4236 Movies

2001年宇宙の旅 2001: A Space Odyssey (1968)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
 5star

イギリスのSF作家アーサー・C・クラークと、スタンリー・キューブリックの共同原案を基に製作された作品。
映画製作と同時進行で同名小説も執筆され、公開当時は賛否両論あったものの、その後に高い評価を受け、映画史上に残るSF映画の傑作となった。


SF


スタッフ キャスト ■
監督:スタンリー・キューブリック

製作:スタンリー・キューブリック
原作:アーサー・C・クラーク
脚本
スタンリー・キューブリック
アーサー・C・クラーク
撮影:ジェフリー・アンスワース
編集:レイ・ラヴジョイ
美術・装置
アンソニー・マスターズ
ハリー・レンジ
音楽
リヒャルト・シュトラウス
ヨハン・シュトラウス2世
アラム・ハチャトゥリアン
リゲティ・ジェルジュ

出演
デビッド・ボーマン:キア・デュリア
フランク・プール:ゲイリー・ロックウッド
ヘイウッド・フロイド博士:ウィリアム・シルベスター
HAL 9000/声:ダグラス・レイン
アンドレイ・スミスロフ:レナード・ロシター
猿の首領/月の監視者:ダニエル・リクター
エレーナ:マーガレット・タイザック
ラルフ・ハルヴォーセン:ロバート・ビーティ
ビル・マイケルズ:ショーン・サリヴァン
プールの父:アラン・ギフォード
プールの母:アン・ギリス
エイマー:ケネス・ケンドール
月シャトル船長:エドワード・ビショップ
ミラー:ケビン・スコット

アメリカ 映画
配給 MGM
1968年製作 141分
公開
北米:1968年4月6日
日本:1968年4月11日
製作費 $10,500,000
北米興行収入 $56,954,992


アカデミー賞 ■
第41回アカデミー賞
・受賞
視覚効果賞
・ノミネート
監督・脚色・美術賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

● 人類の夜明け

太古の昔。
類人猿と草食動物が共存して暮らし、肉食動物から襲われることもある類人猿は、他の部族との縄張り争いも絶えなかった。

ある時、類人猿の部族の前に,垂直に立つ黒い石碑(モノリス)が現れる。

怯えと好奇心が入り乱れる中、類人猿達はその物体からある影響をうける。

その後、石碑に接触した一匹の類人猿が、動物の骨を武器として使うことを覚え、狩をして動物の肉を食べ始める。

そして、部族間の争いにもその骨を武器として使い、相手を倒す。
__________

時は過ぎ、人類は進化し宇宙及びに進出する。

アメリカの宇宙評議会のヘイウッド・フロイド博士(ウィリアム・シルベスター)は、月面のクレーターで発見された謎の石碑(モノリス)を極秘調査するためにに向かう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
太古の昔に出現した謎の石碑”モノリス”は、人類の進化に大きな影響を与えた。
そのモノリスが、現代の月面上で発掘され、木星に向けて強力な電波を発していることが分かる。
極秘任務を任された、コンピューター人工知能HAL9000に完全制御された探査船ディスカバリーは、船長デビッド・ボーマンと副官フランク・プールの他、科学者チームを乗せて目的地木星に向かう。
やがて、HALの異変に気づいたボーマンらはHALの機能を停止し、極秘任務を知ることになる。
その後、ボーマン以外の乗組員はHALにより命を奪われる。
そして、単独で木星に到達したボーマンは、モノリスの影響を受け、人類、生命を超越した存在に進化する・・・。
__________

鬼才という言葉だけでは言い尽くすことはできない、スタンリー・キューブリックの感性と斬新なアイデアによる、宇宙空間の状況を表現した映像は秀逸だ。

テーマとして、”輪廻転生”を単純に描いた作品でもなく、ドラマ的な展開を無視した、徹底した映像感覚と、その表現を楽しむべきものとして、画期的な作品と言える。

1984年にロイ・シャイダー(フロイド博士)の主演で、続編「2010年」が公開された。

第41回アカデミー賞では、視覚効果賞を受賞した。
・ノミネート
監督・脚色・美術賞

1991年、アメリカ議会図書館が、アメリカ国立フィルム登録簿に登録した作品。

人類が、への有人宇宙飛行(アポロ計画)を進めている段階で発表された作品であり、SFでありながら、実行中のアポロ計画の実現性を遥かに超える発想に、当時の人々は戸惑いもあったとも思える。

しかし、現在に至るまでの宇宙計画と比較してみても、その卓越したアイデアやデザインセンスは、多くの科学者やデザイナーが総力を結集しただけあり、古臭さなどを全く感じさせない、完成度が高く、ほぼ完璧な仕上がりを見せている作品でもある。

よく言われる、”人類の起源や輪廻転生”を、何んとか理解しなければという、過剰な反応事態に無理がある。

他作でもそうだが、キューブリックの美術的なセンス、つまり芸術的”映像美”の素晴らしさや、音楽の使い方を単純に楽しむべきであり、その結果、不思議と作品が理解できる。

その完璧なまでの調和が感性を刺激し、どの場面を観ても鳥肌が立つような感激となる。

全ての構図、色彩感覚、太古の世界の岩、石ころや動物の骨の配置、計算し尽くされた、細部にまでこだわるキューブリックの感性と、自らのそれが完全に一致した時、私は本作を”世紀の傑作”と断言できるようになった。

物語で、モノリスが発見されるのが1999年であり、既に人類は月面に基地を建設している設定。
地球の軌道上に浮かぶ、宇宙ステーションに向かうシャトルが、当時の世界の空、航空界のリーダー”パンアメリカン航空”だというところなども注目で、実際には、同社は1991年に破綻して名前すら残っていないことを考えると感慨深い。

また、その宇宙ステーションが建造中というところなどがたまらなくいい。

正に人類の夜明けを表現するのにこの上ない、あまりにも有名な、リヒャルト・シュトラウスの”ツァラトゥストラはかく語りき”、優雅な月旅行を体現させるのに相応しいヨハン・シュトラウス2世の”美しく青きドナウ”他、アラム・ハチャトゥリアンリゲティ・ジェルジュなどの曲の選曲も素晴らしい。

木星探査船ディスカバリーの船長で、現在の人類の代表として、その進化を体現するキア・デュリア、副官ゲイリー・ロックウッド、探査計画の責任者ウィリアム・シルベスターなどが共演し、人工知能HAL9000の声をダグラス・レインが担当している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020