4504 Movies

僕のワンダフル・ジャーニー A Dog’s Journey (2019)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2012年に発表された、W・ブルース・キャメロンの小説”A Dog’s Journey”を基に製作された作品であり、2017年に公開された「僕のワンダフル・ライフ」の続編。
生まれ変わる犬が家族に幸せをもたらすために奮闘する姿を描く、製作ラッセ・ハルストレム監督ゲイル・マンキューソ、出演ジョシュ・ギャッド(声)、デニス・クエイドマーグ・ヘルゲンバーガーベティ・ギルピンキャスリン・プレスコットアビー・ライダー・フォートソン他共演のコメディ・ドラマ。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト
監督:ゲイル・マンキューソ

製作:ギャヴィン・ポローン
製作総指揮
セス・ウィリアム・マイヤー
ラッセ・ハルストレム
ファン・ルーユアン
チャン・ウェイ
原作:W・ブルース・キャメロンA Dog’s Journey
脚本
W・ブルース・キャメロン
キャスリン・ミション
マヤ・フォーブス
ウォレス・ウォロダースキー
撮影:ローヒエ・ストファース
編集:ロバート・コマツ
音楽:マーク・アイシャム

出演
ベイリー/モリー/ビッグ・ドッグ/マックスの声:ジョシュ・ギャッド
イーサン・モンゴメリー:デニス・クエイド
ハンナ・モンゴメリー:マーグ・ヘルゲンバーガー
グロリア・ミッチェル:ベティ・ギルピン
クラリティ・ジューン”CJ”ミッチェル:キャスリン・プレスコット
クラリティ・ジューン”CJ”ミッチェル(少女期):アビー・ライダー・フォートソン
クラリティ・ジューン”CJ”ミッチェル(幼少期):エマ・ヴォルク
トレント:ヘンリー・ロウ
トレント(少年期):イアン・チェン
シェーン:ジェイク・マンリー
ヘンリー・モンゴメリー:ジョニー・ガレッキ
リースル:ダニエラ・バルボサ
ビッグ・ジョー:コンラッド・コーツ
バリー:ケヴィン・クレイドン

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
2019年製作 109分
公開
北米:2019年5月17日
日本:2019年9月13日
製作費 $16,000,000
北米興行収入 $22,782,370
世界 $75,670,830


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ミシガン州。
高齢の”セント・バーナード”ベイリー(ジョシュ・ギャッド)は、飼い主イーサン・モンゴメリー(デニス・クエイド)と妻ハンナ(マーグ・ヘルゲンバーガー)、亡くなった息子ヘンリー(ジョニー・ガレッキ)の妻グロリア・ミッチェル(ベティ・ギルピン)、その2歳の娘クラリティ・ジューン”CJ”(エマ・ヴォルク)と共に暮らしていた。

ベイリーはイーサンと共に、未だにつぶれたフットボールで遊ぶ。

グロリアはベイリーを嫌い、まともにCJの世話もせず、それを不満に思うイーサンとの関係も悪化する。

ハンナは、CJを妊娠中にヘンリーを亡くしたグロリアの気持ちを一応、理解し、納得できないイーサンだったが、暫くは様子を見守るしかなかった。

そんなイーサンは、ベイリーに大きなしこりがあることに気づき、獣医の診断を受ける。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「僕のワンダフル・ライフ」(2017)
・「僕のワンダフル・ジャーニー」(2019)

*(簡略ストー リー)
ミシガン州。
高齢の”セント・バーナード”ベイリーは、愛犬の生まれ変わりを信じる飼い主イーサンの家族と暮らしていた。
亡くなったイーサンの息子ヘンリーの妻グロリアはベイリーを嫌い、2歳の娘CJの世話もろくにしなかった。
やがて、イーサンと妻ヘレンと意見が合わないグロリアは、CJを連れて家を出る。
その後、イーサンからCJを捜し守ってほしいと頼まれたベイリーは、息を引き取る。
モリーという名の”ビーグル”に生まれ変わったベイリーは、11歳になったCJに出会い、イーサンとの約束を果たすために彼女を守ろうとするのだが・・・。
__________

W・ブルース・キャメロンの原作を基に、2017年に公開された「僕のワンダフル・ライフ」の続編で、同作を監督したラッセ・ハルストレムが製作に加わっている。

生まれ変わる犬が、家族の幸せのために奮闘する姿を描くコメディ・ドラマ。

興行成績はヒットした前作に比べて大幅に減ったものの、飼い主家族と愛犬の触れ合いと心温まる内容で涙を誘う物語は、あらゆる年齢層が楽しめる作品に仕上がっている。

飼い主のために奮闘する犬たちの姿、その見事な演技だけで満足できる物語は一般には受けたものの、感傷的過ぎる内容は、前作に続き、批評家から好評価を得ることができなかった。

今回も3度生まれ変わり、飼い主の孫娘の幸せのために奮闘する”ボス・ドッグ/ベイリー”の声を担当するジョシュ・ギャッド、その飼い主である農夫のデニス・クエイド、その妻マーグ・ヘルゲンバーガー、二人の亡くなった息子(ジョニー・ガレッキ)の妻ベティ・ギルピン、その娘で、主人公のベイリーが必死に守ろうとするキャスリン・プレスコット、その少女期アビー・ライダー・フォートソン、その幼少期エマ・ヴォルク、その友人ヘンリー・ロウ、その少年期イアン・チェン、CJ(キャスリン・プレスコット)に迫り危害を加える青年ジェイク・マンリー、トレント(ヘンリー・ロウ)の恋人ダニエラ・バルボサ、ビッグ・ドッグの飼い主コンラッド・コーツ、CJの恋人ケヴィン・クレイドンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021