4213 Movies

赤ちゃんはトップレディがお好き Baby Boom (1987)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ひょんなことから赤ちゃんを引き取ることになった仕事一筋のキャリア・ウーマンの奮闘を描く、製作、脚本チャールズ・シャイアー(監督兼)、ナンシー・マイヤーズ、主演ダイアン・キートンサム・シェパードハロルド・ライミスジェームズ・スペイダーパット・ヒングル他共演のコメディ。


コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:チャールズ・シャイアー
製作
チャールズ・シャイアー

ナンシー・マイヤーズ
脚本
チャールズ・シャイアー

ナンシー・マイヤーズ
撮影:ウィリアム・A・フレイカー
編集:リンジー・クリングマン
音楽:ビル・コンティ

出演
J・C・ワイアット:ダイアン・キートン

ジェフ・クーパー:サム・シェパード
スティーヴン・バックナー:ハロルド・ライミス
ケン・アーレンバーグ:ジェームズ・スペイダー
フリッツ・カーティス:サム・ワナメーカー
ヒューズ・ララビー:パット・ヒングル
ヴァーン・ブーン:ブリット・リーチ
シャーロット・エルクマンメアリー・グロス
イヴ:ヴィクトリア・ジャクソン
”センター”のインストラクター:パクストン・ホワイトヘッド
エリザベス:クリスティナ・ケネディ/ミシェル・ケネディ

アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ

1987年製作 110分
公開
北米:1987年10月7日
日本:1988年3月12日
北米興行収入 $26,712,480


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューヨークマンハッタン
イエール大学を主席で卒業し、ハーバード大学で経営修士号を取得、”タイガー・レディ”というニックネームを持つ6桁年棒のJ・C・ワイアット(ダイアン・キートン)は、仕事と結婚し銀行員と同居するキャリア・ウーマンだった。

その日も出勤したワイアットは、忙しなくアシスタントのケン・アーレンバーグ(ジェームズ・スペイダー)らとの打ち合わせを済ませる。

社長フリッツ・カーティス(サム・ワナメーカー)とのランチの席で、フード・チェーンを展開するヒューズ・ララビー(パット・ヒングル)との仕事を任されたワイアットは、重役の椅子も約束される。

その夜、同居人スティーヴン・バックナー(ハロルド・ライミス)との、慌しい時間を過ごし眠りについたワイアットは、国際電話を受ける。

イギリスのいとこが亡くなったという連絡を受けたワイアットは、翌日、空港に向かう。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク
超エリートのキャリア・ウーマン、J・C・ワイアットは、突然、亡くなったいとこの子供エリザベスを引き取ることになる。
仕事を優先するワイアットは、当然のごとくエリザベスを養子に出そうとする。
しかしワイアットは、エリザベスの世話をするうちに情が移り、彼女を引き取り育てることを決意する。
やがて、それが仕事に影響し始めたワイアットは社運を懸けていたビッグ・プロジェクトから外されてしまう。
失意のワイアットは辞職して、エリザベスと共に田舎暮らしを始めるのだが、家の修理などで窮地に追い込まれてしまう。
そんな時、ワイアットがエリザベスのために作ったベビー・フードが評判となり、彼女は、それを製造して販売するビジネスを始めようとする・・・。
__________

その後、ハリウッドを代表する女流監督としてヒット作を世に送り出すことになるナンシー・マイヤーズが、当時の夫チャールズ・シャイアーと組んだ製作、脚本を兼ねた作品。

内容的には古風なコメディで、トップスターのダイアン・キートン他、魅力的なキャスト、そして赤ちゃんの可愛らしさが話題になった作品。

しかし、興行収入は期待ほどの成績は残せずに低調に終わった。

北米興行収入 $26,712,480

キャリア・ウーマンという言葉がもてはやされ始め、そのバイタリティー溢れる仕事振りと慌しい生活などが描かれる、テンポの良い前半は面白味はあるが、コメディとは言え、たまたま作ったベビー・フードが、あっという間に世間を席巻して大成功を収めてしまうという、滑稽な展開とも言える後半は今一感ずるものがない。

チャールズ・シャイアーの演出、音楽ビル・コンティなど、全てが平均以上という感じがする作品だけに、盛り上がりに欠ける終盤の展開は期待外れだ。

絵に描いたようなキャリア・ウーマンを演ずるダイアン・キートンはうなずける納得の演技を見せて好演し、物静かな獣医サム・シェパードが気忙しい彼女をコントロールする”のどかな”雰囲気もなかなかいい。

意外にあっさり画面から姿を消す、主人公の同居人役のハロルド・ライミス、アシスタントのジェームズ・スペイダー社長役のサム・ワナメーカー、大物クライアントのパット・ヒングル、田舎町の修理人ブリット・リーチ、秘書メアリー・グロス、子守のヴィクトリア・ジャクソン、そして、可愛らしい双子、赤ちゃん役を二人で演ずるクリスティナミシェル・ケネディ姉妹などが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020