4292 Movies

コーラスライン A Chorus Line (1985)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1975年のオフ・ブロードウェイの初演から始まり、現在でも各地で公演されている大ヒットミュージカルを基に映画化された作品。
ブロードウェイ・ミュージカルの新しいショーのコーラスのオーディションを描く、監督リチャード・アッテンボロー、主演マイケル・ダグラスアリソン・リードテレンス・マン他共演のミュージカル・ドラマ。


ドラマ(ミュージカル)


スタッフ キャスト ■
監督:リチャード・アッテンボロー
製作総指揮:ゴードン・スタルバーグ
製作
サイ・フューアー

アーネスト・H・マーティン
脚本:アーノルド・シュルマン
撮影:ロニー・テイラー

編集:ジョン・ブルーム
音楽
作詞:エドワード・クレバン

作曲:マーヴィン・ハムリッシュ

出演
ザック:マイケル・ダグラス
キャシー:アリソン・リード
ラリー:テレンス・マン
リチー・ウォルターズ:グレッグ・バージ

マーク・タボリ:マイケル・ブレヴィンス
ダイアナ・モラレス:ヤミール・ボージェス
ポール・サンマルコ:キャメロン・イングリッシュ
アル・デルーカ:トニー・フィールズ
クリスティン・アーリック:ニコール・フォッシー
シーラ・ブライアント:ヴィッキー・フレデリック
コニー・ウォン:ジャン・ガン・ボイド
ビビ・ベンソン:ミシェル・ジョンストン

ジュディ・モンロー:ジャネット・ジョーンズ
マギー・ウィンスロー:パム・クリンガー
ヴァル・クラーク:オードリー・ランダース
マイク・キャス:チャールズ・マクゴアン
グレッグ・ガードナー:ジャスティン・ロス
ドン・カー:ブレイン・サヴェージ
ボビー・ミルズ:マット・ウエスト

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ
1985年製作 117分
公開
北米:1985年12月13日
日本:1985年12月21日
製作費 $27,000,000
北米興行収入 $14,202,900


アカデミー賞 ■
第58回アカデミー賞
・ノミネート
編集・録音・歌曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ブロードウェイのミュージカル・ディレクター、ザック(マイケル・ダグラス)は、新しいショーに向けて、数百人の応募者の中からコーラスを選ぼうとしていた。

オーディション参加者達は、暴君のようなザックの視線に怯えながら踊り続ける。

そんな時、ザックの元恋人でダンサーのキャシー(アリソン・リード)が、会場に彼を訪ねてくる。

キャッシーは、女優になるためハリウッドに行ったのだが、挫折してニューヨークに戻ってきたのだった。

男女8人ずつ16人が残り、ザックのアシスタント兼振付師ラリー(テレンス・マン)に、履歴書を渡して次の選考に入る。

その時、キャッシーがオーディション参加をザックに希望する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ブロードウェイ
ミュージカル・ディレクターのザックは、新しいショーに向けて、数百人の応募者の中から、コーラスを選ぼうとしていた。
そんな中、ハリウッドで女優になる夢が破れた、ザックの元恋人でダンサーのキャシーが現れる。
男女8人ずつの16人が残り、次の選考に進むのだが、キャシーがオーディション参加を申し出る。
しかしザックは、主演ダンサーだったキャシーに、コーラスは無理だと言い放つ・・・。
__________

新しいショーの準備をするプロデューサーと、コーラスに応募した名もないダンサー達の、オーディションの一日を描いたミュージカルだが、それぞれのダンサーの人間模様を描いたドラマとしても見応えがある。

第58回アカデミー賞では、編集、録音、歌曲賞にノミネートされた。
(曲は”Surprise, Surprise”)

タイトルの通り、ショーのメイン・キャスト達とコーラスの位置関係、その地位を象徴的に隔てるラインに立てるかどうかを競うオーディションを描いたドラマで、スターを選ぶためでなく、”その他大勢”を選考する物語であるところが興味深い。

傲慢な人気ディレクターに臆することなく、自己主張や自分をさらけ出す名もないダンサー達の逞しさ、彼ら彼女らの背後には何千、何万もの同じ境遇の人々の、夢に向かって歩んでいる姿や厳しい現実があり、それが切実に描かれている。

リチャード・アッテンボローは、殆どステージ上だけの密室状態による、抑圧された緊張感をうまく描いてはいるが、話題になった作品の割には、興行的に舞台のような成功を収めることはできなかった。

作詞エドワード・クレバン、作曲マーヴィン・ハムリッシュの、あまりにも有名なナンバーの中で、特にエンドロールの、オーディションに受かったメンバーから脱落者まで、約100名が踊る”One”は圧巻だ。

観客席の真ん中に陣取り、審査する主演のマイケル・ダグラスは、暗がりで顔が見えない場面が多く、その状況で、声だけを張り上げて、威圧感を感じさせている。

執拗に主人公に食い下がり、コーラスの役と愛を取り戻し、見事なステップを見せてくれるアリソン・リード、主人公の助手テレンス・マンなどが共演している。
カップルでオーディションを受けるクリスティン役はボブ・フォッシーの娘ニコール・フォッシーである。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020