4350 Movies

アルバレス・ケリー Alvarez Kelly (1966)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

南北戦争下、食料供給ための南北の軍による牛の争奪戦に巻き込まれる牧畜業者と指揮官の戦いと友情を描く、監督エドワード・ドミトリク、主演ウィリアム・ホールデンリチャード・ウィドマークパトリック・オニール他共演の戦争ドラマ。


ドラマ(戦争)


スタッフ キャスト ■
監督:エドワード・ドミトリク
製作
ソル・C・シーゲル

レイ・デヴィッド
撮影:ジョセフ・マクドナルド

編集:ハロルド・F・クレス
脚本:フランクリン・コーエン
音楽:ジョニー・グリーン

出演
アルバレス・ケリー:ウィリアム・ホールデン

トム・ロシター大佐:リチャード・ウィドマーク
リズ・ピカリング:ジャニス・ルール
アルバート・ステッドマン少佐:パトリック・オニール
チャリティ・ワーウィック:ヴィクトリア・ショウ
アンガス・ファーガスン:ロジャー・C・カーメル
ハッチャー軍曹:リチャード・ラスト
タワーズ伍長:アーサー・フランツ
パターソン伍長:ハリー・ケリーJr.

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ

1966年製作 116分
公開
北米:1966年10月
日本:1966年11月12日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1864年、南北戦争下、バージニア州。
牧畜業者であるアイルランドメキシコ人のアルバレス・ケリー(ウィリアム・ホールデン)は、北軍の食料を確保するための牛を運び終わる。

アルバート・ステッドマン少佐(パトリック・オニール)に10日遅れたことで責められたケリーは、命令変更により牛をリッチモンドの農場まで運ぶよう指示される。

同じく食料不足である、片目を失っている南軍のトム・ロシター大佐(リチャード・ウィドマーク)は、ケリーの牛を監視しながらそれを奪うことを考える。

チャリティ・ワーウィック(ヴィクトリア・ショウ)の屋敷に立ち寄ったケリーとステッドマンは、敷地内に野営することなどを許される。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1864年、南北戦争下、バージニア州。
牧畜業者であるアイルランドメキシコ人のアルバレス・ケリーは、北軍の食料を確保するための牛を運び終わる。
しかしケリーは、同じく食料不足に陥っていた南軍のロシター大佐に捕えられ、自分が運んだ牛を北軍から奪い移送させることを強要される。
報酬も得られるビジネスではあったが、ケリーは、兵士に牧童の代わりが務まるとは思えず気が進まない。
その訓練をするよう指示されたケリーは、終わりの見えない戦争や、それに従事する婚約者ロシターとの関係に疲れたリズの逃亡に手を貸す。
それを知ったロシターは激怒するが、任務を優先し、ケリーを伴い北軍の陣地に向い牛を奪う作戦を決行する・・・。
__________

南北戦争を舞台にした物語ではあるが、テーマが、食料確保のための牛の争奪戦というところが面白い。

女が絡む双方の騙し合い、いがみ合いながらも築かれる友情、迫力ある牛の大群による暴走シーン、そしてユーモアも交えた展開・・・娯楽の要素満載の内容に加え、エドワード・ドミトリクの歯切れのいい演出によりまずまず楽しめる作品。

主演のウィリアム・ホールデンは、牛飼いらしく腕っ節も強く、またダンディでもあり、彼の魅力を十分に生かした役柄で好演している。
彼は、この後、50代になり急激に老けてしまった印象がある。

エドワード・ドミトリク作品の「ワーロック」(1959)で、悪党から郡保安官補になる役の好演が記憶に残るリチャード・ウィドマークは、強引なまでの行動力もやや空回りす時もある、人間味溢れる役柄の南軍大佐を熱演している。

ロシター(リチャード・ウィドマーク)の婚約者で、主人公の手助けで土地を離れるジャニス・ルール北軍少佐パトリック・オニール南軍に協力する農場主ヴィクトリア・ショウ封鎖突破船の船長ロジャー・C・カーメル、主人公を監視する軍曹リチャード・ラスト、伍長アーサー・フランツハリー・ケリーJr.などが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020