5163 Movies

オットーという男 A Man Called Otto (2022)

2012年に発表された、フレドリック・バックマンの小説”A Man Called Ove”を基に製作されたハンネス・ホルム監督、脚本による「幸せなひとりぼっち」(2015)のハリウッドリメイク。
嫌われ者の老人が引っ越してきた家族との触れ合いで人生を見つめ直す姿を描く、監督マーク・フォースター、製作、主演トム・ハンクスマリアナ・トレヴィーニョレイチェル・ケラーマヌエル・ガルシア=ルルフォ他共演のヒューマン・ドラマ。

アカデミー賞 ■ ストーリー ■ 解説


ドラマ(ヒューマン)

トム・ハンクス / Tom Hanks 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:マーク・フォースター
製作
フレドリク・ヴィークストレム・ニカストロ
リタ・ウィルソン
トム・ハンクス
ゲイリー・ゴーツマン
原作
フレドリック・バックマンA Man Called Ove”(小説)
ハンネス・ホルム幸せなひとりぼっち”(映画)
脚本:デヴィッド・マギー
撮影:マティアス・クーニクスヴィーザー
編集:マット・チェシー
音楽:トーマス・ニューマン

出演
オットー・アンダーソン:トム・ハンクス
オットー・アンダーソン(若年期):トルーマン・ハンクス
マリソル:マリアナ・トレヴィーニョ
ソーニャ:レイチェル・ケラー
トミー:マヌエル・ガルシア=ルルフォ
ダイ&メリカの不動産エージェント:マイク・バービグリア
ジミー:キャメロン・ブリットン
マルコム:マック・ベイダ
アニータ:ファニータ・ジェニングス
ルーベン:ピーター・ローソン・ジョーンズ
シャリ・ケンジー:ケリー・ラマー・ウィルソン

アメリカ 映画
配給 Sony Pictures Releasing
2022年製作 126分
公開
北米:2022年12月29日
日本:2023年3月10日
製作費 $50,000,000
北米興行収入 $64,267,660
世界 $113,117,060


ストーリー
ペンシルベニア州、ピッツバーグ郊外。
オットー・アンダーソン(トム・ハンクス)は、半年前に教師だった最愛の妻ソーニャに先立たれ、寂しい日々を送っていた。
皮肉屋で潔癖症のオットーは町の嫌われ者で、長年働いた製鉄所も円満退職できず、電話も解約し電気なども止めて、ソーニャの元に行くために自殺しようとする。
首を吊ろうとしたオットーは、向かいに引っ越してきたトミー(マヌエル・ガルシア=ルルフォ)と妻マリソル(マリアナ・トレヴィーニョ)に気づく。
車をまともに止められないトミーを見ていられないオットーは、彼の代わりに駐車してやり家に戻る。
訪ねて来たトミーとマリソルに感謝されたオットーは、迷惑に思いながら対応する。
その後、結局は自殺に失敗したオットーは、ソーニャの墓に向かい、彼女のことを思い出す。
若い頃オットー(トルーマン・ハンクス)は、肥大型心筋症のために軍隊に入れず無職だった。
駅のホームで本を落としたソーニャ(レイチェル・ケラー)を見かけたオットーは、本を拾って彼女に渡し、それがきっかけで付き合い始めたのだった。
オットーは、脳卒中を患っている隣人ルーベン(ピーター・ローソン・ジョーンズ)の妻アニータ(ファニータ・ジェニングス)から、暖房器具の修理を頼まれる。
ルーベンとは仲違いしていたオットーは、貸してあるホースを返す条件で修理をする。
ガレージに向かったオットーは、ソーニャのことを想いながら、返してもらったホースを使い、車の排気ガスで自殺しようとするものの、再びマリソルに邪魔されてしまう。
トミーが怪我をしたことを知ったオットーは、マリソルと娘のアビーとルナを車に乗せて病院に向かう。
その後オットーは、不器用ながらもマリソルの家族と付き合いながら、ソーニャを想い再び自殺を試みるのだが・・・。


解説 評価 感想

フレドリック・バックマンの小説”A Man Called Ove”(2012)を基に製作されたハンネス・ホルム監督、脚本による「幸せなひとりぼっち」(2015)のハリウッドリメイク。

マーク・フォースターが監督し、製作を兼ねた主演はトム・ハンクスマリアナ・トレヴィーニョレイチェル・ケラーマヌエル・ガルシア=ルルフォなどが共演した作品。

嫌われ者の老人が、引っ越してきた家族との触れ合いで人生を見つめ直す姿を描くヒューマン・ドラマ。

最愛の妻を亡くし自らも死を望む偏屈な老人が、生きる希望をみつけるという物語はありがちな内容だが、マーク・フォースターの丁寧な演出と、主人公を演ずるトム・ハンクスの好演により、心温まる良質な作品に仕上がっている。

落ち着いた雰囲気が心地よい、トーマス・ニューマンの美しい音楽も印象に残る。

北米興行収入は約6400万ドル、全世界では約1億1300万ドルのヒットとなった。

主人公の若年期を演ずる、トム・ハンクスリタ・ウィルソンの息子トルーマン・ハンクス、主人公と親交を深める隣人マリアナ・トレヴィーニョ、その夫マヌエル・ガルシア=ルルフォ、主人公の妻レイチェル・ケラー、不動産エージェントのマイク・バービグリア、主人公の隣人キャメロン・ブリットンファニータ・ジェニングス。その夫ピーター・ローソン・ジョーンズ、主人公の妻の教え子マック・ベイダ、SNSジャーナリストのケリー・ラマー・ウィルソンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2022