That's Movie Talk!     4071 Movies

拳銃無宿 Angel and the Badman (1947) 3.75/5 (36)

  •  
  • 11
  • 5
  •  

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

その名を恐れられたガンマンがクエーカー教徒の一家に命を救われたことをきっかけにして銃を捨てる人生を選ぶまでを描く、監督、脚本ジェームズ・エドワード・グラント、製作、主演ジョン・ウェインゲイル・ラッセルハリー・ケリーブルース・キャボット他共演の西部劇。


西部劇

ジョン・ウェイン / John Wayne 作品一覧
ジョン・ウェイン / John Wayne/Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ジェームズ・エドワード・グラント
製作:ジョン・ウェイン
脚本:ジェームズ・エドワード・グラント
撮影:アーチー・J・スタウト
編集:ハリー・ケラー
音楽:リチャード・ヘイグマン

出演
クワート・エヴァス:ジョン・ウェイン
ペネロープ・ワース:ゲイル・ラッセル
ウィストフル・マクリントック連邦保安官:ハリー・ケリー
ラレド・スティーヴンス:ブルース・キャボット
ワース夫人:アイリーン・リッチ
ランディ・マッコール:リー・ディクソン
マングラム医師:トム・パワーズ
フレデリック・カーソン:ポール・ハースト
ブラッドリー:オーリン・ハウランド
トーマス・ワース:ジョン・ハロラン
ジョニー・ワース:スティーヴン・グラント
ライラ・ニール:ジョーン・バートン
ワード・ウィザーズ:クレイグ・ウッズ
ネルソン:マーシャル・リード
マウス・マー:ポール・フィックス
町の住人:ハンク・ウォーデン
ホンドー・ジェフリーズ:ルイ・ファウスト
ダンスホールの女主人:シモーナ・ボニフェイス

アメリカ 映画
配給 リパブリック・ピクチャーズ
1947年製作 100分
公開
北米:1947年2月15日
日本:1949年9月6日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ガンマンとして恐れられるクワート・エヴァス(ジョン・ウェイン)は、相手を銃撃して逃げる。

娘のペネロープ(ゲイル・ラッセル)と共に馬車で出掛けようとしていたクエーカー教徒の農夫トーマス・ワース(ジョン・ハロラン)は、落馬したクワートを助けようとする。

トーマスに銃を向けて馬を返せと伝えたクワートは、馬は限界であり、怪我をしているので家まで送ると言われる。

先に電報を打ちたいとトーマスに伝えたクワートは、馬車を近づけたペネロープと目を合わせる。

三人で町に向かったクワートは、電報局のブラッドリー(オーリン・ハウランド)から、終りだと言われて断られるものの、それを無視して電文をペネロープに代筆してもらう。
・・・全てを見る


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ガンマンとして恐れられるクワート・エヴァスは、銃弾を受けたまま逃走して倒れ、クエーカー教徒の農夫トーマスに救われる。
クワートに惹かれたトーマスの娘ペネロープは、回復した彼が旅立つのを引き留めて、互いの愛を確かめる。
手に入れた土地のことで揉めている悪党のラレドに追われていたクワートは、その件を一応は解決させる。
その後クワートは、ペネロープとの生活を選ぶには銃を捨てる必要があるために苦悩する・・・。
_________

ハリウッドのスタートして絶頂期を迎えようとしていたジョン・ウェインが自ら製作して主演し、短編作家及び脚本家として活躍するジェームズ・エドワード・グラントが脚本を兼ねて監督した作品。

誰もが恐れるガンマンとして登場するジョン・ウェインは、命を助けられたクエーカー教徒との親交もあり、冒頭で発砲する以外は、拳銃を手にしても引き金は引かないという珍しい内容の西部劇。

そのため銃撃戦の場面などはほとんどないが、ロマンスの他、迫力満点の酒場の格闘や牛の暴走などはスケール感があり、娯楽作品として十分に楽しめる作品に仕上がっている。

西部劇ファンにはお馴染みの、リチャード・ヘイグマンの音楽も印象的だ。

個人的には、本作公開の7か月後に他界したハリー・ケリーの雰囲気ある演技に注目したい。
ジョン・フォードが、恩人ハリー・ケリーの死を悼んで偲び、翌年に製作した作品が「三人の名付親」(1948)である。
作品の冒頭、ジョン・フォードハリー・ケリーに捧げる言葉が表記され、彼のシルエットが登場する。
”To Harry Carey, Bright Star Of The Early Western Sky.”
(初期の西部劇の空に輝く星、ハリー・ケリーに捧ぐ。)

主演のジョン・ウェインは撮影当時40歳を手前であるが、既に貫禄十分で、その存在感は周囲を圧倒している。
製作も兼ねているので、やりたい放題的ではあるが、それがまた彼のイメージとも言える。

悪党である主人公と愛し合うようになり、クエーカー教徒であるために苦悩する女性を好演するゲイル・ラッセル、主人公を監視する連邦保安官ハリー・ケリー、主人公と敵対する悪党役である、ジョン・ウェインの盟友ブルース・キャボット、ヒロインの母親アイリーン・リッチ、主人公の仲間リー・ディクソン、主人公とヒロインを治療する医師のトム・パワーズ、水源を独り占めにしていたが、主人公とクエーカー教徒一家との出会いで改心する牧場主ポール・ハースト、主人公と友人であるかのように他人に語る電報局の局員オーリン・ハウランド、ヒロインの父親ジョン・ハロラン、その息子スティーヴン・グラント、主人公の愛人である酒場の歌手ジョーン・バートン、ヒロインに惹かれる蹄鉄士のマーシャル・リード、牛の群れの持ち主?(出演シーンはカット?)、ジョン・ウェイン作品の常連である盟友のポール・フィックス、町の住人ハンク・ウォーデン、ダンスホールの女主人シモーナ・ボニフェイス、他クレイグ・ウッズなどが共演している。


That's Movie Talk! © 2019 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up