4311 Movies

幸せになるための5秒間 A Long Way Down (2014)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2005年に発表された、ニック・ホーンビィの小説”A Long Way Down”を基に製作された作品。
自殺するために向かったビルの屋上で出会った4人の奇妙な関係を描く、監督パスカル・ショメイユ、主演ピアース・ブロスナントニ・コレットイモージェン・プーツアーロン・ポールロザムンド・パイクサム・ニール他共演のコメディ・ドラマ。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト
監督:パスカル・ショメイユ
製作
フィノラ・ドワイヤー
アマンダ・ポージー
製作総指揮
ダリオ・ズーター
クリストフ・ダニエル
マルク・シュミットハイニー
トーステン・シューマッハー
ニック・ホーンビィ
原作:ニック・ホーンビィA Long Way Down
脚本:ジャック・ソーン
撮影:ベン・デイヴィス
編集
バーニー・ピリング
クリス・ギル
音楽:ダリオ・マリアネッリ

出演
マーティン・シャープ:ピアース・ブロスナン
モーリーン・トンプソン:トニ・コレット
ジェス・クライトン:イモージェン・プーツ
ジョン・ジュリアス”JJ”マグワイア:アーロン・ポール
ペニー:ロザムンド・パイク
クリス・クライトン:サム・ニール
キャシー・ミラー:タペンス・ミドルトン
チャズ・ジョンソン:ジョー・コール
マティ・トンプソン:ジョセフ・アルティン

イギリス/ドイツ 映画
配給
ライオンズゲート
マグノリア・ピクチャーズ
2014年製作 96分
公開
イギリス:2014年3月21日
北米:2014年7月11日
日本:未公開
製作費 $22,700,000
北米興行収入 $13,350
世界 $7,176,350


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ロンドン、ニューイヤーズ・イヴ。
元テレビ司会者のマーティン・シャープ(ピアース・ブロスナン)は、梯子を持って”フリート・タワー”に向かう。

未成年者と性交渉をしたスキャンダルで全てを失ったマーティは、屋上に向かい自殺しようとする。

そこに、難病の息子の介護をする孤独な女性モーリーン・トンプソン(トニ・コレット)が現れ、自殺の順番を待つ。

飛び降りることができないマーティンは、モーリーンに挨拶する。

マーティンに見覚えがあるモーリーンだったが、その話は今はしたくないと言われる。

そこにジェス・クライトン(イモージェン・プーツ)が現れて飛び降りようとするが、マーティンに制止される。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ロンドン、ニューイヤーズ・イヴ。
元テレビ司会者のマーティン・シャープは、未成年者との性交渉によるスキャンダルで全てを失い、”フリート・タワー”に向かい自殺しようとする。
屋上で、難病の息子の介護に疲れた孤独なモーリーンや風変わりな若い女性ジェス、ピザの配達をするミュージシャンのJJと出会ったマーティンは、自殺を思いとどまる。
そんな4人は、ジェスの提案で、バレンタインデーまで生きるという契約書を作り、それにサインして別れる。
その後も互いが気になる4人は、今回の件がマスコミに知られて騒動になったため、その対策などを考えながら奇妙な友情で結ばれるのだが・・・。
__________

自殺しようとしたビルの屋上で出会った4人が、互いを気にしながら関係を持つうちに、それぞれが生きる意味を見つける姿を描きつつ、社会への皮肉を込めたブラック・コメディ。

極限状況でたまたま出会った4人が、自殺を思いとどまったことにより、人生を見つめ直しながら友情を深め、それぞれの考えが次第に変化していく姿が、ヒューマニズムと共に愉快に描かれた作品。

人気スターによる豪華競演も注目で、個性豊かな役柄をそれぞれが好演し、その個性を生かし偏ることなくバランスよく描く、パスカル・ショメイユの小気味よい演出と人間描写が見所の作品でもある。

人気テレビ番組の司会者から、スキャンダルで全てを失い絶望するピアース・ブロスナン、難病の息子(ジョセフ・アルティン)の介護のため、人との接することもなく孤独な女性トニ・コレット、愛を求める風変わりな女性を怪演するイモージェン・プーツ、政治家であるその父親サム・ニール、何をしてもうまくいかないミュージシャンのアーロン・ポール、マーティン(ピアース・ブロスナン)と組んでいたテレビ司会者ロザムンド・パイク、4人が旅行した場所でJJ(アーロン・ポール)に近づき情報を得る記者タペンス・ミドルトン、ジェス(イモージェン・プーツ)の恋人ジョー・コールなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020