4213 Movies

アルマゲドン Armageddon (1998)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

人類を絶滅させるほどの破壊力がある小惑星地球衝突の危機に立ち向かう掘削チームとNASA関係者の活躍を描く、製作ジェリー・ブラッカイマー、監督マイケル・ベイ(製作)、脚本J・J・エイブラムス、主演ブルース・ウィリスベン・アフレックリヴ・タイラービリー・ボブ・ソーントンウィル・パットンスティーヴ・ブシェミオーウェン・ウィルソン他共演による感動のアクション大作。


アクション/アドベンチャー

ブルース・ウィリス / Bruce Willis 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:マイケル・ベイ
製作
ジェリー・ブラッカイマー

ゲイル・アン・ハード
マイケル・ベイ
脚本
ジョナサン・ヘンズリー

J・J・エイブラムス
撮影:ジョン・シュワルツマン
編集
マーク・ゴールドブラット

クリス・レベンゾン
グレン・スキャントルベリー
音楽:トレヴァー・ラビン

出演
ブルース・ウィリス:ハリー・S・スタンパー
ベン・アフレック:A.J.フロスト
リヴ・タイラー:グレース・スタンパー
ビリー・ボブ・ソーントン:ダン・トゥルーマン
ウィル・パットン:チャールズ”チック”チャップル
スティーヴ・ブシェミ:ロックハウンド
マイケル・クラーク・ダンカン:ジャイティス”ベアー”カーリーン
オーウェン・ウィルソン:オスカー・チョイ
ケン・キャンベル:マックス・レンナート
ピーター・ストーメア:レヴ・アンドロポフ
ウィリアム・フィクトナー:ウィリアム・シャープ空軍大佐
キース・デイヴィッド:キムジー将軍
ジェイソン・アイザック:ローランド・クインシー博士
クリス・エリス:ウォルター・クラーク
ウド・キア:心理学者
チャールトン・ヘストン:ナレーター

アメリカ 映画
配給 タッチストーン・ピクチャーズ
公開
1998年製作 150分
北米:1998年7月1日
日本:1998年12月12日
制作費 $140,000,000
北米興行収入 $201,573,390
世界 $553,709,790


アカデミー賞 ■
第71回アカデミー賞
・ノミネート
歌曲・録音・音響編集・視覚効果賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
地球軌道上のスペースシャトルや地上に、小隕石が衝突または落下し、ニューヨーク等が大きな被害を受ける。

そして、テキサス州の面積に匹敵する、巨大小惑星が地球に接近してきていることが分かり、18日後には、衝突することが判明する。

国防総省のキムジー将軍(キース・デイヴィッド)を含め、NASAの総管理官ダン・トゥルーマン(ビリー・ボブ・ソーントン)他関係者は、人類滅亡の危機を回避する対策会議を開く。

そして、小惑星の表面を掘削して、地中深く核爆弾を設置し、爆発させる方法で、惑星の軌道を変える計画を考案する。

トルーマンは、油田採掘のプロ、ハリー・S・スタンパー(ブルース・ウィリス)らをシャトルで小惑星に送り、掘削作業をさせることを考える。

ハリーの娘グレース(リヴ・タイラー)と部下のA.J.フロスト(ベン・アフレック)は密かに愛し合っていたが、ハリーはそれを認めずに、親子仲は冷え切っていた。

国家の危機に関わる用件で、強引にNASAに連れて行かれたハリーとグレースは、トルーマンとキムジー将軍に迎えられる。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
テキサス州に匹敵する小惑星が地球に衝突することが分かる。
アメリカ政府とNASAは、惑星の地中に核爆弾を仕掛け、爆破し軌道を変える計画を立てる。
その作業に選ばれた油田採掘のプロ、ハリー・S・スタンパーとそのチームは、厳しい訓練を受けて地球を飛び立つ。
二機のスペース・シャトルの内の一機は墜落し、無事着陸したハリーらの掘削作業も難航する。
九死に一生を得た墜落機のA.J.は、生存者と共に移動掘削車でハリーの元に向かう。
小惑星衝突の時間は迫り、アメリカ政府は、核爆弾のリモート爆破を実行しようとする。
しかし、ハリーはそれを阻止し、A.J.と共にプロの意地と命を懸けた掘削作業に挑む・・・。
__________

2ヶ月前に公開された、同じような内容となった「ディープ・インパクト」(1998)と比較され、またかと思い成功が危ぶまれたが、予想を遥かに上回る、全世界で約5億5400万ドルの大ヒットを記録した作品。

制作費 $140,000,000
北米興行収入 $201,573,390

第71回アカデミー賞では、歌曲、録音、音響編集、視覚効果賞にノミネートされた。

ありがちな、ご都合主義的作風はあまり気にせず、細かいことにもこだわってはいけない作品。
そんなことは製作側も承知の上で、これはアメリカ伝統の娯楽の手法だという解釈で十分。

とにかく、テーマパークのスーパー・アトラクションだと思って楽しむことをお勧めする。

小惑星発見から、爆破工作チームを編成して、シャトルで打ち上げられるまでの展開の速さと、その後のアクションシーンの連続、これでもかと言わんばかりの、スピード感溢れるマイケル・ベイの演出は、正にジェットコースター気分であり、痛快な冒険活劇を見終ったような満足感がある。

エアロスミススティーブ・タイラーの主題歌と、トレヴァー・ラビンの音楽も作品を大いに盛り上げる。

西部劇のヒーローのようなタフガイブルース・ウィリスと、その父に反発しながら逞しく生きるリヴ・タイラーの親子愛、ウィリスが犠牲になり、地球を救う美談で、ドラマは最高に盛り上がる。

その二人が、アポロ1号発射台火災事故記念碑で抱き合うシーンは、初期の宇宙計画への賛美とオマージュとして描かれている。

参考:
アポロ1号の火災事故で死亡した、宇宙飛行士ガス・グリソムは、名作「ライトスタッフ」(1983)に登場する。

更にベン・アフレックリヴ・タイラーの美しいロマンスなど、アクション以外にも見所満載だ。

アメリカ映画ならではの、ならず者集団の各キャラクター作りも抜群の面白さだ。

度々怪演を見せてくれる、曲者役者スティーヴ・ブシェミの魅力、豪傑として迫力の演技で迫るマイケル・クラーク・ダンカンの頼もしさ、ピーター・ストーメアロシア人宇宙飛行士も印象深い。
強引だが愛嬌のあるケン・キャンベル、陽気な男だが小惑星墜落で死亡するオーウェン・ウィルソン、そしてウィル・パットンが幼い息子のヒーローになる話も泣かせてくれる。

国家と採掘チームとの狭間で苦悩する、NASAの管理官ビリー・ボブ・ソーントン、爆破チームのリーダー、ウィリアム・フィクトナー国防総省の将軍キース・デイヴィッド、科学者ジェイソン・アイザック、フライト・ディレクターのクリス・エリス、心理学者ウド・キアなどが脇を固めている。

また、ナレーションはチャールトン・ヘストンが担当している。

意見:
公開当時、日本のマスコミは、松田聖子がブルース・ウィリスと共演するかのように伝え、大騒ぎしたのを覚えている人も多いと思う。
通行人に毛が生えた程度の出番、それも臭いセリフ。
これが”カメオ出演”と言えるのか?日本の大物も、色々な意味でこんなものかと、情けなくなったのは私だけではなかったはずだ。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020