレンライク

アメリカ 映画
配給 ソニー・ピクチャーズ・クラシックス
2013年製作 99分
公開
北米:2013年8月23日
日本:2014年5月10日
製作費 $18,000,000
北米興行収入 $33,404,870
世界 $99,206,220


アカデミー賞
第86回アカデミー賞

・受賞
主演女優賞(ケイト・ブランシェット
・ノミネート
助演女優(サリー・ホーキンス
脚本賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューヨークからサンフランシスコに到着したジャネット“ジャスミン”フランシス(ケイト・ブランシェット)は、お互い里子だったために血はつながっていない妹ジンジャー(サリー・ホーキンス)と一緒に暮らすことになる。

実業家である富豪の夫ハル(アレック・ボールドウィン)とセレブ生活を満喫していたジャスミンだったが、詐欺師だった彼が逮捕されたため、財産他、全てを失ったのだった。

空港からジンジャーのアパートに着いたジャスミンは、留守だったために、ジンジャーに電話をして鍵が預けられている場所を教えてもらい部屋に入る。

庶民的ではあるが、その狭さに驚いたジャスミンは、ハルと共に豪邸で暮らしたことを思い出す。

別れた夫オーギー(アンドリュー・ダイス・クレイ)の家に息子達を迎えに行ったジンジャーは、ジャスミンとハルに金を奪われた話になり彼と口論になる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
実業家の富豪ハルが詐欺罪で逮捕されたため全てを失ったジャネット“ジャスミン”フランシスは、ニューヨークからサンフランシスコに到着する。
妹のジンジャーを頼るしかなかったジャスミンは、アルコールと抗うつ剤に頼りながら、何とか生活の基盤を築こうとする。
ジンジャーの婚約者チリに会ったジャスミンは、歯医者の受付を勧められ、仕方なくその仕事を始めながら、パソコンを習いインテリア・デザイナーの勉強をしようとする。
贅沢が身についていたジャスミンは、周囲に馴染めず精神的にも限界を感じ、セレブ生活を送っていた時代を振り返りながら、どん底から抜け出す方法を模索するのだが・・・。
__________

ニューヨークの富豪夫人から転落し、情緒不安定的な状態で妹の家に身を寄せながら再出発を考える女性を描く、シリアスドラマに近いコメディ。

設定や登場人物などがテネシー・ウィリアムズの「欲望という名の電車」(1951)に酷似しているため、批評家の間で比較された作品。
かつて、ケイト・ブランシェットはブランチ・デュボワを、アレック・ボールドウィンはスタンリー・コワルスキーを、それぞれ舞台で演じたことがある。

ニューヨークも登場するものの、舞台がサンフランシスコだというところがウディ・アレン作品としては珍しい試み。

北米興行収入は約3300万ドルで、全世界では1億ドルに迫るまずまずのヒットとなった。

物語の状況からして、主人公がセレブに復帰できるのは、その精神状態からしてほぼ不可能なのは明らかだ。
そのため、純真な外交官と出会った時点で、自分をさらけ出し素直に付き合えば丸く収まる展開にも拘らず、過去のセレブ感が邪魔をして全てをぶち壊すという、ウディ・アレンの皮肉を込めた演出は、主人公の”不幸”を描きつつも愉快に感じてしまう面白さがある。

これまでもあらゆる役柄を完璧にこなし、誰もが認める実力派のケイト・ブランシェットの本作の演技も絶賛され、混乱しながら再起を目指す元セレブ女性を熱演し、第86回アカデミー賞では、ついに主演女優賞を受賞した。
他、助演女優(サリー・ホーキンス)と脚本賞にもノミネートされた。

それほど悪人には見えないところが真の詐欺師の特徴だろうか・・・主人公の夫を演ずるアレック・ボールドウィン、主人公の妹を好演するサリー・ホーキンス、彼女と関係するルイ・C・K、彼女の婚約者ボビー・カナヴェイル、その友人マックス・カセラ、彼女の元夫アンドリュー・ダイス・クレイ、主人公と親交を深める外交官ピーター・サースガード、主人公に迫る歯科医のマイケル・スタールバーグ、主人公の友人タミー・ブランチャード、主人公の義理の息子アルデン・エーレンライクなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021