4312 Movies

ANNIE/アニー Annie (2014)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1924年に発表された、漫画家ハロルド・グレイが創作した”Little Orphan Annie”を題材にしたミュージカルの3度目の映画化(テレビ映画を含む)。
両親との再会を願う少女アニーと市長の座を狙う大富豪との親交を描く、製作ウィル・スミスジェイダ・ピンケット=スミス、製作、監督、脚本ウィル・グラック、主演ジェイミー・フォックスクヮヴェンジャネ・ウォレスローズ・バーンキャメロン・ディアスボビー・カナヴェイルアドウェール・アキノエ=アグバエデイヴィッド・ザヤス他共演のミュージカル・コメディ。


ミュージカル

ウィル・スミス / Will Smith 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:ウィル・グラック

製作
ウィル・スミス
ジェイダ・ピンケット=スミス
ジェイ・Z
ケイレブ・ピンケット
ジェームズ・ラシター
ジェイ・ブラウン
タイロラン・スミス
ウィル・グラック
製作総指揮
アリシア・エメリッヒ
セリア・D・コスタス
原作
アニー
トーマス・ミーハン
チャールズ・ストラウス
マーティン・チャーニン
ハロルド・グレイLittle Orphan Annie
脚本
ウィル・グラック
アライン・ブロッシュ・マッケンナ
撮影:マイケル・グレイディ
編集:ティア・ノーラン
音楽:グレッグ・クスティン

出演
ウィリアム”ウィル”スタックス:ジェイミー・フォックス
アニー・ベネット:クヮヴェンジャネ・ウォレス
グレース・ファレル:ローズ・バーン
ミス・コリーン・ハニガン:キャメロン・ディアス
ガイ・ダンリリー:ボビー・カナヴェイル
ナッシュ:アドウェール・アキノエ=アグバエ
ルー:デイヴィッド・ザヤス
テシー・ダッチェス:ゾーイ・マーガレット・コレッティ
ミア・パトナム:ニコレット・ピエリーニ
イザベラ・サリヴァン:エデン・ダンカン=スミス
ペッパー:アマンダ・トロヤ
検査官:マイク・バービグリア
偽の父親:ドリアン・ミシック
偽の母親:トレイシー・トムズ
コヴァチェヴィク:ステファニー・カーツバ
ハロルド・グレイ:ピーター・ヴァン・ワグナー
ドマーニのウエイター:レイ・イアニチェリ
赤毛のアニー:タイラー・リチャードソン
オーディションの父親:デリック・バスキン
オーディションの母親:パーネル・ウォーカー
魚の女神サカナ:スカーレット・ベンチリー
NY1レポーター:パット・キアーナン

カメオ出演
本人:マイケル・J・フォックス
フォーカス・グループの女性:パトリシア・クラークソン
アンドレア・アルヴィン:ミラ・クニス
本人:シルパ・シェティ
動物ボランティア:シーア
バーの男性:ボビー・モイニハン
サイモン・グッドスピード:アシュトン・カッチャー
月の女神:リアーナ
ストリート・ダンサー:フィル・ロード&クリス・ミラー

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ
2014年製作 118分
公開
北米:2014年12月19日
日本:2015年1月24日
製作費 $65,000,000
北米興行収入 $85,911,260
世界 $133,821,820


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューヨークハーレム
10歳の孤児アニー・ベネット(クヮヴェンジャネ・ウォレス)は、学校が終わると同時にある場所に向かおうとする。

途中、携帯電話会社大手”スタックス・モバイル”のCEOウィリアム”ウィル”スタックス(ジェイミー・フォックス)が開くイベントの人だかりを気にしながら、アニーは両親が迎えに来ると信じているレストラン”ドマーニ”に着く。

毎週その場に来ているアニーは、いつものように優しいウエイター(レイ・イアニチェリ)に話しかけて、通りの向かいの路上で閉店まで待ち続ける。

市長の座を狙うスタックスは、異常な潔癖症で人との接触を嫌うものの、選挙のために仕方なく人々と人々と握手し愛想を振りまく。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「アニー」(1982)

*(簡略ストー リー)
ニューヨークハーレム
10才の孤児アニーは、アル中で意地の悪い里親コリーンの家で暮らしていたが、両親がいつか迎えに来ると信じていた。
そんなアニーは、携帯電話会社大手のCEOで市長の座を狙うウィリアム”ウィル”スタックスに、車に轢かれそうになったところを助けられる。
その件が報道されネット上でも話題になったために、スタックスの選挙アドバイザーのガイは、アニーを利用した支持率アップを考える。
スタックスのアシスタントのグレースは、その指示を受けてコリーンに会い、アニーとスタックスがランチを共にすることを企画する。
傲慢且つ潔癖症のスタックスは気が進まないものの、奔放なアニーに選挙戦のことを正直に話し、こんなことで市長になれるのなら、同居すれば大統領になれると言われてしまう。
それを更に支持率アップに利用しようとしたガイから、アニーの後見人になることを勧められたスタックスは、仕方なく彼女と同居し始めるのだが・・・。
__________

アメリカで愛される人気ミュージカルの3度目の映画化(テレビ映画を含む)で、製作にはウィル・スミスジェイダ・ピンケット=スミス夫妻が参加し、同じく製作と脚本を兼ねるウィル・グラックが監督した作品。

余りにも有名な物語なので”今更”感はあるのだが、今回は現代風にどのようにアレンジされるかが注目された。
当然、ミュージカルということで、華やかさも加わり楽しい作品には仕上がっている。

ヒットした1982年版の「アニー」は舞台が1930年代であり、苦しい時代に生きる中で、天真爛漫な少女”アニー”が周囲の人々に幸せを与えていくという内容がこの物語のキーポイントであるため、全体的な雰囲気を含めて、いまいち訴えるものに欠ける平凡な作品で終わったのは残念だ。

北米興行収入は約8600万ドル、全世界では約1億3400万ドルのまずまずのヒットとなった。

傲慢で潔癖症の実業家で大富豪でもあるが、選挙戦に利用しようとした少女との出会いで人生を見つめ直すきっかけを見つけるジェイミー・フォックス、両親に会えることを夢見る天真爛漫な少女アニーを熱演するクヮヴェンジャネ・ウォレス、主人公の有能なアシスタントであり彼との恋も芽生えるローズ・バーン、意地の悪いアニーの里親ではあるが、終盤では心を入れ替えるキャメロン・ディアス、主人公の選挙アドバイザーで、支持率アップのためにアニーを選挙戦に利用するボビー・カナヴェイル(実生活でのローズ・バーンの夫)、アニーの両親捜しに協力する主人公の運転手アドウェール・アキノエ=アグバエ、コリーン(キャメロン・ディアス)に惹かれる雑貨店の店主デイヴィッド・ザヤス、アニーと共に暮らす孤児のゾーイ・マーガレット・コレッティ、ニコレット・ピエリーニ、エデン・ダンカン=スミス、アマンダ・トロヤ、福祉検査官のマイク・バービグリア、偽の両親ドリアン・ミシックトレイシー・トムズ、州庁舎の受付係ステファニー・カーツバ、現職の市長ピーター・ヴァン・ワグナー、レストラン”ドマーニ”のウエイター、レイ・イアニチェリ、アニーのクラスメイトのタイラー・リチャードソン、オーディションを受ける両親デリック・バスキンとパーネル・ウォーカー、ケーブルテレビ”NY1”のレポーター役で本人のパット・キアーナンなどが共演している。

カメオ出演
マイケル・J・フォックス
パトリシア・クラークソン
ミラ・クニス
シルパ・シェティ
シーア
ボビー・モイニハン
アシュトン・カッチャー
リアーナ
フィル・ロード&クリス・ミラー


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020