4907 Movies

四月のパリ April in Paris (1952)

惹かれ合うコーラスガールと政府の役人が巻き起こす騒動と恋の行方を描く、監督デヴィッド・バトラー、主演ドリス・デイレイ・ボルジャークロード・ドーファンイヴ・ミラージョージ・ギヴォットポール・ハーヴェイ他共演のミュージカル・コメディ。

アカデミー賞 ■ ストーリー ■ 解説


ミュージカル

ドリス・デイ / Doris Day / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:デヴィッド・バトラー

製作:ウィリアム・ジェイコブス
脚本
ジャック・ローズ
メルヴィル・シェイヴルソン
撮影:ウィルフリッド・M・クライン
編集:アイリーン・モラ
音楽
ヴァーノン・デューク
リロイ・プランツ

出演
エセル・S”ダイナマイト”ジャクソン:ドリス・デイ
S・ウィンスロップ・パトナム:レイ・ボルジャー
フィリップ・フーケ:クロード・ドーファン
マーシャ・シャーマン:イヴ・ミラー
フランソワ:ジョージ・ギヴォット
ロバート・シャーマン国務次官補:ポール・ハーヴェイ
ジョシュア・スティーブンス:ハーバート・ファージョン
シンクレア・ウィルソン:ウィルソン・ミラー
ジョセフ・ウェルマー:レイモンド・ラーゲイ
トレーシー:ジョン・アルヴィン
タクシーの運転手:ジャック・ローマズ

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1952年製作 94分
公開
北米:1952年12月24日
日本:未公開


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ワシントンD.C.
国務次官補の代理秘書S・ウィンスロップ・パトナム(レイ・ボルジャー)は、財産が凍結されているフランス人の芸人フィリップ・フーケ(クロード・ドーファン)から、何度も帰国の手助けを頼まれるものの、相手にしている暇はなかった。

ウィンスロップは、パリ芸術祭の招待状を誤ってコーラスガールに送ってしまい、ニューヨークに向かうことを部下のトレイシー(ジョン・アルヴィン)に伝え、慌てて出て行く。

芸術祭には、アメリカ演劇界を代表して”エセル・バリモア”を招待するつもりだったため、ウィンスロップは焦る。

ニューヨーク
到着したウィンスロップは、記者たちから急いで来た理由を訊かれ、平静を装いながらタクシーでニッカポッカ劇場に向かう。

ブロードウェイ
ウィンスロップは、招待状を送ってしまったコーラスガールのエセル・S”ダイナマイト”ジャクソン(ドリス・デイ)を捜し、彼女がステージのショーに出演していることを知る。

...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストーリー)
ワシントンD.C.
国務次官補の代理秘書ウィンスロップは、”エセル・バリモア”に送るはずのパリ芸術祭の招待状を、コーラスガールのエセル・S”ダイナマイト”ジャクソンに送ってしまう。
焦ったウィンスロップだったが、国務次官補のシャーマンにエセルを代表に選んだことを評価され、一度は事情を話し断った彼女と共に客船でフランスに向かう。
堅物の役人ウィンスロップと行動を共にすることにウンザリしたエセルだったが、酔うと陽気になる彼と意気投合して恋に落ちるのだが・・・。
__________

サイレント時代には俳優として活躍し、監督に転向後はシャーリー・テンプル作品など多くの話題作を手掛けたデヴィッド・バトラーの監督作品。

惹かれ合うコーラスガールと政府の役人が巻き起こす騒動と恋の行方を描くミュージカル・コメディ。

前年1951年には5作品に出演し、超売れっ子となったドリス・デイの主演作であり、彼女の持ち味を活かした、溌溂とした演技とミュージカル・ナンバーが楽しめる作品。

ドリス・デイの相手役を務めるレイ・ボルジャーは、出世第一主義の堅物の役人という役柄ではあるものの、同一人物とは思えないようなダイナミックで見事なダンスや歌も披露してくれる。

主人公らに関係し物語にアクセントを加える、フランス人の芸人を愉快に演ずるクロード・ドーファン国務次官補の娘でファーストレディになることを夢見るウィンスロップ(レイ・ボルジャー)の婚約者イヴ・ミラー、その父親で、ウィンスロップの上司である国務次官補ポール・ハーヴェイ、船長に扮して主人公らの結婚式を執り行う客船の乗組員ジョージ・ギヴォット国務次官補と共にパリ芸術祭に出席するハーバート・ファージョン、ウィルソン・ミラー、レイモンド・ラーゲイ、ウィンスロップの部下ジョン・アルヴィン、タクシーの運転手ジャック・ローマズなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2022