4240 Movies

だれもがクジラを愛してる。 Big Miracle (2012)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1988年に実際に起きた、クジラ救出作戦を題材にしたトム・ローズのノンフィクション小説”Freeing the Whales”を基に製作された作品。
氷に閉ざされた海で行き場を失ったクジラ達を救おうと、相容れない者達が協力し合う姿を描く、主演ドリュー・バリモアジョン・クラシンスキークリスティン・ベルダーモット・マローニー他共演、監督ケン・クワピスによるドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■
監督:ケン・クワピス
製作総指揮
ライザ・チェイシン

スチュアート・M・ベッサー
ポール・グリーン
製作
スティーヴ・ゴリン

マイケル・シュガー
ティム・ビーヴァン
エリック・フェルナー
原作:トム・ローズ”Freeing the Whales”
脚本
ジャック・アミエル

マイケル・ベグラー
撮影:ジョン・ベイリー
編集:カーラ・シルヴァーマン
音楽:クリフ・エデルマン

出演
レイチェル・クレイマー:ドリュー・バリモア

アダム・カールソン:ジョン・クラシンスキー
ジル・ジェラード:クリスティン・ベル
スコット・ボイヤー大佐:ダーモット・マローニー
ケリー・マイヤーズ:ヴィネッサ・ショウ
マリク:ジョン・ピンガヤック
ネイサン:アマウォーク・スウィーニー
パット・ラファイエット:ティム・ブレイク・ネルソン
J・W・マグロウ:テッド・ダンソン
ルース・マグロウ:キャシー・ベイカー
ウェス・ハンドリック:ジョン・マイケル・ヒギンズ
ハスケル州知事:スティーヴン・ルート
カール・フートキン:ジェームズ・レグロス
ディーン・グロワッキ:ロン・リッグル

アメリカ/イギリス 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ

2012年製作 107分
公開
北米:2012年2月3日
イギリス:2012年2月10日
日本:2012年7月14日
製作費 $40,000,000
北米興行収入 $20,157,300
世界 $24,719,220


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1988年10月、アラスカバロー
テレビ・リポーターのアダム・カールソン(ジョン・クラシンスキー)は、現地の少年ネイサン(アマウォーク・スウィーニー)と取材の約束をしていたため、カメラを持って氷原に向かう。

アンカレッジ
環境保護団体”グリーンピース”のレイチェル・クレイマー(ドリュー・バリモア)は、”アラスカ石油”社長J・W・マグロウ(テッド・ダンソン)が手に入れた、アラスカでの石油採掘権入札に意見するが、会場から追い出される。

その頃アダムは、氷に囲まれ身動きがとれない3頭のクジラを発見し、キャリア・アップを狙い取材を始める。

そのニュースをテレビで見たレイチェルは、元恋人のアダムに電話をかけて様子を聞く。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1988年10月、アラスカバロー
現地テレビ・リポーターのアダム・カールソンは、偶然に氷で行き場を失った三頭のクジラを発見する。
そのアダムの報道は反響を呼び、彼の元恋人、環境保護団体”グリーンピース”のレイチェル・クレイマーは現地に急行する。
クジラがこのまま死んでしまう危機と、地元のイヌピアック族が食用に捕獲を考えることなどを考え、レイチェルは何んとかクジラ達を助けようとする。
現地の石油採掘権を得ていた石油会社社長のマグロウは、妻ルースに説得され、クジラを救うことが会社の利益になると考え、機材などを提供する。
イヌピアックの長老マリクは、同胞を説得してクジラの救出に協力しようとする。
マスコミが殺到する中、救出作戦は難航するものの、それが国中で話題となり、ついには大統領選に利用されることになる・・・。
__________

あまりにも有名な、実際に起きた”クジラ救出作戦”なので、当時を思い出す方も多いだろう。

事件の内容や、活躍した者達の考えなどがよく伝わってくるケン・クワピスの演出は、所々でサスペンスのような緊迫感もあり、楽しめる内容になっている。

普段は敵対心むき出しの企業や団体、マスコミなどが、一丸となって協力し合う姿は清々しい。

また、それを利用しようとする強かな者達の姿をきっちりと描くところなど、きれいごとばかり並べていないところもなかなかいい。

グリーンピース”の活動家を、小柄ながら力強く演ずるドリュー・バリモアと、温厚なリポーター、好青年役のジョン・クラシンスキーが主人公なのだが、多くの役柄がそれぞれの個性を生かして、バランスよく演じているところも注目だ。

キャリア・アップを目指す”KABC”のリポーター、クリスティン・ベル、州兵の大佐ダーモット・マローニーと彼と恋に落ちる大統領秘書官ヴィネッサ・ショウイヌピアックの長老ジョン・ピンガヤック、その孫アマウォーク・スウィーニー、憎めない石油会社社長のテッド・ダンソン、その妻キャシー・ベイカー、地元局員のティム・ブレイク・ネルソンKABC”のリポーター、ジョン・マイケル・ヒギンズ、州知事スティーヴン・ルート、除氷機メーカーのジェームズ・レグロスロン・リッグルなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020