4236 Movies

世紀の女王 Bathing Beauty (1944)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

天才コメディアンのレッド・スケルトンと、美貌を誇る元水泳選手のスター、エスター・ウィリアムスが繰り広げる、監督ジョージ・シドニーベイジル・ラズボーンハリー・ジェームス共演のラブ・コメディ。


ミュージカル


スタッフ キャスト ■
監督:ジョージ・シドニー
製作:ジャック・カミングス
原作
ケネス・アール
M・M・マッセルマン
カーティス・ケニヨン
脚本 
ドロシー・キングスレイ
アレン・ボレツ
フランク・ウォルドマン
脚色:ジョセフ・シュランク
編集:ブランシュ・セーウェル
撮影:ハリー・ストラドリング
美術 
セドリック・ギボンズ
ステファン・グーソン
音楽:ジョニー・グリーン

出演
スティーヴ・エリオット:レッド・スケルトン

キャロライン・ブルックス:エスター・ウィリアムス
ジョージ・アダムス:ベイジル・ラズボーン
ジーン・アレンウッド:ジーン・ポーター
クリントン学長:ナナ・ブライアント
本人:ハリー・ジェームス
本人:ザヴィア・クガート
本人:ヘレン・フォレスト
本人:カルロス・ラミレス
ウィル・エヴァンス:ビル・グッドウィン
マダム・ザルカ:アン・コディー
音楽教師:エセル・スミス
ヘンドリックス教授:フランシス・ピエーロ
チェスター・クラゼンフランツ:ドナルド・ミーク
マリア・ドランゴ:ジャクリーヌ・ダルヤ

アメリカ 映画
配給 MGM

1944年製作 101 分
公開
北米:1944年6月27日
日本:1952年1月24日
製作費 $2,361,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
作曲家のスティーヴ・エリオット(レッド・スケルトン)は、大学の水泳講師キャロライン・ブルックス(エスター・ウィリアムス)に心奪われ、仕事が手に付かない。

ショーのプロデューサー、ジョージ・アダムス(ベイジル・ラズボーン)は、スティーヴに作曲を依頼していた。

しかし、スティーヴが、ショーの仕事はさて置き、引退してキャロラインと結婚するつもりだということを知る。

アダムスは、スターにしてあげると約束していた、若いダンサーのマリア・ドランゴ(ジャクリーヌ・ダルヤ)を利用して、スティーヴとキャロラインの仲を引き裂こうとする。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
作曲家のスティーヴ・エリオットは、大学の水泳講師キャロライン・ブルックスに熱を上げて仕事が手に付かない。
ショーのプロデューサー、アダムスは、仕事をさて置き、スティーヴが、引退してキャロラインと結婚するつもりだということを知る。
アダムスは、若いダンサー、マリアをスターにしてあげると言いくるめ、二人の仲を引き裂こうとする。
二人の結婚式の日、マリアは、スティーヴが自分の夫だと言って子供まで引き連れて現れ、ショックを受けたキャロラインは、式の最中に姿を消してしまう。
キャロラインが、大学に戻ってしまったことを知ったスティーヴは、男子禁制のその大学に入学する方法を考える。
大学でキャロラインと再会したスティーヴは、当然、入学を拒否されるのだが、規則では、男子も入学できることを主張し、クリントン学長はそれを認め、彼の仮入学は許可されることになるのだが・・・。
__________

ラテンのリズムで始まる、派手なオープニング。

いきなり登場するハリー・ジェームスや、一流ミュージシャンの素晴らしいパフォーマンスに圧倒されてしまう。

そして、弱冠30歳の、レッド・スケルトンの笑顔と、美しさが際立つエスター・ウィリアムスの水中レビューが、冒頭から見れるだけでも大満足な作品。

レッド・スケルトンだけの出演でも、十分に楽しめるストーリーに、エスター・ウィリアムスをはじめ、ハリー・ジェームスヘレン・フォレスト、ザヴィア・クガート、カルロス・ラミレス、そして、エセル・スミスなどの、超一流エンタテナー出演は、当時のMGMの底力を見せつけているようだ。

エスター・ウィリアムスのために作られた、巨大プールで繰り広げられる、クライマックスのスケールの大きな、絢爛豪華な水中レビューは圧巻だ。

本作がアメリカで公開されたのは、1944年6月27日で、ヨーロッパでは、第二次世界大戦の勝敗の行方を決する、ノルマンディー上陸作戦の直後だった。
同じ時期に公開された名作「我が道を往く」(1944)も同様、アメリカ本土では、何事もなかったかのように、このような傑作が何本も作られていたことを思うと驚くばかりだ。

大柄なレッド・スケルトンの、コミカルで人懐っこいキャラクターは、見ていて幸せな気分にさせてくれるほど楽しい。

水泳選手から転身したエスター・ウィリアムスの、可愛らしさに加えた美貌は親しみもあり、スクリーンの中で輝いて見える。

エスター・ウィリアムスは、デパートで働きながらハイスクールに通い、水泳選手として活躍して、大学入学後に世界記録も作り、中止になった、1940年のオリンピック東京大会出場が決まっていたが、サンフランシスコの万博の催しに参加するため、オリンピック選手を辞退し、その時の水中レビューがMGMのスカウトの目にとまり、映画界入りした。

騒動のきっかけを作る、ショーのプロデューサー、ベイジル・ラズボーン、主人公の恋敵ビル・グッドウィン、陽気な女子学生のジーン・ポーター、学長のナナ・ブライアント、教授陣のアン・コディーフランシス・ピエーロ、弁護士ドナルド・ミーク、そして、騒ぎを起す女優志願のジャクリーヌ・ダルヤなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020