4311 Movies

ベイブ/都会へ行く Babe: Pig in the City (1998)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1983年に発表された、ディック・キング=スミスの児童小説”The Sheep-Pig”を基に製作された大ヒット作「ベイブ」(1995)の続編。
夫の怪我で農場の運営ができなくなった妻が、人気者となった牧羊ブタの”ベイブ”を連れて大都会に向かい巻き起こす騒動を描く、製作、監督、脚本ジョージ・ミラー、出演マグダ・ズバンスキージェームズ・クロムウェルメアリー・ステインミッキー・ルーニーエリザベス・デイリー他共演のコメディ・ドラマ。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト
監督:ジョージ・ミラー
製作
ジョージ・ミラー
ダグ・ミッチェル
ビル・ミラー
原作:ディック・キング=スミス(キャラクター創造)
脚本
ジョージ・ミラー
ジュディ・モリス
マーク・ランプレル
撮影:アンドリュー・レスニー
編集
マーガレット・シクセル
ジェイ・フリードキン
音楽:ナイジェル・ウェストレイク

出演
エズメ・コーデリア・ホゲット:マグダ・ズバンスキー
アーサー・ホゲット:ジェームズ・クロムウェル
フルーム:メアリー・ステイン
ファグリー・フルーム:ミッキー・ルーニー
ベイブ:エリザベス・デイリー
フェルディナンド:ダニー・マン
ズーティ:グレン・ヘドリー
ボブ:スティーヴン・ライト
イージー:マイレス・ジェフリー
セロニアス:ジェームズ・コスモ
ブル・テリア/ドーベルマン:スタンリー・ラルフ・ロス
フリーリック:アダム・ゴールドバーグ
ナイジェル/アラン:エディ・バース
ピンクのプードル:ルシー・テイラー
ペリカン:ジム・カミングス
フライ:ミリアム・マーゴリーズ
レックス:ヒューゴ・ウィーヴィング
ナレーター:ロスコー・リー・ブラウン

オーストラリア/アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
1998年製作 96分
公開
オーストラリア:1998年12月10日
北米:1998年11月25日
日本:1999年3月6日
製作費 $90,000,000
北米興行収入 $18,319,900
世界 $50,812,000


アカデミー賞
第71回アカデミー賞

・ノミネート
歌曲賞”That’ll Do”


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
牧羊犬コンテストで優勝した、農場主アーサー・ホゲット(ジェームズ・クロムウェル)の子豚のベイブ(エリザベス・デイリー)は、村人の歓迎を受けてマスコミ報道などにも大きく取り上げられる。

妻エズメ(マグダ・ズバンスキー)は、女王への謁見や各地から届く招待状の整理などで大忙しだったが、アーサーは、自分の農場で働くことが喜びだった。

井戸のポンプ修理をしていたアーサーの手伝いをしようとしたベイブは、余計なことをしてしまい事故が起きる。

重傷を負ったアーサーに代わり、家事の他に仕事までしなくてはならなくなったエズメは、まともな作業ができるはずもなく、農場を銀行に差し押さえられてしまう。

”ステート・フェア”の招待状のことを思い出したエズメは、出演料の他、経費は全て主催者持ちであることを確認して、それをアーサーに伝え、ベイブを連れて大都会に旅立とうとする。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

参考:
・「ベイブ」(1995)
・「ベイブ/都会へ行く」(1998)

*(簡略ストー リー)
牧羊犬コンテストで優勝した子ブタのベイブは、人気者となる。
そんなベイブは、主人のアーサーを手伝おうとして事故を起こしてしまう。
重傷を負ったアーサーは農作業などができなくなり、農場は銀行に差し押さえられてしまう。
農場を救おうとする妻のエズメは、ステート・フェアの出演料を当てにして、ベイブを連れて大都会に向かう。
空港で麻薬所持を疑われてステート・フェアに間に合わなくなったエズメは、あるホテルを紹介されてその場に向かう。
そこは、動物を可愛がるフルームが犬や猫、そしてサル達と共に暮らす不思議なホテルだった・・・。
__________

動物達の見事な演技などが話題になり、世界中の人々に感動を与えたハートウォーミング・コメディ「ベイブ」(1995)の続編。

前作で監督と脚本を担当したクリス・ヌーナンに代わり、ジョージ・ミラーが監督を務め(製作、脚本も)、今回は大都会が舞台であり、子ブタと動物達が繰り広げる騒動を描く作品。

第71回アカデミー賞では歌曲賞(”That’ll Do”)にノミネートされた。

前作は、全世界で約2億5400万ドルの興行成績を記録する大ヒットとなったために、なんと9000万ドルの製作費をかけて、”満を持して”ジョージ・ミラーがメガホンを握った。
しかし、北米で約1800万ドル、全世界では約5100万ドルに終わってしまい、興行的には大失敗に終わった作品でもある。

新しい企画として、架空の大都会が舞台となっているのだが、この物語の良さは素朴で平凡な牧歌的な描写であり、都会の雑踏などは合わない気がする。

製作費をふんだんに使ったセットや仕掛けは凝っているのだが、派手なだけで楽しく思えないのが正直なところだ。

事故で重傷を負った夫ジェームズ・クロムウェルに代わり、本作ではベイブ(エリザベス・デイリー)を連れて大都会に向かい奮闘するマグダ・ズバンスキー、彼女を迎えるホテルの女主人メアリー・ステイン、そのおじである一座の道化で、いまいちパッとしない役柄が残念なミッキー・ルーニー、アヒルのフェルディナンドのダニー・マン、チンパンジーの雌グレン・ヘドリー、その夫スティーヴン・ライト、その弟マイレス・ジェフリー、オランウータンのジェームズ・コスモ、ブル・テリアとドーベルマンのスタンリー・ラルフ・ロス、脚が悪いジャック・ラッセル・テリアのアダム・ゴールドバーグ、ブルドッグとマスティフのエディ・バース、ピンクのプードルのルシー・テイラー、ペリカンのジム・カミングス、牧羊犬のミリアム・マーゴリーズとその夫ヒューゴ・ウィーヴィング、そして、ナレーターはロスコー・リー・ブラウンが担当している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020