4596 Movies

塵に咲く花 Blossoms in the Dust (1941)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

テキサス州の出生証明書から私生児という言葉を削除するための運動をしたエドナ・グラッドニーの半生を描く、監督マーヴィン・ルロイ、主演グリア・ガーソンウォルター・ピジョンフェリックス・ブレサートマーシャ・ハント他共演の伝記ドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト
監督:マーヴィン・ルロイ

製作:アーヴィング・アッシャー
原作:ラルフ・ウィールライト
脚本:アニタ・ルース
撮影
カール・フロイント
W・ハワード・グリーン
編集:ジョージ・ベームラー
美術・装置
セドリック・ギボンズ
ユーリー・マックリアリー
エドウィン・B・ウィリス
音楽:ハーバート・ストサート

出演
エドナ・カーリー・グラッドニーグリア・ガーソン
サム・グラッドニー:ウォルター・ピジョン
マックス・ブレサート医師:フェリックス・ブレサート
シャーロット・カーリー:マーシャ・ハント
カーリー夫人:フェイ・ホールデン
ジョージ・カーリー:サミュエル・S・ハインズ
サラ・キーツ夫人:キャスリーン・ハワード
キーツ:ジョージ・レッシー
アラン・キーツ:ウィリアム・ヘンリー
ハートフォード判事:ヘンリー・オニール
デイモン・マクファーソン:ジョン・エルドリッジ
ジーク:クリントン・ローズモンド
クレオ:テレサ・ハリス
G・ハリントン・ヘッジャー:チャールズ・アーント
ギルワース夫人:セシル・カニンガム
ローリング夫人:アン・モリス
サミー:リチャード・ニコルズ
トニー:パット・バーカー
ラヴァーン:マーク・ローレンス

アメリカ 映画
配給 MGM
1941年製作 99分
公開
北米:1941年6月26日
日本:1951年11月30日
製作費 $1,112,000
北米興行収入 $1,272,000
世界 $2,658,000


アカデミー賞
第14回アカデミー賞

・受賞
美術・装置賞(カラー)
・ノミネート
作品
主演女優(グリア・ガースン
撮影賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
20世紀初頭、ウィスコンシン州、グリーンベイ
裕福なカーリー家の長女エドナグリア・ガーソン)と義妹シャーロット(マーシャ・ハント)は結婚を控え、2人のためにパーティーが開かれる。

エドナの父カーリー(サミュエル・S・ハインズ)は、2人の娘がいなくなることを寂しく思うものの、妻(フェイ・ホールデン)から、娘は一生、娘だと言われて納得する。

外出から戻ったエドナは、父の銀行の窓口にいた男性から、婚約者デイモン・マクファーソン(ジョン・エルドリッジ)の指輪を見て外すようにと言われたことを、シャーロットに苛立ちながら話す。

男性から、”自分が君の相手だと・・・”と言われたと話すエドナは、その男性に興味を示すシャーロットに、デイモンの方が数段素敵だと伝える。

シャーロットはエドナの両親の親切に感謝し、孤児だった自分に幸せを与えてくれたと言いながらエドナを抱きしめる。

デイモンとシャーロットの婚約者アラン・キーツ(ウィリアム・ヘンリー)が到着する。

パーティーは始まり、主役のエドナとシャーロットは、楽しい時間を過ごす。

そこに、銀行の窓口の男性サム・グラッドニー(ウォルター・ピジョン)が現れ、エドナは、厚かましい彼のことを父に話す。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストーリー)
20世紀初頭、ウィスコンシン州、グリーンベイ
裕福なカーリー家の長女エドナは、孤児だった義妹シャーロットと共に結婚を控えていた。
父の銀行の行員サムに強引に迫られ、彼と結婚することになったエドナだったが、婚約者の両親に孤児だったことを知られたシャーロットは、ショックを受けて自殺してしまう。
サムと結婚したエドナはフォートワースに向かい、会社経営をする彼と共に豊かな生活をしながら男の子を出産する。
しかし、息子サミーは事故死してしまい、エドナはサムから養子を取ることを提案される
一旦はそれを断ったエドナは、働く女性のための託児所を開設するのだが・・・。
__________

若くして才能を発揮し、既に多くの作品を手掛けていたマーヴィン・ルロイが監督し、グリア・ガーソンウォルター・ピジョンが共演したことで話題になった作品。

名コンビとして知られるグリア・ガーソンウォルター・ピジョンにとっては、本作が初共演作であり、2人は計9作で共演した。

テキサス州の出生証明書から、”私生児”という言葉を削除するための運動をしたエドナ・グラッドニーの半生を描くドラマ。

上記のように、名コンビとなる2人が演じる主人公の愛のドラマであり、私生児にも平等の権利を与えるという考えではなく、その言葉自体を削除しようとした、エドナ・グラッドニーの執念とも言える活動を描く、社会性のある内容も興味深い。

そのエドナ・グラッドニーを熱演するグリア・ガーソンの美しさが際立つ、鮮やかなカラー映像も印象に残る。

妻を支える夫を演ずるウォルター・ピジョンの好演も見逃せないのだが、ドラマの半ばで過労で亡くなってしまう役柄はやや寂しい。

孤児であることで悩み自殺してしまう、主人公の義妹を演ずるマーシャ・ハントも、序盤で姿を消してしまうのは残念だ。

第14回アカデミー賞では、作品賞以下4部門にノミネートされ、美術・装置賞(カラー)を受賞した。
・ノミネート
作品
主演女優(グリア・ガースン
撮影賞

主人公2人に協力し、よき理解者でもある医師のフェリックス・ブレサート、主人公の両親フェイ・ホールデンサミュエル・S・ハインズ、シャーロット(マーシャ・ハント)の婚約者ウィリアム・ヘンリー、その両親キャスリーン・ハワードジョージ・レッシー、判事のヘンリー・オニール、主人公の婚約者ジョン・エルドリッジ、主人公の使用人クリントン・ローズモンドテレサ・ハリス、サム(ウォルター・ピジョン)に会社の業績不振を知らせるチャールズ・アーント、孤児を引き取ろうとする夫人のセシル・カニンガム、同じくアン・モリス、主人公の息子リチャード・ニコルズ、主人公が長年育てる孤児のパット・バーカー、主人公を脅す男マーク・ローレンスなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2022