4513 Movies

北京の55日 55 Days at Peking (1963)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

外国人とキリスト教徒の排斥を目的に蜂起した義和団との55日間にも及ぶ列強各国の篭城戦を描く、監督、出演ニコラス・レイ、主演チャールトン・ヘストンエヴァ・ガードナーデヴィッド・ニーヴンジョン・アイアランドフローラ・ロブソンレオ・ゲン他共演の歴史ドラマ。


ドラマ(歴史劇)

エヴァ・ガードナー / Ava Gardner / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ニコラス・レイ
製作:サミュエル・ブロンストン
脚本
フィリップ・ヨーダン

バーナード・ゴードン
撮影:ジャック・ヒルデヤード
編集:ロバート・ローレンス
音楽:ディミトリ・ティオムキン
作詞:ポール・フランシス・ウェブスター

出演
マット・ルイス少佐:チャールトン・ヘストン

ナターシャ・イワノフ男爵夫人:エヴァ・ガードナー
アーサー・ロバートソン卿:デヴィッド・ニーヴン
ハリー軍曹:ジョン・アイアランド
西太后フローラ・ロブソン
栄禄将軍:レオ・ゲン
デ・ビアン神父:ハリー・アンドリュース
愛新覚羅載イ/端郡王ロバート・ヘルプマン
セルゲイ・イワノフ男爵:カート・カズナー
スタインフェルド医師:ポール・ルーカス
サラ・ロバートソン:エリザベス・セラーズ
ホフマン大尉:ウォルター・ゴテル
柴五郎大佐:伊丹十三
アメリカ公使:ニコラス・レイ

アメリカ 映画
配給 アライド・アーティスト・ピクチャーズ・コーポレーション

1963年製作 141分
公開
北米:1963年5月29日
日本:1963年10月19日
製作費 $17,000,000


アカデミー賞 ■
第63回アカデミー賞
・ノミネート
作曲・歌曲賞”So Little Time”


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1900年、夏、北京
清朝中国に進出しようとする欧米他列国は、外国人居住地にひしめき合い、国民の不満が高まっていた。

山東省で蜂起した義和団を利用し、外国勢力及びキリスト教徒の追放を画策する、西太后(フローラ・ロブソン)と甥の愛新覚羅載イ/端郡王(ロバート・ヘルプマン)は、それに反論する栄禄将軍(レオ・ゲン)の意見を退ける。

その頃、アメリカ海兵隊のマット・ ルイス少佐(チャールトン・ヘストン)率いる部隊が北京に到着する。

ルイスはホテルに向かい、各国の指揮官と挨拶を交わし、パスポートが無効となり、国外退去を言い渡されたロシアの男爵未亡人ナターシャ・イワノフ(エヴァ・ガードナー)に一目で惹かれてしまう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1900年、北京
清朝中国に進出しようとする欧米他列国に対し、キリスト教徒の追放を目的として蜂起した義和団は、西太后の後押しを受け、外国人居留地に攻め込もうとしていた。
穏健派のイギリス公使ロバートソンは、到着した、アメリカ海兵隊のマット・ルイス少佐の先走る考えに対し冷静に対処する。
その地を追放されることになっていた、ロシアの男爵未亡人ナターシャと親交を深めていたルイスだったが、西太后の甥の端郡王が首謀する、義和団兵士によるドイツ公使暗殺現場を目撃してしまう。
ロバートソンとルイスは、西太后にそれを伝えに行くものの、聞き入れられないばかりか、全ての外国人の退去を命ぜられる。
列強各国は、唯一国残ることを決めた、援軍が到着すると言うロバートソンの言葉を信じて従うことを決め、先の見えない篭城戦に突入するのだが・・・。
__________

清朝末期の動乱”義和団の乱”を、歴史的事実に基づき描いたスペクタクル超大作であり、国際色豊かなキャストや、激戦の様子が迫力映像で展開する。

当時としては破格の、1700万ドルの製作費をかけ、ロケ地スペインの広大な敷地に再現された北京のセットは、多少、違和感があるものの、そのスケールの大きさは圧倒的である。

列強各国の意見の相違や協力体制などの様子などを小気味よく描写する、出演も兼ねたニコラス・レイ(アメリカ公使)の、力強い演出も見応えある。

第63回アカデミー賞では、作曲と歌曲賞”So Little Time”にノミネートされた。

中国側の要人を演ずる役者に確かな演技が求められるため、フローラ・ロブソン(西太后)、レオ・ゲン(栄禄将軍)、ロバート・ヘルプマン(愛新覚羅載イ/端郡王)などの、イギリス人他の実力派がキャスティングされているところも注目だ。

このくらいの大作になると、やはりチャールトン・ヘストン、クラスの重量感は必要で、撮影当時まだ40歳手前ながら、彼の貫禄と存在感は作品に重みを加える。

同様に、美し過ぎるほどの表情を、さらに強調するため、彼女の顔面だけに光を当てる手法も使われた、妖艶な男爵夫人役のエヴァ・ガードナーと、チャールトン・ヘストンとは違った魅力で物語を牽引する、イギリス公使役デヴィッド・ニーヴンの好演も光る。

人間味のある、主人公の忠実な部下役のジョン・アイアランド、勇敢な神父ハリー・アンドリュース、ヒロインの義兄で男爵カート・カズナー、ヒロインと共に働く医師役のポール・ルーカスイギリス公使夫人エリザベス・セラーズ、連合国の軍人ウォルター・ゴテル柴五郎大佐役、伊丹十三などが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021