4234 Movies

黒水仙 Black Narcissus (1947)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

イギリス映画界の至宝マイケル・パウエルエメリック・プレスバーガー製作、監督、脚本による、1939年に発表された、ルーマー・ゴッデンの同名小説を基に製作された作品。
イギリス人の尼僧達の、ヒマラヤの宮殿での活動と苦難の日々を描く、デボラ・カーフローラ・ロブソンジーン・シモンズのドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■
監督
マイケル・パウエル
エメリック・プレスバーガー
製作
マイケル・パウエル
エメリック・プレスバーガー
原作:ルーマー・ゴッデン
脚本
マイケル・パウエル
エメリック・プレスバーガー
撮影:ジャック・カーディフ
編集:レジナルド・ミルズ
美術・装置
アルフレッド・ジュネ
音楽:ブライアン・イースデイル

出演
シスター・クローダー:デボラ・カー
シスター・フィリッパ:フローラ・ロブソン
ハサンプル”カンチ:ジーン・シモンズ
ディーン:デヴィッド・ファーラー
トゥダ・ライ将軍:エズモンド・ナイト
ディリップ・ライ将軍:サブー
シスター・ルース:キャスリーン・バイロン
シスター・プライオニー:ジュディス・ファース
シスター・ハニー:ジェニー・レアード
アング・アヤ:メイ・ハラット

イギリス 映画
配給 General Film Distributors
1947年製作 100分
公開
イギリス:1947年5月26日
北米:1947年12月
日本:1951年3月17日
製作費 £280,000


アカデミー賞 ■
第20回アカデミー賞
・受賞
撮影(カラー)・美術賞(カラー)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
聖公会の尼僧であるシスター・クローダー(デボラ・カー)は、ヒマラヤ山麓のモプ宮殿に派遣されることになる。

シスター・クローダーは、宮殿に学校を開設したトゥダ・ライ将軍(エズモンド・ナイト)の代理人で、イギリス人であるディーン(デヴィッド・ファーラー)からの依頼内容を知らされる。

エベレスト他の山々に囲まれた、厳しい環境の宮殿には、アング・アヤ(メイ・ハラット)という管理人だけがいた。

ライ将軍は、食料などを宮殿に運び、ディーンとアヤに後のことは任せて立ち去る。

院長となるシスター・クローダーは、シスター・フィリッパ(フローラ・ロブソン)、シスター・プライオニー(ジュディス・ファース)、シスター・ハニー(ジェニー・レアード)、そして、少々問題を抱えていたシスター・ルース(キャスリーン・バイロン)と共に宮殿へと向かう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
聖公会の尼僧であるシスター・クローダーは、ヒマラヤ山麓のモプ宮殿に、4人の尼僧と共に派遣されることになる。
宮殿は、ライ将軍により修道院と診療所となる計画が進み、イギリス人の代理人ディーンが修道女らの手助けをすることになる。
ところが、厳しい環境など、様々な状況を考慮したディーンは、この計画が困難であることを告げる。
しかし、強い使命感の下シスター・クローダーは、ディーンの、皮肉とも言える言葉に動じなかった。
その後、修道院と診療所には村人達が押し寄せ、不慣れな環境下で、尼僧達は苦難の日々を送ることになる。
そんな時、同行していたシスター・ルースが、シスター・クローダーの厳しい態度などにより信仰の道から挫折しかける。
そして、精神的に不安定になったシスター・ルースは、ディーンへの想いも募り、それが、シスター・クローダーへの嫉妬心へと変わり始める・・・。
__________

辺境の地に赴いた、修道女達の苦難の布教活動という内容だけでも成り立つような物語なのだが、終盤はサスペンス・スリラーのような展開も見せる見応えのある作品。
それは、凄まじい愛憎のドラマとなっていくという、マイケル・パウエルエメリック・プレスバーガーの演出と脚本にはいつもながら脱帽だ。

信仰、伝道の苦悩、愛や肉体的欲求などが、役者の表情一つで表現される演出なども見事だ。

当時としては最高の技術で撮影されたであろう、美しいジャック・カーディフの映像表現は秀逸だ。

状況を考えるとロケとは思えない気がする、グラスペイントを使ったのだろうか、奥行きを感じさせる山々や谷底の特撮的な描写も、終戦直後にして素晴らしい仕上がりとなっている。

第20回アカデミー賞では、撮影(カラー)と美術賞(カラー)を受賞した。

失敗から学び成長した安堵の表情と、固い信念を感じさせる表情が実に印象的な、僧服がよく似合うデボラ・カー、挫折する寸前で主人公に支えられるフローラ・ロブソン、まだ10代だが、衝撃的とも言える存在の村娘ジーン・シモンズ、人間味を感じさせながら個性的な役を好演するイギリス人の代理人デヴィッド・ファーラー、現地の統治者役のエズモンド・ナイト、その息子サブー、キー・パーソンとなる、半狂乱の尼僧で、デボラ・カーと共に、カラー画面で美しさが際立つキャスリーン・バイロン、尼僧ジュディス・ファースジェニー・レアード、宮殿の管理人メイ・ハラットなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020