4793 Movies

アレキサンダー大王 Alexander the Great (1956)

わずか10年でインドに至るまでの大帝国を築いたマケドニアアレキサンダー大王の生涯を描く、製作、監督、脚本ロバート・ロッセン、主演リチャード・バートンフレドリックマーチクレア・ブルームダニエル・ダリューハリー・アンドリューススタンリー・ベイカーピーター・カッシングマイケル・ホーダーン他共演の歴史ドラマ。

アカデミー賞 ■ ストーリー ■ 解説


ドラマ(歴史劇)


スタッフ キャスト
監督:ロバート・ロッセン
製作:ロバート・ロッセン
脚本:ロバート・ロッセン
撮影:ロバート・クラスカー
編集:ラルフ・ケンプレン
音楽:マリオ・ナシンベーネ

出演
アレキサンダー大王リチャード・バートン
フィリッポス2世フレドリックマーチ
バルシネクレア・ブルーム
オリュンピアスダニエル・ダリュー
アリストテレスバリージョーンズ
ダレイオス3世ハリー・アンドリュース
アッタロススタンリー・ベイカー
パルメニオンナイアル・マクギニス
メムノンピーター・カッシング
デモステネスマイケル・ホーダーン
エウリュディケマリサ・デ・レザ
クレイトス・ザ・ブラックグスターヴォ・ロホ
フィロタスルベン・ロホ
パウサニアスピーター・ウィンガード
ネクテナバス:ヘルムート・ダンティン
アイスキネスウィリアムスクワイア
アンティパトロスフレデリック・フォン・レデブール
プトレマイオスヴィルジリオ・テクセイラ
ロクサネ:テレサ・デル・リオ
アルシテス:フリオ・ペーニャ
スピスルデイトホセ・ニエト
ネアルコス:カルロス・バエナ
ペルディッカスラリー・テイラー
ハルパロス:ホセ・マルコ
ヘファイスティオン:リカルド・ヴァレ
スタテイラ:カルメン・カルラ
アリスタンドロス:ヘスス・ルケ
酔った女性:ラムゼイ・エイムズ
アミティス:エレン・ロッセン
オーカス:カルロス・アセベド

アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ
1956年製作 141分
公開
北米:1956年3月28日
日本:1956年6月30日
製作費 $4,000,000


ストーリー
紀元前356年、ギリシャアテナイ
弁論家デモステネスマイケル・ホーダーン)とアイスキネスウィリアムスクワイア)は、マケドニアフィリッポス2世フレドリックマーチ)のギリシャ全土の都市への侵攻に対抗するため、戦争について語る。
その頃、オリュントス征服を指揮するフィリッポスは、王妃オリュンピアスダニエル・ダリュー)が、”神の子”を出産したことを知る。
フィリッポスは、”神”という言葉を気にしながら、王子をアレキサンダーと名付け、哲学者アリストテレスバリージョーンズ)を招き教育する。
成長したアレキサンダーリチャード・バートン)は、両親の不和を心配しながらマケドニアの首都ペラに向かい、フィリッポスの摂政となり、都市を統治する。
その後フィリッポスは、オリュンピアスの不貞を疑い離婚を考え、腹心のアッタロススタンリー・ベイカー)の姪エウリュディケマリサ・デ・レザ)を妃に迎えようとしていた。
紀元前338年、カイロネイアの戦いアテナイに勝利したフィリッポスアレキサンダーは、ペルシャとの戦いのために、人員、武器などを確保しようとする。
そしてフィリッポスは、オリュンピアスを不貞罪として離婚し、エウリュディケを王と結婚させたアッタロスは権力を握ろうとする。
オリュンピアスが追放状態になったことや、自分を庶子と見なす者がいたため、アレキサンダーフィリッポスの関係は悪化する。
オリュンピアスと親しくするアレキサンダーの友パウサニアスピーター・ウィンガード)がフィリッポスを暗殺し、アレキサンダーが彼を殺す。
王位を継いだアレキサンダーは、”コリントス同盟”が有効であると主張する。
アレキサンダーは、ギリシャの武将メムノンピーター・カッシング)が忠誠を誓わないために、妻のバルシネクレア・ブルーム)に惹かれながら彼を追放する。
そして、世界統一の理想を掲げるアレキサンダーは、アジア全域の征服のために、ペルシャに戦いを挑むのだが・・・。


解説 評価 感想

製作と脚本を兼ねてロバート・ロッセンが監督した意欲作であり、リチャード・バートン,フレドリックマーチ,クレア・ブルーム,ダニエル・ダリュー他、国際派スター豪華競演による超大作。

わずか10年でインドに至るまでの大帝国を築いた、マケドニアアレキサンダー大王の生涯を描く歴史ドラマ。

ロバート・ロッセンの考えでは、インターミッションを入れた3時間以上の長編だったのだが、141分に短縮されたことを非常に不満に思ったと言われている。

チャールトン・ヘストンが主演する可能性があったものの断られ、主演はリチャード・バートンに決まった。
撮影当時29歳にも拘らず、容姿が老けているということでリチャード・バートンの評判は良くなかった。
晩年(32歳没)の実年齢に近いシーンもやや違和感があり、前半で10代を演じなくてはならないのはやや酷という感じだ。

シネマスコープとテクニカラーの映像は注目なのだが、古代の都市を映し出す特撮などは貧弱で、戦いのシーンも迫力に欠ける。

主演のリチャード・バートンアレキサンダー大王を熱演しているものの、上記のようにややミスキャスト気味で、金髪も似合わない。

こちらもメイクのために彼らしさを感じないフィリッポス2世フレドリックマーチ、ギリシャの武将メムノンピーター・カッシング)の妻で、アレキサンダーに惹かれるバルシネクレア・ブルーム、王妃オリュンピアスダニエル・ダリュー、哲学者アリストテレスバリージョーンズペルシャ最後の王ダレイオス3世ハリー・アンドリュースマケドニアの貴族でフィリッポス2世の側近アッタロススタンリー・ベイカー、その姪でフィリッポス2世と結婚するエウリュディケマリサ・デ・レザフィリッポス2世アレキサンダーに仕える武将パルメニオンナイアル・マクギニス、その息子フィロタスルベン・ロホギリシャの弁論家デモステネスマイケル・ホーダーンアイスキネスウィリアムスクワイアアレキサンダーの友人でありながら、祝宴で争い彼に槍で殺されるクレイトス・ザ・ブラックグスターヴォ・ロホフィリッポス2世の護衛官パウサニアスピーター・ウィンガードフィリッポス2世アレキサンダーに仕える武将アンティパトロスフレデリック・フォン・レデブールアレキサンダーに仕えた後のエジプトファラオプトレマイオスヴィルジリオ・テクセイラダレイオス3世の娘でアレキサンダーの妻となるロクサネのテレサ・デル・リオ、ペルシャの太守アルシテスのフリオ・ペーニャ、同じく王に仕えるスピスルデイトホセ・ニエトアレキサンダーに仕えた武将ネアルコスのカルロス・バエナ、同じくペルディッカスラリー・テイラーハルパロスのホセ・マルコ、ヘファイスティオンのリカルド・ヴァレ、アレキサンダーの妃の一人スタテイラのカルメン・カルラ、アレキサンダーの予言者アリスタンドロスのヘスス・ルケ、ペルシャの王女アミティスのエレン・ロッセン他、ヘルムート・ダンティンラムゼイ・エイムズなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2022