4130 Movies

東京上空三十秒 Thirty Seconds Over Tokyo (1944)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

日本海軍による真珠湾攻撃に対する報復作戦”ドーリットル空襲”を題材に、実際に作戦に参加した原作者であるテッド・W・ローソンの戦う姿と夫婦愛を描く、監督マーヴィン・ルロイ、脚本ダルトン・トランボ、主演ヴァン・ジョンソンロバート・ウォーカーロバート・ミッチャムスペンサー・トレイシー共演の戦争ドラマ。


ドラマ(戦争)


スタッフ キャスト ■
監督:マーヴィン・ルロイ
製作:サム・ジンバリスト
原作
テッド・W・ローソン

ロバート・コンサイダイン
脚本:ダルトン・トランボ
撮影
ハロルド・ロッソン

ロバート・サーティース
編集:フランク・サリヴァン
音楽:ハーバート・ストサート

出演
テッド・W・ローソン中尉:ヴァン・ジョンソン

デビッド・サッチャー伍長:ロバート・ウォーカー
ディーン・ダベンポート中尉:ティム・マードック
デヴィッド・M・ジョーンズ大尉:スコット・マッケイ
チャールズ・マクルア中尉:ドン・デフォー
ボブ・クレバー中尉:ハーバート・ガン/ゴードン・マクドナルド
ボブ・グレイ中尉:ロバート・ミッチャム

エレン・ローソン:フィリス・サクスター
トーマス”ドク”ホワイト中尉:スティーヴン・マクナリー
ジュリカ中尉:レオン・エイムズ
ウィリアム・ハルゼーJr.中将:モリス・アンクラム
ジェームズ・H・ドーリットル中佐:スペンサー・トレイシー

アメリカ 映画
配給 MGM

1944年製作 138分
公開
北米:1944年11月15日
日本:1957年5月21日
北米興行収入 $4,250,000


アカデミー賞 ■
第17回アカデミー賞
・受賞
特殊効果賞
・ノミネート
撮影賞(白黒)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1942年2月、太平洋戦争開戦直後、ワシントンD.C.
アメリカ陸軍航空軍”のジェームズ・H・ドーリットル中佐(スペンサー・トレイシー)は、日本海軍による真珠湾攻撃に対する報復作戦計画の準備に入る。

B25を24機用意し、パイロットを志願させる極秘任務は、ドーリットル指揮下で実行され、訓練が始まることになる。
*実際の出撃は16機。

フロリダエグリン空軍基地
B25で到着したテッド・W・ローソン中尉(ヴァン・ジョンソン)やボブ・グレイ(ロバート・ミッチャム)ら志願兵は、任務の内容も知らずに考えを巡らせる。

・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

1943年に発表された、ドラマの主人公テッド・W・ローソンの著書”Thirty Seconds Over Tokyo”と同行記者ロバート・コンサイダインの手記を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)
1942年2月、
太平洋戦争開戦直後、ワシントンD.C.
陸軍航空軍”のジェームズ・H・ドーリットル中佐は、日本海軍による真珠湾攻撃に対する報復作戦の準備を始める。
ドーリットルは、B25の編隊と志願兵テッド・W・ローソン中尉らをフロリダエグリン空軍基地に招集し、極秘任務の厳しい訓練を始める。
ローソンは、現地のホテルで妻エレンとの生活を許され、子供が生まれることも知り、彼女と喜びを分かち合う。
滑走訓練も終わり、ローソンは突然の移動命令を受けてエレンに別れを告げ、サンフランシスコの”アラメダ海軍基地”に向かう。
B25は空母ホーネットに搭載され、ドーリットルに招集されたローソンらは、攻撃目標が日本本土であり、任務が、大都市の軍事工場地帯の爆撃作戦であることを知らされる・・・。
__________

真珠湾攻撃以来劣勢を続けるアメリカ軍が、決死の報復作戦として、日本本土を初めて爆撃するあまりにも有名な”ドーリットル空襲”がベースということもあり、アメリカ陸軍航空軍海軍の全面協力による、戦時下に製作された大作でもある。

ドーリットル空襲”は、「パール・ハーバー」(2001)で詳しく描かれている。

しかし、タイトルともなっている空襲の場面などは意外なほどあっさりと描かれ、歴史的な作戦に参加した、主人公の妻への想いなどを描写する場面などの方が印象に残る、ダルトン・トランボ脚本による、マーヴィン・ルロイらしい愛のドラマとも言える作品。

前年の同じマーヴィン・ルロイ作品「キュリー夫人」(1943)にも出演した主人公テッド・W・ローソンを熱演するヴァン・ジョンソンと、その部下で、射手を愛嬌のある演技で演ずるロバート・ウォーカー、二人の若手がファースト・クレジットであり、両者を見ているだけでは、好演はしているものの、やや深みに欠ける内容でもある。

当然、大スターのスペンサー・トレイシーの作品のように宣伝されているのは間違いであり、彼は、アメリカの英雄でもあるジェームズ・H・ドーリットル(最終軍歴・空軍大将)を存在感抜群に演じてはいるが、主人公らをサポートする控えめな演技をしているところも注目だ。

初公開時は戦時中ということもあり、日本で公開されるはずもなく、1957年の日本公開時には138分の長編を、何と97分にカットして公開された。

第17回アカデミー賞では、特殊効果賞を受賞し、ロバート・サーティースハロルド・ロッソンが撮影賞(白黒)にノミネートされた。

主人公の同僚ティム・マードックドン・デフォー、ハーバート・ガン、後の空軍少将デヴィッド・M・ジョーンズ大尉役のスコット・マッケイ、かなり印象に残る主人公の友人で、まだ20代のロバート・ミッチャム、主人公の妻フィリス・サクスター、軍医スティーヴン・マクナリー、日本駐在経験のある中尉レオン・エイムズウィリアム・ハルゼーJr.中将のモリス・アンクラムなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020