4545 Movies

氷の微笑 Basic Instinct (1992)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

殺人事件を捜査する刑事と、その容疑者である女性小説家の関係を描く、製作総指揮マリオ・カサール、監督ポール・バーホーベン、撮影ヤン・デ・ボン、主演マイケル・ダグラスシャロン・ストーンジョージ・ズンザジーン・トリプルホーン他共演の官能サスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■
監督:ポール・バーホーベン
製作:アラン・マーシャル
製作総指揮:マリオ・カサール
脚本:ジョー・エスターハス
撮影:ヤン・デ・ボン
編集:フランク・J・ユリオステ
音楽:ジェリー・ゴールドスミス

出演
ニック・カラン:マイケル・ダグラス

キャサリン・トラメル:シャロン・ストーン
ガス・モラン:ジョージ・ズンザ
エリザベス”ベス”ガーナー:ジーン・トリプルホーン
ロクサーヌ”ロキシー”ハーディ:レイラニ・サレル
フィリップ・ウォーカー警部補:デニス・アーント
タルコット警部:チェルシー・ロス
サム・アンドリュース:ブルース・A・ヤング
マーティ・ニールセン警部補:ダニエル・フォン・バーゲン
ヘイゼル・ドブキンス:ドロシー・マローン
ジョン・コレリ:ウェイン・ナイト
ラモット博士:スティーヴン・トボロウスキー
マクルウェイン博士:ジェームズ・レブホーン
ハリガン:ベンジャミン・ムートン
内務調査官:ミッチ・ピレッジ

アメリカ 映画
配給 トライスター・ピクチャーズ

1992年製作 128分
公開
北米:1992年3月20日
日本:1992年6月6日
製作費 $49,000,000
北米興行収入 $117,727,000
世界 $352,700,000


アカデミー賞 ■
第65回アカデミー賞
・ノミネート
編集・作曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
サンフランシスコ
ある夜、元ロック・スターが、ベッドの上でアイスピックにより惨殺される。

市警の殺人課ニック・カラン刑事(マイケル・ダグラス)は、同僚のガス・モラン(ジョージ・ズンザ)と共に殺人現場に向かう。

本部長タルコット警部(チェルシー・ロス)の監視下でフィリップ・ウォーカー警部補(デニス・アーント)らと現場検証をしたニックは、凶器のアイスピックを確認する。

ニックは、上層部が気を遣う事件だと言うタルコットから、慎重に捜査を進めるよう忠告される。

唯一の容疑者で、被害者の恋人であるキャサリン・トラメル(シャロン・ストーン)を訪ねたニックとガスは、彼女の”友人”だというロクサーヌ”ロキシー”ハーディ(レイラニ・サレル)を本人だと思い間違える。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
サンフランシスコ
元ロック・スターがアイスピックにより惨殺される。
市警の殺人課ニック・カラン刑事は、同僚のガスと共に、唯一の容疑者である、被害者の恋人キャサリン・トラメルの元に向かう。
頭脳明晰で心理学を学び巨額の遺産を持つ作家であり、際立つ美貌のキャサリンに翻弄されながら、ニックは捜査を続ける。
その後、キャサリンの新作のモデルが、危険な女に殺される刑事、つまり自分だと知ったニックは、彼女の怪しい魅力の虜となる・・・。
__________

ポール・バーホーベンのテンポのよい演出と、正当な”謎解き”を惑わせるような巧みな編集により、飽きずに見られる内容には仕上がっている。

殺人事件を接点としながら、その職業にそぐわない様な主人公二人が、なるべくして関係を持つという、サスペンス映画としてはありがちな展開と、ご都合主義、思わせぶり的な過剰描写がやや気になる。

はみ出しデカ的な主人公と全く隙を見せない容疑者のアンバランスな関係も、前者が大物マイケル・ダグラスであるから成り立っているという感じを受ける。
キャスティングにミスっていたら、単なる駄作に終わった可能性もあり。

実際に並外れた知能を持つシャロン・ストーンの、それを生かした役柄に注目したいところなのだが、公開当時は、その美貌と官能的な描写ばかりが話題になった。

とは言え、そのお陰で、北米興行収入は約1億1800万ドル、全世界では約3億5300万ドルの大ヒットとなり、続編「氷の微笑2」(2006)も製作された。

第65回アカデミー賞では、編集、作曲賞にノミネートされた。

主演のマイケル・ダグラスは、過去の失態を引きずりながら、容疑者に翻弄されその魅力の虜になる刑事を熱演する。

既に10年以上のキャリアがあったものの、それほど目立たない役柄を演じ続けていたシャロン・ストーンは、本作によりブレイクして一時代を築くことになる。

やや偏屈な役柄だが、主人公の同僚として味のある演技を見せるジョージ・ズンザ、主人公の元恋人で心理学者のジーン・トリプルホーン、ヒロインの恋人レイラニ・サレル、主人公の上司デニス・アーント、本部長チェルシー・ロス、主人公の同僚ブルース・A・ヤング、主人公と対立する内務調査官ダニエル・フォン・バーゲン、ヒロインの友人だという謎の老女役を演ずる、ファンには懐かしいドロシー・マローン、地方検事補ウェイン・ナイト、精神病理学の専門家スティーヴン・トボロウスキー、精神科医ジェームズ・レブホーン、主人公の同僚ベンジャミン・ムートン、内務調査官ミッチ・ピレッジなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021