4134 Movies

バリー・シール/アメリカをはめた男 American Made (2017)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

優秀なパイロットとしてCIAの秘密作戦にスカウトされながら、南米の麻薬組織とも手を組み莫大な富を手に入れたバリー・シールの生き様を描く、製作ブライアン・グレイザー、監督ダグ・リーマン、主演トム・クルーズドーナル・グリーソンサラ・ライト他共演の実録犯罪ドラマ。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

トム・クルーズ / Tom Cruise 作品一覧
トム・クルーズ / Tom Cruise / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ダグ・リーマン

製作
ブライアン・グレイザー
ブライアン・オリヴァー
タイラー・トンプソン
ダグ・デイヴィソン
キム・ロス
製作総指揮:レイ・アンジェリク
脚本:ゲイリー・スピネッリ
撮影:セザール・シャローン
編集
サー・クライン
アンドリュー・モンドシェイン
ディラン・ティチェナー
音楽:クリストフ・ベック

出演
バリー・シールトム・クルーズ
モンティ・シェイファー:ドーナル・グリーソン
ルーシー・シール:サラ・ライト
ダウニング保安官:ジェシー・プレモンス
JB:ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ
ジュディ・ダウニング:ローラ・カーク
デイナ・シボタ:ジェイマ・メイズ
ホルヘ・オチョアアレハンドロ・エッダ
ジェームズ・ランゲル:ベニート・マルティネス
クレイグ・マッコール捜査官:E・ロジャー・ミッチェル
ルイス・フィンクル:ジェド・リース
カルロス・レデル:フレディ・ヤテ・エスコバル
パブロ・エスコバルマウリシオ・メヒア
オリヴァー・ノース中佐:ロバート・ファリア
ジョージ・W・ブッシュコナー・トリニアー

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
2017年製作 115分
公開
北米:2017年9月29日
日本:2017年10月21日
製作費 $50,000,000
北米興行収入 $51,342,000
世界 $134,866,590


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1978年。
TWA”のパイロットであるバリー・シールトム・クルーズ)は、フライトが終わると、妻ルーシー(サラ・ライト)と子供が待つルイジアナバトンルージュの自宅に戻る平凡な日々を送っていた。

ホテルである男モンティ・シェイファー(ドーナル・グリーソン)から話しかけられたシールは、キューバの亡命者グループがパイロットに金を払い、現地産の禁制品を密輸させていると言われる。

白を切るシールは葉巻きだと言われ、民間空中哨戒部隊を首席で、TWAの最年少パイロットになった自分の経歴を話すシェイファーから、中米で革命を起こして新国家をつくろうとしていることを知らされる。

そのための協力を要請されたシールは、シェイファーはCIAだと考える。

シェイファーから自分専用の最速の双発機を提供されたシールは、独立航空コンサルタント社”IAC”の所有だと言われる。
・・・全てを見る

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1978年。
TWA”の優秀なパイロットであるバリー・シールは、CIAのシェイファーにその操縦の腕を買われ、ソ連が援助する中米の革命派の写真撮影を依頼される。
シェイファーを満足させる仕事をしたシールは、ホルヘ・オチョアパブロ・エスコバルコロンビアの麻薬組織にコカインの密輸を依頼され、高額の報酬を受け取る。
ニカラグアを支配し中米で初めて革命に成功した左翼運動組織”サンディニスタ民族解放戦線”を倒そうとしたレーガン大統領は、議会に反対されたためにCIAに協力を求める。
シェイファーは、親米反政府組織”コントラ”を利用してサンディニスタを倒すために、武器をシールに運ばせる。
オチョアらとの関係も続けてシェイファーの指示にも従うシールは、フル回転で仕事をこなし、隠し切れないほどの報酬を受け取り、全てを手に入れるのだが・・・。
__________

パイロットとしての腕を買われてCIAの仕事をこなし、それに目を付けた”メデジン・カルテル”のホルヘ・オチョアパブロ・エスコバルらとも関係を持ちながら、その高額報酬により巨万の富を築いたバリー・シールの生き様を描く実録犯罪ドラマ。

オール・ユー・ニード・イズ・キル」(2014)に続きコンビを組んだダグ・リーマントム・クルーズに加え、ブライアン・グレイザーが製作を担当した話題作。

その組み合わせで注目された興行成績は、北米で約5100万ドル、全世界では約1億3500万ドルと、トム・クルーズ作品にしては物足りない結果に終わった。

しかし、人間味溢れる主人公のバリー・シールを演ずるトム・クルーズの熱演は見もので、勢力を拡大する南米の麻薬組織の実情や、東西冷戦下で起きる秘密作戦とアメリカ政府の思惑など、その時代の雰囲気も見事に伝える、ダグ・リーマンのユーモアを交えたキレのいい演出で、高い価を得た作品でもある。

中南米の秘密作戦を指揮して主人公に指示を出すCIAドーナル・グリーソン、主人公の妻サラ・ライト、その弟で、主人公を悩ませるケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、保安官のジェシー・プレモンス、その妻ローラ・カーク、州司法長官のジェイマ・メイズ、主人公と手を組む”メデジン・カルテル”の創設者ホルヘ・オチョアアレハンドロ・エッダカルロス・レデルのフレディ・ヤテ・エスコバル、パブロ・エスコバルマウリシオ・メヒアDEA/麻薬取締局の責任者ベニート・マルティネスFBIの銀行財務調査部捜査官のE・ロジャー・ミッチェルオリヴァー・ノース中佐のロバート・ファリア、ジョージ・W・ブッシュコナー・トリニアーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020