4506 Movies

アトミック・ブロンド Atomic Blonde (2017)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

冷戦末期のベルリン、東西のスパイ・リストを手に入れるために派遣されたMI6の諜報員と敵側との攻防を描く、監督デヴィッド・リーチ、製作、主演シャーリーズ・セロンジェームズ・マカヴォイジョン・グッドマンエディ・マーサンソフィア・ブテラトビー・ジョーンズ他共演のサスペンス・アクション。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

シャーリーズ・セロン / Charlize Theron 作品一覧
ジェームズ・マカヴォイ / James McAvoy / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:デヴィッド・リーチ

製作
シャーリーズ・セロン
ベス・コノ
A・J・ディックス
ケリー・マコーミック
エリック・ギター
ピーター・シュウェリン
製作総指揮
ニック・マイヤー
マーク・シャバーグ
ジョー・ノーゼマック
スティーヴン・V・スカヴェリ
イーサン・スミス
デヴィッド・ギロッド
カート・ジョンスタッド
原作:アンソニー・ジョンストン&サム・ハート”The Coldest City”
脚本:カート・ジョンスタッド
撮影:ジョナサン・セラ
編集:エリザベット・ロナルズドッティル
音楽:タイラー・ベイツ

出演
ロレーン・ブロートン:シャーリーズ・セロン
デヴィッド・パーシヴァル:ジェームズ・マカヴォイ
エメット・カーツフェルド:ジョン・グッドマン
時計職人:ティル・シュヴァイガー
スパイグラス:エディ・マーサン
デルフィーヌ・ラサール:ソフィア・ブテラ
エリック・グレイ:トビー・ジョーンズ
C:ジェームズ・フォークナー
ゴーダン・メルケル:ビル・スカルスガルド
ジェームズ・ガスコイン:サム・ハーグレイブ
アレクサンドル・ブレモヴィッチ:ローランド・ムーラー
ユーリ・バクティン:ヨハネス・ヨハンソン
KGB工作員:ダニエル・バーンハード
検視官:バルバラ・スコヴァ

アメリカ 映画
配給 フォーカス・フィーチャーズ
2017年製作 115分
公開
北米:2017年7月28日
日本:2017年10月20日
製作費 $30,000,000
北米興行収入 $51,687,900
世界 $100,014,030


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1989年11月、ベルリン
MI6の諜報員ジェームズ・ガスコイン(サム・ハーグレイブ)は、KGBのユーリ・バクティン(ヨハネス・ヨハンソン)に追われて痛めつけられる。

”サッチェル”が裏切ったと考えるガスコインは、バクティンに射殺され、ある重要な”リスト”が記録されたマイクロフィルムが隠されている腕時計が奪われる。

10日後、ロンドン
全身傷だらけのMI6の諜報員ロレーン・ブロートン(シャーリーズ・セロン)は、愛し合っていたガスコインの写真を燃やす。

作戦の報告のために上司エリック・グレイ(トビー・ジョーンズ)の元に向かったロレーンは、来られなくなったと言う長官のC(ジェームズ・フォークナー)が、マジックミラー越しの隣り部屋にいることに気づく。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想
2012年に発表された、アンソニー・ジョンストン&サム・ハートによるグラフィック・ノベル”The Coldest City”を基に製作された作品。

簡略ストー リー)
1989年11月、ベルリン
MI6の諜報員ロレーン・ブロートンは、東西のスパイが記録されているリストが奪われたために、現地の諜報員パーシヴァルと組み、それを奪い返す任務に就く。
KGBの動きを監視しながら活動を続けるロレーンは、リストを記憶している”シュタージ”(東ドイツ国家保安省)のスパイグラスの亡命に手を貸すことになり、二重スパイの行動を警戒しつつ、パーシヴァルと共に計画を進めるのだが・・・。
__________

冷戦末期のベルリンを舞台に、東西のスパイによる極秘リストの争奪戦を描くサスペンス・アクション。

この後、「デッドプール2」(2017)、「ワイルド・スピード/ホブス&ショウ」(2019)の監督に抜擢される、注目のデヴィッド・リーチ監督作品。

冷戦の象徴と言える”ベルリンの壁崩壊”と同時進行で展開される、東西の対決が緊迫感溢れる内容で描かれ、スパイ戦の醍醐味も十分に楽しめる見応えある作品に仕上がっている。

序盤は、スーパーウーマン風の主人公のスタイリッシュさばかりが強調されるのだが、彼女がベルリン入りした直後から始まる肉弾戦とアクションには驚かされる。

冒頭で主人公は全身傷だらけで登場するのだが、その理由が分かる、リアリズムを追及した激しい格闘などの迫力には圧倒される。

北米興行収入は約5200万ドル、全世界では1億ドルを超すヒットとなった。

製作も兼ねる主演のシャーリーズ・セロンは、”体を張った”などという生易しい言葉では言い表せないほどの、女性のアクションとして類を見ない激しい演技で、他のキャラクターを圧倒する存在感で主人公を熱演している。

最優秀の諜報員にしてはやや無謀過ぎる雰囲気で、クセのあるキャラクターを演ずるジェームズ・マカヴォイ、結局はCIAの作戦だったということで、大きな役割を果たすジョン・グッドマン、主人公の協力者である時計職人ティル・シュヴァイガー、西側に亡命を希望する、リストを記憶する”シュタージ”のエディ・マーサン、主人公と深い関係になるDGSEの新人工作員ソフィア・ブテラ、主人公の上司トビー・ジョーンズMI6長官のジェームズ・フォークナー、主人公の東側の協力者ビル・スカルスガルド、冒頭でKGBヨハネス・ヨハンソンに殺されリストを奪われるMI6の諜報員サム・ハーグレイブロシアのハイランクの工作員ローランド・ムーラーKGB工作員のダニエル・バーンハード、検視官のバルバラ・スコヴァなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021