4234 Movies

汚れた顔の天使 Angels with Dirty Faces (1938)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

悪と神の道を別々に歩んだ友人同士の絆を描く、監督マイケル・カーティス、主演ジェームズ・キャグニーパット・オブライエンハンフリー・ボガートアン・シェリダンジョージ・バンクロフト他共演の犯罪ドラマ。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

ハンフリー・ボガート / Humphrey Bogart / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:マイケル・カーティス

製作:サミュエル・ビショフ
原作:”Angels with Dirty Faces by”ローランド・ブラウン
脚本
ジョン・ウェクスリー
ウォーレン・ダフ
撮影:ソル・ポリト
編集:オーウェン・マークス
音楽:マックス・スタイナー

出演
ウィリアム”ロッキー”サリヴァン:ジェームズ・キャグニー
ジェリー・コノリー神父:パット・オブライエン
ジム・フレイジャー:ハンフリー・ボガート
ローリー・マーティン:アン・シェリダン
マック・キーファー:ジョージ・バンクロフト
ソーピー:ビリー・ハロップデッドエンド・キッズ
スウィング:ボビー・ジョーダンデッドエンド・キッズ
ビム:レオ・ゴーシーデッドエンド・キッズ
ペイスティ:ガブリエル・デルデッドエンド・キッズ
クラブ:ハンツ・ホールデッドエンド・キッズ
ハンキー:バーナード・パンズリーデッドエンド・キッズ
マクマン巡査:エモリー・パーネル
ブラッキー:エイドリアン・モリス

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1938年製作 97分
公開
北米:1938年11月26日
日本:1939年11月16日


アカデミー賞
第11回アカデミー賞

・ノミネート
監督
主演男優(ジェームズ・キャグニー
原案賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1920年。
少年ウィリアム”ロッキー”サリヴァンは、不良仲間で親友のジェリー・コノリーと共に、クラスメイトのローリー・マーティンをからかう。

気の強いローリーは、その場を去るロッキーに必ず仕返しすると伝える。

その後、貨物列車から万年筆を盗んだロッキーとジェリーは、警官に見つかり逃亡する。

ジェリーは逃げられるものの捕まったロッキーは、少年鑑別所に入れられる。

面会に来たジェリーは、ロッキーのことを心配して自首しようとするものの、自分より早く走れただけなので気にすることはない、今後はヘマをするなと言われただけだった。

その後も悪事を繰り返し、刑期を務めたロッキーは成長する。

犯罪を犯すロッキー(ジェームズ・キャグニー)は裏社会の顔となり、爆破強盗での服役中には、仲間の弁護士ジム・フレージャー(ハンフリー・ボガート)に10万ドルのことは任せる。

釈放されたロッキーは街に戻って教会に向かい、神父になったジェリー(パット・オブライエン)と15年ぶりに再会する。

昔を懐かしく思い話をしたロッキーは、子供の不良化問題を考えるジェリーから、下宿を紹介される。

部屋に案内してくれた女性(アン・シェリダン)から、見覚えがあると言われたロッキーは、ジェリーの紹介だと伝える。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
少年時代から悪事を繰り返し長い刑期を過ごしたウィリアム”ロッキー”サリヴァンは、かつて不良仲間だった幼馴染で神父になったジェリーと再会する。
少年の不良化問題を考えるジェリーは、自分が面倒を見るソーピーら不良少年の教育に、ロッキーが手を貸してくれることを嬉しく思う。
弁護士のフレイジャーに10万ドルを預けたあったロッキーは、彼に会ってそれを要求し、ギャングの大物キーファーを紹介される。
ビジネスを拡大していたフレイジャーは、邪魔者となったロッキーを始末しようと考えるのだが・・・。
__________

犯罪者と神の道を別々に歩んだ、友人同士の絆を描く犯罪ドラマ。

単なる悪党が成り上がる物語ではなく、富を握る犯罪者を崇拝する少年たちに正しい道を歩ませようと考え困難に立ち向かう神父と、悪事の限りを尽くす人生を送る幼馴染との友情と絆を描く深い内容に仕上がっている。

裏社会のすべてを知り尽くす雰囲気の主人公のジェームズ・キャグニーが、かつての自分たちを思い出し面倒を見る少年たちとの絡みが実に興味深く描かれている。
少年たちを演ずるのは、ニューヨーク出身の若手俳優グループ”デッドエンド・キッズ”であり、生き生きとした演技が印象に残る。

上記のように、社会問題をテーマにした重厚な内容に加え、マイケル・カーティスのシャープな演出は冴え渡り、強烈な個性でスクリーンを占領する、主人公を演ずるジェームズ・キャグニーの魅力を満喫できる、見応えある作品。

ジェームズ・キャグニーとは同い年であり共演作も多い、私生活でも親友同士のパット・オブライエンは、誰よりも主人公を知る幼馴染として、少年の不良化問題に取り組む実直な紳士を見事に演じている。

第11回アカデミー賞では、監督、主演男優(ジェームズ・キャグニー)、原案賞にノミネートされた。

今後、ハリウッドを代表する大スターとなるハンフリー・ボガートが、主人公を騙す弁護士として登場し、それなりにインパクトはあるが、本作では、流石の彼もジェームズ・キャグニーの個性に圧倒され、単なる”共演者”にしか見えないところも注目だ。

子供時代には反発し合うものの、主人公と愛し合うようになるアン・シェリダン、ギャングの大物ジョージ・バンクロフト、主人公が面倒を見る不良少年グループのビリー・ハロップボビー・ジョーダンレオ・ゴーシー、、ガブリエル・デルハンツ・ホールバーナード・パンズリー(以上”デッドエンド・キッズ”)、巡査のエモリー・パーネル、主人公の命を狙う殺し屋エイドリアン・モリスなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020