4219 Movies

最後に恋に勝つルール A Lot Like Love (2005)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

偶然の出会いの後に不思議と再会する男女が、紆余曲折ありながら結ばれるまでを描く、主演アシュトン・カッチャーアマンダ・ピートタリン・マニング他共演、監督ナイジェル・コールによるロマンチック・コメディ。


ロマンチック・コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:ナイジェル・コール
製作
アーミアン・バーンスタイン

ケヴィン・J・メシック
リサ・ブルース
脚本:コリン・パトリック・リンチ
撮影:ジョン・デ・ボーマン
編集:スーザン・リッテンバーグ
音楽:アレックス・ワーマン

出演
オリヴァー・マーティン:アシュトン・カッチャー

エミリー・フリール:アマンダ・ピート
ミシェル:キャスリン・ハーン
ジーナ:アリ・ラーター
ジーター:カル・ペン
ブリジット:ムーン・ブラッドグッド
ベン・ミラー:ジェレミー・シスト
エレン・マーティン:タリン・マニング
グラハム・マーティン:タイロン・ジョルダーノ
ピーター:ガブリエル・マン
ダイアン・マーティン:エイミー・アキノ

アメリカ 映画
配給 タッチストーン・ピクチャーズ

2005年製作 107分
公開
北米:2005年4月22日
日本:未公開
製作費 $30,000,000
北米興行収入 $21,835,780
世界 $42,886,720


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
7年前、ロサンゼルス
ニューヨークに向うため、空港のターミナルでフライトを待っていたオリヴァー・マーティン(アシュトン・カッチャー)とエミリー・フリール(アマンダ・ピート)は、お互いを意識する。

機内で一緒になった二人は、トイレで愛し合ってしまい、ニューヨークに着き地下鉄で別れる。

その後、街角でエミリーを見かけたオリヴァーは、彼女に声をかけて、二人はどこかに行くことになる。

現われたエミリーの父親と義母に挨拶したオリヴァーだったが、彼女が嘘をついて二人を追い払う。

オリヴァーは、自分の人生計画を語るが、エミリーはその実現を否定的に捉える。

気分を害したオリヴァーは、連絡先を教えて6年後の自分の成功を確かめるよう、エミリーに伝える。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
空港で意識し合った、オリヴァー・マーティンとエミリー・フリールは、ニューヨークに向う機内のトイレで愛し合ってしまうものの、その後、あっさりと別れる。
街角で再び会った二人だったが、オリヴァーの成功の人生計画に対し、エミリーは、その実現に否定的な意見をする。
自信を見せるオリヴァーは、6年後に連絡するようにと、エミリーに実家の電話番号を教えて別れる。
3年後、恋人にフラれたエミリーは、オリヴァーを思い出して連絡して再会し楽しい時を過ごす。
しかし、オリヴァーは、ネット・ビジネスを始める目的でサンフランシスコに向ってしまう。
2年後、恋人と別れて気落ちするオリヴァーは、またしても偶然エミリーと再会して励まされるのだが、彼女も元恋人が友人と付き合っていることを知りショックを受ける。
そして、互いを励まし合い結ばれた、オリヴァーとエミリーだったが・・・。
__________

必ず結ばれるだろうと分かりつつも、なかなか進展しない二人が、どのようにして結末を迎えるのかが興味津々でストーリーは進む。

しかし、起きる出来事がありきたりで、結局はクライマックスも、主人公の結婚式であるはずがないことも予想がつき、期待が外れた平凡な作品というのが正直なところだ。

成功するパワーを感じない、優男にしか見えない主人公のアシュトン・カッチャーよりも、実際に6歳年上のヒロイン、アマンダ・ピートの方が印象的であり、ティーンエージ風から落ち着いた雰囲気の女性までを、魅力的に演じている。

ヒロインの友人キャスリン・ハーンアリ・ラーター、主人公のビジネス・パートナーのカル・ペン、主人公の恋人役ムーン・ブラッドグッド、ヒロインの婚約者ジェレミー・シスト、主人公の妹タリン・マニング、友人のタイロン・ジョルダーノ、ヒロインの元恋人ガブリエル・マン、主人公の母エイミー・アキノなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020