4312 Movies

ビフォア・ミッドナイト Before Midnight (2013)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

リチャード・リンクレイターキム・クリザン原案による「ビフォアサンライズ」(1995)、「ビフォア・サンセット」(2004)の続編。
18年前に出会い9年後にパリで再会してパートナーとなった男女の関係を描く、製作、監督、脚本リチャード・リンクレイター、主演イーサン・ホーク(脚本)、ジュリー・デルピー(脚本)他共演のラブ・ロマンスの秀作。


ドラマ(ロマンス)


スタッフ キャスト
監督:リチャード・リンクレイター
製作
リチャード・リンクレイター
クリストス・V・コンスタンタコプーロス
サラ・ウッドハッチ
製作総指揮
リズ・グロッツァー
ジェイコブ・ペチェニック
マーティン・シェイファー
ジョン・スロス
原作
キャラクター創造
リチャード・リンクレイター
キム・クリザン
脚本
リチャード・リンクレイター
イーサン・ホーク
ジュリー・デルピー
撮影:クリストス・ヴードゥーリス
編集:サンドラ・エイデアー
音楽:グレアム・レイノルズ

出演
ジェシー・ウォレス:イーサン・ホーク
セリーヌ:ジュリー・デルピー
ハンク:シーマス・デイヴィー=フィッツパトリック
エラ:ジェニファー・プライア
ニーナ:シャーロット・プライア
ナタリア:ゼニア・カロゲロプールー
パトリック:ウォルター・ラサリー
アナ:アリアン・ラベド
アキレアス:ヤニ・パパドプロ
アリアドニ:アティーナ・レイチェル・トサンガリ
ステファノス:パノス・コロニス
ソフィア:ヨタ・アギロポウラス
ホテル受付 – セラフェイム・ラディス

アメリカ 映画
配給 ソニー・ピクチャーズ・クラシックス
2013年製作 109分
公開
北米:2013年6月14日
日本:2014年1月18日
製作費 $3,000,000
北米興行収入 $8,114,510
世界 $20,737,030


アカデミー賞
第86回アカデミー賞

・ノミネート
脚色賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ギリシャペロポネソス半島カラマタカラマタ国際空港
妻と別れアメリカを離れていたジェシー・ウォレス(イーサン・ホーク)は、息子ハンク(シーマス・デイヴィー=フィッツパトリック)を呼び寄せて楽しい夏を過ごし、空港で彼を見送り名残惜しく思う。

18年前に電車で出会い、その9年後にパリで再会し、それぞれのパートナーと別れてセリーヌ(ジュリー・デルピー)と一緒に暮らすようになったジェシーは、彼女との間には双子の娘エラ(ジェニファー・プライア)とニーナ(シャーロット・プライア)がいた。

空港を離れたジェシーは、セリーヌとハンクの話などをする。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「ビフォア・サンライズ」(1995)
・「ビフォア・サンセット」(2004)
・「ビフォア・ミッドナイト」(2013)

*(簡略ストー リー)
ギリシャペロポネソス半島カラマタ
18年前に電車で出会い、その9年後にパリで再会し、それぞれのパートナーと別れて双子の娘も生れたジェシー・ウォレスとセリーヌは、夏のバカンスを過ごしていた。
アメリカから呼び寄せた息子のハンクを空港に送ったジェシーは、正常な親子関係を築けないことで悩んでいた。
シカゴに引越す考えもあるジェシーだったが、それを拒むセリーヌと口論になる。
老作家パトリックに招待されて、楽しい時間を過ごしたジェシーとセリーヌは、友人のステファノスと妻アリアドニから、よい思い出をと言われてホテルの部屋を用意してもらう。
散歩をしながらホテルに向かうジェシーとセリーヌは、意外にも新鮮な気持ちで話ができるのだが・・・。
__________

1作目と2作目が9年、そして本作もその9年後に製作されたラブ・ロマンスの秀作。

前2作同様、本作でもリチャード・リンクレイターと共に脚本に参加するイーサン・ホークジュリー・デルピーの自然な会話が見所の作品。

ほぼ主人公二人の独演だった前二作とはやや違う内容で、前半は友人などと集うストーリーとなっている。

後半は、意見の相違が見られる二人が、散歩してホテルに向かいながら新鮮な気持ちで時を過ごし、その後に諍いを起こし、危機を乗り越えるまでを描いている。

穏やかな雰囲気で二人のロマンスを淡々と描く、前二作とはやや違う内容、南ギリシャののどかな雰囲気など、リチャード・リンクレイターイーサン・ホークジュリー・デルピーの新たな試みと意欲が感じられる作品でもある。

第86回アカデミー賞では、前二作同様、脚色賞にノミネートされた。

息子との親子関係と、それを理解してもらえずに悩むイーサン・ホーク、彼の考えの犠牲になることを嫌い衝突してしまうジュリー・デルピー、主人公の息子シーマス・デイヴィー=フィッツパトリック、主人公の双子の娘ジェニファー・プライアとシャーロット・プライア、撮影監督して知られる、本作が俳優デビューとなる老作家のウォルター・ラサリー、亡くなった彼の友人の妻ゼニア・カロゲロプールー、老作家の孫ヤニ・パパドプロ、その恋人アリアン・ラベド、主人公の友人パノス・コロニス、その妻アティーナ・レイチェル・トサンガリ、ホテルのフロント係ヨタ・アギロポウラス、受付のセラフェイム・ラディスなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020