4236 Movies

リトル・ダンサー Billy Elliot (2000)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

炭鉱の町で暮らす普通の少年が、あることがきっかけでバレエに興味を持ち、自分の夢を実現させるために努力する姿と家族愛を描く、監督スティーブン・ダルドリー、主演ジェイミー・ベルジュリー・ウォルターズ他共演による感動のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■
監督:スティーブン・ダルドリー
製作総指揮
ナターシャ・ワートン

チャールズ・ブランド
テッサ・ロス
製作
グレッグ・ブレンマン

ジョナサン・フィン
脚本:リー・ホール
撮影:ブライアン・テュファーノ
編集:ジョン・ウィルソン
音楽:スティーブン・ウォーベック

出演
ビリー・エリオット:ジェイミー・ベル

サンドラ・ウィルキンソン:ジュリー・ウォルターズ
ジャッキー・エリオット:ゲアリー・ルイス
トニー・エリオット:ジェイミー・ドラヴェン
祖母:ジーン・ヘイウッド
マイケル・キャフリー:ステュアート・ウェルズ
デビー・ウィルキンソン:ニコラ・ブラックウェル
ビリー・エリオット(青年期):アダム・クーパー

イギリス 映画
配給 フォーカス・フィーチャーズ

2000年製作 110分
公開
イギリス:2000年9月29日
北米:2000年10月13日
日本:2001年1月27日
製作費 $5,000,000
北米興行収入 $21,994,910
世界 $109,280,260


アカデミー賞 ■
第73回アカデミー賞
・ノミネート
監督
助演女優(ジュリー・ウォルターズ)
脚本賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1984年、イングランド北部、ダラム
ストライキに揺れる炭坑の町で、母を亡くした11歳の少年ビリー・エリオット(ジェイミー・ベル)は、炭鉱夫の父ジャッキー・エリオット(ゲアリー・ルイス)と兄トニー(ジェイミー・ドラヴェン)、そして、認知症気味の祖母(ジーン・ヘイウッド)とで暮らしていた。

ボクシング教室に通っていたビリーは、気乗りしない練習に飽きていた。

そんなビリーは、隣のスペースで行なわれているバレエ教室に興味を持ち、サンドラ・ウィルキンソン(ジュリー・ウォルターズ)の許可を得て、トウシューズを渡され女の子達と一緒にレッスンを受ける。

フレッド・アステア”が好きだった母の影響で、ダンスに興味があったビリーは、家族には秘密でバレエのレッスンを続け、移動図書館車から関連書籍を盗み、家でも熱心に練習をする。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
母を亡くした11歳の少年ビリー・エリオットは、炭坑夫の父ジャッキーと兄トニー、祖母と暮らしていた。
ボクシング教室に通っていたビリーは、どうしてもそれに馴染めず、隣のスペースで行われているバレエ教室に興味を持つ。
教師のサンドラは、ビリーを受け入れて指導を始め、彼は家族には内緒で熱心にレッスンを続ける。
しかし、それが父ジャッキーに知られてしまい、男らしくないというバレエを、ビリーは習うことを許してもらえない。
それを理解できないビリーは、才能を認めてくれるサンドラに励まされながら、ロンドンの”ロイヤル・バレエ学校”を受けることを勧められる。
戸惑いながらも、バレエに熱中するビリーの姿に父ジャッキーも心を動かされ、スト破りをしてまでも、息子のために犠牲になる決心をする・・・。
__________

その後、立て続けに話題作を手掛ける、舞台出身のスティーブン・ダルドリー長編デビュー作品。

成長し切れていない少年の、言葉に表せない心中などの描写など、スティーブン・ダルドリーの演出手法は実に斬新で、映画の世界でも、その才能を余すところなく発揮した快心作である。

世界の各映画賞、映画祭で絶賛され、第73回アカデミー賞では、監督、助演女優(ジュリー・ウォルターズ)、脚本賞にノミネートされた。

北米興行収入は約2200万ドル、全世界では1億ドルを超すヒットとなった。

貧しい炭鉱町、ストに苦しむ人々や、母親を亡くし、幼い心を痛める主人公とその家族の関係や生活環境の描写も見事だ。
全てを犠牲にして、息子に夢を託す父親の愛情など、涙なしでは見られない。

2000人の候補者の中から選ばれたジェイミー・ベルは、バレエを習っていたとは言え、踊りの正確さなどの追及よりも、その状況に応じた体の動きや感情表現がとにかく素晴らしい。

主人公の才能を認めながらも、接近し過ぎることなく彼をサポートする、バレエ教師を好演するジュリー・ウォルターズ、頑固だが息子を理解した後半は主人公のように存在感を見せる、父親役を熱演するゲアリー・ルイス、その息子ジェイミー・ドラヴェン、祖母ジーン・ヘイウッド、同性愛者である主人公の友人ステュアート・ウェルズ、バレエ教師の娘ニコラ・ブラックウェル、そして、世界的ダンサーのアダム・クーパーが、主人公の青年期としてラストに登場する。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020