4237 Movies

アフターライフ After.Life (2010)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

自分の命は絶たれてしまったのか・・・?
生と死の狭間で、死人の魂と話が出来る男の世界に入り込んでしまった女性の恐怖を描く、監督、脚本アグニェシュカ・ヴォイトヴィッチ=ヴォスルー、主演クリスティーナ・リッチジャスティン・ロングリーアム・ニーソン他共演のスリラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト ■
監督:アグニェシュカ・ヴォイトヴィッチ=ヴォスルー
製作
ウィリアム・パーキンス
ブラッド・マイケル=ギルバート
脚本
アグニェシュカ・ヴォイトヴィッチ=ヴォスルー

ポール・ヴォスルー
撮影:アナスタス・N・ミコス

編集:ニヴン・ハウイー
音楽:ポール・ハスリンジャー

出演
アンナ・テイラー:クリスティーナ・リッチ

ポール・コールマン:ジャスティン・ロング
エリオット・ディーコン:リーアム・ニーソン
ジャック:チャンドラー・カンタベリー
ベアトリス・テイラー:セリア・ウェストン
トム・ピーターセン:ジョッシュ・チャールズ
ハットン夫人:アリス・ドラモンド

アメリカ 映画
配給 Anchor Bay Entertainment

2009年製作 103分
公開
北米:2010年4月9日
日本:未公開
製作費 $4,500,000
北米興行収入 $108,600
世界 $2,002,620


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
小学校教師のアンナ・テイラー(クリスティーナ・リッチ)は、恋人で弁護士のポール・コールマン(ジャスティン・ロング)の愛に応えられないでいた。

アンナは、学校でいじめられ、いつも孤独な雰囲気の少年ジャック(チャンドラー・カンタベリー)のことが気にかかる。

髪の毛を染めて、知人のハットン氏の葬儀に出席したアンナは、夫人(アリス・ドラモンド)に声をかける。

その後、故人が口を開けたように思えたアンナは、葬儀社のエリオット・ディーコン(リーアム・ニーソン)に、微笑みかけられる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
小学校の教師アンナ・テイラーは、弁護士の恋人ポールの愛に応えられないでいた。
食事をした二人だったが、転勤を機に、結婚を決意したことを伝えようとしたポールは勘違いされ、別れ話だと思ったアンナは席を外し車で走り去る。
その後、事故を起したアンナはディーコンの葬儀社に運ばれる。
しかし、目覚めたアンナは、ディーコンに自分が死んでいないことを伝える。
死人の魂と話せるディーコンは、アンナの話を聞き入れずに、彼女に死亡証明書を見せて葬儀のための処置を始める。
アンナは、自分の死を受け入れられず、何とかしてその場から逃げようとするが、ポールも彼女のことを感じとっていた・・・。
__________

拡大公開もされない小作であり、日本では劇場未公開に終わった作品。

結局のところ、死んだはずの主人公は生きていたのか・・・?
現実か幻か、主人公や葬儀屋の、生気を感じられない表情などが印象的だ。

主演のクリスティーナ・リッチは、全編を通し殆どが全裸という体当たりの演技で、実力派スターのリーアム・ニーソンが、異様な雰囲気で、”異次元”の葬儀屋を、思わせ振りに演ずるのも注目だ。

死の淵をさ迷いながらも、恋人に対する愛情表現を後悔し、ラストでは、二人がその愛を掴む物語なのかと思いきや、全ての主導権を握る葬儀屋は”助手”を育て、自分の仕事を手際よくこなしながら終わるというラストも怖い。

恋人の生存を信じながら、それを感じとり苦悩する青年弁護士ジャスティン・ロング、死人と話せる才能を持つ少年チャンドラー・カンタベリー、主人公の母親セリア・ウェストン、警官ジョッシュ・チャールズ、冒頭の未亡人アリス・ドラモンドなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020