4213 Movies

イヤー・オブ・ザ・ドラゴン Year of the Dragon (1985)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

チャイニーズ・マフィアを壊滅させようとする刑事と若きボスとの戦いを描く、製作ディノ・デ・ラウレンティス、脚本オリバー・ストーン、監督マイケル・チミノ(脚本)、ミッキー・ロークジョン・ローン共演の犯罪ドラマ。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■
監督:マイケル・チミノ
製作:ディノ・デ・ラウレンティス
原作:ロバート・デイリー”Year of the Dragon”
脚本
オリバー・ストーン

マイケル・チミノ
撮影:アレックス・トムソン
編集:フランソワーズ・ボノー
音楽:デヴィッド・マンスフィールド

出演
スタンリー・ホワイト:ミッキー・ローク

ジョーイ・タイ:ジョン・ローン
トレイシー・ズー:アリアーヌ・コイズミ
ルイス・ブコウスキー:レイモンド・J・バリー
アンジェロ・リッツォ:レナード・テルモ
コニー・ホワイト:キャロライン・カヴァ
ハリー・ヤン:ヴィクター・ウォン
ハーバート・ウォン:デニス・ダン
ウィリアム・マッケンナ:エディ・ジョーンズ
ロニー・チャン:ジョーイ・チン

アメリカ 映画
配給 MGM

1985年製作 134分
公開
北米:1985年8月16日
日本:1986年2月8日
製作費 $24,000,000
北米興行収入 $18,707,470


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューヨークチャイナタウン
チャイニーズ・マフィアのボスが殺害され、盛大な葬儀が執り行われる。

取材するテレビ・リポーターで、中国系のトレイシー・ズー(アリアーヌ・コイズミ)だったが、質問を受けた警官は組織の存在などを否定する。

そこに現れた、ベトナム戦争の退役軍人でもある警部スタンリー・ホワイト(ミッキー・ローク)は、トレイシーに声をかけた後、同じ区域で殺害された店主の死体を確認する。

新しいボス、ハリー・ヤン(ヴィクター・ウォン)のオフィスに押し入ったホワイトは、自分が区域の担当になったことを伝える。

ホワイトは、治安を乱すクズどもを更生させろとヤン側に迫る。

伝統や仕来りを理由に、好き勝手に振舞おうとする彼ら、特に若い幹部ジョーイ・タイ(ジョン・ローン)に、アメリカ社会に合わせた行動と法律を守るようホワイトは警告する。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

1981年に発表された、ロバート・デイリーの小説”Year of the Dragon”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)
ニューヨークチャイナタウン
チャイニーズ・マフィアのボスが殺され、組織壊滅を使命と考える警部スタンリー・ホワイトは、警察との長年の取決めも存在することを承知しながら強引な捜査を続ける。
組織はヤンに引き継がれるが、指導力のなさを追求する、殺されたボスの義理の息子タイが実権を握る。
実は、ボス殺害を企てたのはタイであり、彼は協力し合っていたイタリア系マフィアとの関係を解消し、新たな麻薬ルートを築き組織拡大を考える。
ホワイトは、上司ブコウスキーの忠告を聞かずに犯罪一掃に取り組む。
その後タイは、邪魔者であるホワイトの命を狙い彼の妻を殺害する。
失意の中、脅しに屈しないホワイトは、潜入捜査官なども使い、タイの麻薬密輸計画を阻止しようとする・・・。
__________

製作ディノ・デ・ラウレンティス、監督マイケル・チミノ、彼との共同脚本がオリバー・ストーン、そして売り出し中のミッキー・ローク主演ということで大いに話題になった作品。

その話題になった要因の一つには、マイケル・チミノの「天国の門」(1980)の大失敗に続く作品であったためで注目が集まった。

天国の門」にはミッキー・ロークも出演。

物語的に深みもない作品は賛否両論ありで、「天国の門」ほどは叩かれなかったものの、ラジー賞の作品、監督賞以下、主要部門にノミネートされてしまった。

そんなことよりも、公開当時に、30代前半のミッキー・ロークの際立つ魅力が強烈に印象に残ったことを思い出す。

若いはずなのにグレー気味に染めた髪で、警部としての貫録も見せるミッキー・ロークは、演技の良し悪しは抜きにして、体から発するオーラのようなものを当時感じたものだ。

その後に低迷し、長くつらい時期を乗り越えての彼の復活を歓迎した、当時からのファンも多いはずだ。

端正な顔立ち、裏社会の人間には思えない、そのギャップがなかなかいい熱演のジョン・ローン、モデルでもあり美しいのだがオーバーアクション気味の演技が気になるTVリポーターのアリアーヌ・コイズミ、主人公の上司レイモンド・J・バリー、部下役のレナード・テルモ、妻役のキャロライン・カヴァ、組織を引き継ぐヴィクター・ウォン、潜入捜査官デニス・ダンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020