4214 Movies

16ブロック 16 Blocks (2006)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

酒に溺れる中年刑事が、証人を裁判所に送ることを命ぜられたことから巻き起こる事件を描く、監督リチャード・ドナー、製作、主演ブルース・ウィリスモス・デフデヴィッド・モース他共演の犯罪サスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

ブルース・ウィリス / Bruce Willis 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:リチャード・ドナー
製作
アヴィ・ラーナー

ランドール・エメット
ジム・ヴァン・ウィック
ジョン・トンプソン
アーノルド・リフキン
ブルース・ウィリス
製作総指揮
ダニー・ディムボート

トレヴァー・ショート
ボアズ・デヴィッドソン
ジョージ・ファーラ
ハディール・レダ
アンドレアス・ティースマイヤー
ジョセフ・ローテンシュレイガー
脚本:リチャード・ウェンク
撮影:グレン・マクファーソン
編集:スティーヴ・ミルコヴィッチ
音楽:クラウス・バデルト

出演
ジャック・モーズリー:ブルース・ウィリス

エディ・バンカー:モス・デフ
フランク・ニュージェント:デヴィッド・モース
ダイアン・モーズリー:ジェナ・スターン
ダン・グルーバー:ケーシー・サンダー
ジミー・マルヴィー:シルク・コザート
ロバート・トーレス:デヴィッド・ザヤス
オルティズ:コンラッド・プラ
マクドナルド地方検事補:ブレンダ・プレスリー
マイク・シーハン:ピーター・マクロビー


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューヨーク
市警のジャック・モーズリー(ブルース・ウィリス)は、酒に溺れる中年刑事だった。

ある日モーズリーは、非番であるにも拘らず、証人エディ・バンカー(モス・デフ)を裁判所まで送るよう命ぜられる。

渋々それに応じたモーズリーだったが、彼の車を武装した集団が追う。

モーズリーは、車内で話し続けるバンカーにうんざりして、途中、車を降りて酒を買おうとする。

バンカーは、ある男に窓を開けるように言われるが銃を向けられ、次の瞬間、モーズリーが男を射殺する。

銃撃戦となり、他の男を振り切ったモーズリーは馴染みのバーに向かい身を潜める。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク
市警のジャック・モーズリー刑事は酒に溺れる毎日を送っていた。
ある日、証人のバンカーを裁判所に送る簡単な仕事を命ぜられたモーズリーだったが、二人は何者かに襲われる。
モーズリーは、現れた汚職警官ニュージェントに、バンカーを引き渡すよう言われる。
バンカーは、ニュージェントらに不利な証言をするため抹殺されそうになる。
それを阻止したモーズリーは、バンカーを連れてその場を逃れ、署から16ブロック先の裁判所に向かおうとするのだが・・・。
__________

新鮮味のない内容ではあるが、同僚から命を狙われる主人公の頭脳戦の面白みに加えて、ニューヨーク・ロケが効果を発揮し、リチャード・ドナーの軽快な演出と共に緊迫感のある映像を楽しめる。

ファンならば誰もが思であろう、「ダイ・ハード」(1988)的な展開と、人間味のある、主人公と証人のやり取りなども面白い。

リチャード・ドナーブルース・ウィリスが組んだ注目作にしては北米興行収入は約3700万ドル、全世界でも約6600万ドルに終わった。

とは言え、過去がある身で心を決めて正義感を発揮するブルース・ウィリスは、見かけはよくないもののなかなか魅力的であり、ラストもほろりとさせてくれる。

ケーキ屋を夢見るという設定であるため、その人間性がまた興味深い証人のモス・デフ、悪徳警官のリーダー、デヴィッド・モース、主人公の妹役ジェナ・スターン、警部ケーシー・サンダー、悪徳警官シルク・コザートデヴィッド・ザヤスコンラッド・プラ、地方検事補ブレンダ・プレスリー、交渉人ピーター・マクロビーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020