4256 Movies

アメリカン・スウィートハート America’s Sweethearts (2001)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ハリウッドの大物スター・カップルの離婚の危機が新作の発表に影響するが、何とか成功させようとするプレス・ジャンケットの会場で起きる騒動とロマンスを描く、製作、脚本、出演ビリー・クリスタル、監督ジョー・ロス、主演ジュリア・ロバーツキャサリン・ゼタ=ジョーンズジョン・キューザックスタンリー・トゥッチクリストファー・ウォーケン他共演のロマンチック・コメディ。


ロマンチック・コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:ジョー・ロス
製作総指揮
チャールズ・ニューワース

ピーター・トラン
製作
スーザン・アーノルド

ビリー・クリスタル
ドナ・ロス
脚本
ビリー・クリスタル

ピーター・トラン
撮影:フェドン・パパマイケル
編集:スティーヴン・A・ロッター
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード

出演
キャスリーン”キキ”ハリソン:ジュリア・ロバーツ

リー・フィリップス:ビリー・クリスタル
グウェン・ハリソン:キャサリン・ゼタ=ジョーンズ
エディ・トーマス:ジョン・キューザック
ヘクター・ゴンザレス:ハンク・アザリア
デイヴ・キングマン:スタンリー・トゥッチ
ハル・ワイドマン:クリストファー・ウォーケン
セラピスト:アラン・アーキン
本人:ラリー・キング
ダニー・ワックス:セス・グリーン
デイヴィス:スコット・ツェラー
リムジンの運転手:スティーヴ・ピンク
デイヴ・オハンロン:レイン・ウィルソン
ローラ・ミッシンジャー:リサ・ジョイナー
警備員:エリック・バルフォー
警備員:マーティ・ベラフスキー

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ

2001年製作 103分
公開
北米:2001年7月20日
日本:2002年3月2日
製作費 $48,000,000
北米興行収入 $93,607,670
世界 $138,191,430


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
グウェン・ハリソン(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)とエディ・トーマス(ジョン・キューザック)は、ビッグ・スター同士のカップル。

理想のカップルとして誰もが羨む二人だったが、グウェンがスペイン人俳優ヘクター・ゴンザレス(ハンク・アザリア)と浮気をしたことでトラブルとなる。

映画宣伝担当のリー・フィリップス(ビリー・クリスタル)は、二人の作品の殆どをヒットさせた立役者だったが、今回はそれに関わる気はなかった。

自分を解雇したプロデューサーのデイヴ・キングマン(スタンリー・トゥッチ)に呼ばれたリーは、グウェンとエディの新作”時を超えて”を見せられる。

オスカーを3度受賞したハル・ワイドマン(クリストファー・ウォーケン)の監督作品であるそれは、本編が始まる前に終わってしまう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
大物スターで理想のカップルと言われたグウェンとエディだったが、彼女のスペイン人俳優ヘクターとの浮気が発覚し別居したため、大きなイメージダウンとなる。
プロデューサーのキングマンは、二人の新作の監督ワイドマンが、本編をまずマスコミに見せるというので焦ってしまう。
巨費をかけた作品を、失敗させる訳に行かないキングマンは、解雇した宣伝担当のリーに泣きつき、盛大なプレス・ジャンケットで主演の二人の復縁を発表しイメージ・アップを狙う。
グウェンの妹で付き人のキキは、エディに惹かれていたものの、ジャンケットの段取りなど、二人の関係を気にしながら困惑しつつ会場入りする・・・。
__________

製作にも参加したビリー・クリスタルピーター・トランの小気味よい脚本に支えられ、ジョー・ロスの軽快な演出も楽しい作品には仕上がっている。

とは言うものの、豪華スター競演は嬉しいが、物語は単調な展開、終盤の盛り上がりも平凡な作品。

上辺だけを重視する映画界を皮肉った作品で、スターの付き人が自立していく姿を描く爽やかな内容ではあるが、ややパンチが足りない。

北米興行収入は約9400万ドル、全世界では1億3800万ドルのヒットとなった。

ジェームズ・ニュートン・ハワードらしい、優しい雰囲気の音楽が印象に残る。

主演ではあるが控えめな役柄を演ずるスターの姉を持つ付き人ジュリア・ロバーツ、彼らしい茶目っ気を生かし好演する宣伝担当ビリー・クリスタル、大物スター・カップル、キャサリン・ゼタ=ジョーンズジョン・キューザック、彼女の恋人ハンク・アザリア、プロデューサーのスタンリー・トゥッチ、映画監督のクリストファー・ウォーケン、セラピスト役のアラン・アーキン、本人役でラリー・キング、宣伝担当補佐セス・グリーン、プロデューサーの助手役スコット・ツェラー、記者レイン・ウィルソン等が共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020