4292 Movies

ビッグ・トラブル Big Trouble (1986)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

レイモンド・チャンドラービリー・ワイルダーの共同脚色によるフィルム・ノワールの傑作「深夜の告白」(1944)をベースにした作品。
用意周到に保険金詐欺を企む夫婦と、それに巻き込まれて混乱する保険外交員の行動を描く、製作、監督ジョン・カサヴェテス、主演ピーター・フォークアラン・アーキンビヴァリー・ダンジェロチャールズ・ダーニングロバート・スタック他共演のコメディ。


コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:ジョン・カサヴェテス
製作:ジョン・カサヴェテス
脚本:アンドリュー・バーグマン
撮影:ビル・バトラー
編集
ドン・G・キャンバーン

ラルフ・E・ウィンターズ
音楽:ビル・コンティ

出演
スティーヴ・リッキー:ピーター・フォーク

レナード・ホフマン:アラン・アーキン
ブランチ・リッキー:ビヴァリー・ダンジェロ
アーリーン・ホフマン:ヴァレリー・カーティン
オマラ:チャールズ・ダーニング
ウィンスロー:ロバート・スタック
ロペス医師:リチャード・リバティーニ
ノーゼル:ポール・ドゥーリイ
ヘレン:バーバラ・ターバック

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ

1986年製作 93分
公開
北米:1986年5月30日
日本:未公開


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ロサンゼルス
平凡な保険外交員のレナード・ホフマン(アラン・アーキン)の優秀な三つ子の息子達は、名門イェール大学に合格する。

しかし、レナードは妻アーリーン(ヴァレリー・カーティン)に、42000ドルの学費を支払うのは不可能だと告げる。

経費も合わせた場合、4年間で20万ドルも払えるはずもないと意見するレナードは、奨学金なしでは無理な話だと言いながら出勤する。

調査部長オマラ(チャールズ・ダーニング)にも、学費のことを問われて、一族がイェール出身の社長ウィンスロー(ロバート・スタック)に相談するように言われたレナードだったが、彼もあてにならなかった。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想 ■

アメリカ映画界においてインディペンデント映画を確立したジョン・カサヴェテスは本作公開の三年後に亡くなり、彼にとっての遺作となった。

*(簡略ストー リー)
保険外交員のレナード・ホフマンは、優秀な三つ子の息子達が揃って名門イェール大学に合格するものの、彼はその学費のことを考えると頭が痛い。
そんな時レナードは、住宅保険の件で訪れたリッキー家の夫人ブランチに、死が迫っている夫スティーヴが、生命保険にも入っていないことを知らされる。
借金も抱えるスティーヴが、確かに心臓病だと確認したレナードは、ブランチと共に、彼を苦しみから救ってあげるという名目で、保険金詐欺を考える。
レナードは、列車事故の場合に保険金が倍になる、傷害保険をブランチに勧め、スティーヴには知られないように、契約書に彼のサインをもらう。
しかし、スティーヴは病気でもなく、ブランチと組んで保険金を騙し取ろうとしていたのだった。
そうとも知らずに、息子達の学費のため、人のよいレナードは、二人の企みに加担させられるのだが・・・。
__________

数々の問題作を残したジョン・カサヴェテスだが、純粋なドタバタ喜劇が遺作というところが実に興味深い。

編集権をめぐり映画会社と揉めたために、カサヴェテス自身は、本作を自作と認めていないと言うが、盟友ピーター・フォークの飄々とした詐欺師、また、その後も活躍し続けて現在に至る、個性派アラン・アーキン、二人の軽妙な演技を十分に楽しめる。

ビル・コンティの、軽快で楽しい音楽もドラマにマッチしている。

他の俳優陣も実力派揃いで、主人公の妻で詐欺に加担するビヴァリー・ダンジェロ、教育熱心なレナード(A・アーキン)の妻ヴァレリー・カーティン、保険調査部長を愉快に演ずるチャールズ・ダーニング、社長ロバート・スタック、医師リチャード・リバティーニ、社員バーバラ・ターバック、列車の乗客ポール・ドゥーリイなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020