4956 Movies

ダニー・ケイの天国と地獄 Wonder Man (1945)

殺された双子の兄の幽霊が体に乗り移った青年が巻き起こす騒動を描く、製作サミュエル・ゴールドウィン、監督H・ブルース・ハンバーストン、主演ダニー・ケイヴァージニア・メイヨヴェラ=エレンドナルド・ウッズ他共演のミュージカル・コメディ。

アカデミー賞 ■ ストーリー ■ 解説


ミュージカル


スタッフ キャスト
監督:H・ブルース・ハンバーストン
製作:サミュエル・ゴールドウィン
原作:アーサー・シークマン
脚本
ドン・ハートマン
メルヴィル・シェイヴルソン
フィリップ・ラップ
撮影
ヴィクター・ミルナー
ウィリアム・E・スナイダー
編集:ダニエル・マンデル
音楽
レイ・ハインドーフ
ハインツ・ロームヘルド

出演
エドウィン・ディングル/バジー・ベリュー(バスター・ディングル):ダニー・ケイ
エレン・シャンリー:ヴァージニア・メイヨ
ミッジ・マロン:ヴェラ=エレン(歌の吹き替えジューン・ハットン
モンテ・ロッセン:ドナルド・ウッズ
シュミット:S・Z・サカール
チンプ:アレン・ジェンキンス
トルソー:エドワード・ブロフィー
”テン・グランド”ジャクソン:スティーヴ・コクラン
地方検事:オットー・クルーガー
地方検事補:リチャード・レイン
ヒューム夫人:ナタリー・シェイファー
水兵:ハンツ・ホール
水兵のガールフレンド:ヴァージニア・ギルモア
公園の警官:エドワード・ガーガン
ワゴンセラー:グラント・ミッチェル
シュミット夫人:ギゼラ・ヴェルベジルク(クレジットなし)
デリの客:バイロン・フォルガー(クレジットなし)
クラブの客:ラリー・ステアーズ(クレジットなし)
ゴールドウィン・ガールズ

アメリカ 映画
配給 RKO
1945年製作 98分
公開
北米:1945年6月8日
日本:1952年3月26日
製作費 $1,450,000


アカデミー賞
第18回アカデミー賞
・受賞
視覚効果賞
・ノミネート
録音、ミュージカル音楽、歌曲賞”So in Love”


ストーリー
ニューヨーク
人気エンターテイナーのバジー・ベリュー/バスター・ディングル(ダニー・ケイ)は、ナイトクラブに出演し、ダンサーで歌手のミッジ・マロン(ヴェラ=エレン)と恋仲だった。
そんなバジーは、マフィアのボス、”テン・グランド”ジャクソン(スティーヴ・コクラン)が犯した殺人事件の目撃者として、証言することになっていた。
ボスのテン・グランドの指示を受けたチンプ(アレン・ジェンキンス)とトルソー(エドワード・ブロフィー)は、楽屋でバジーを殺害し、公園の橋から遺体を捨てる。
バスター(バジー)とは疎遠の”一卵性双生児”の弟エドウィン(ダニー・ケイ)は、図書館で一日中勉強するまじめで気弱な青年で、図書館員のエレン・シャンリー(ヴァージニア・メイヨ)に惹かれていた。
エレンのアパートで食事をすることになったエドウィンは、ポテトサラダを買いに行く。
惣菜店で奇妙な音楽に誘われて公園に向かったエドウィンは、幽霊となって蘇ったバスターが現れたために驚く。
エドウィンにしか見えないバスターは、彼の体に乗り移り、予定通り証言をしようとするのだが・・・。


解説 評価 感想

サミュエル・ゴールドウィン製作によるコメディ・シリーズであり、キング・ヴィダーエドマンド・グールディングアラン・ドワンらの助監督として下積みを続けたことで知られるH・ブルース・ハンバーストンが監督した作品。

主人公の双子を見事に演ずるダニー・ケイと、彼と惹かれ合う図書館員を魅力的に演ずるヴァージニア・メイヨは、「ダニー・ケイの新兵さん」(1944)でも共演しているものの、彼女がクレジットなしの端役だったために、本作が初めてのコンビ作とも言える。
ダニー・ケイヴァージニア・メイヨは、前年から5年連続で共演することになる。
また、2人に加えて、本作がデビュー作のヴェラ=エレンスティーヴ・コクランは、翌年の「ダニー・ケイの牛乳屋」(1946)にも出演している。

ダニー・ケイヴェラ=エレン他のミュージカル・パフォーマンスが十分に楽しめる、ファンタジックでもありユーモアあふれる愉快な内容に仕上がっている。

さらに、ダニー・ケイが双子役を演ずるため、今でも十分に通用する特撮が駆使され、第18回アカデミー賞では視覚効果賞を受賞した。
・ノミネート
録音、ミュージカル音楽、歌曲賞”So in Love”

主人公(バジー)の婚約者であるダンサーのヴェラ=エレン(歌の吹き替えジューン・ハットン)、ナイトクラブのショーのマネージャー、ドナルド・ウッズ、惣菜店の店主S・Z・サカール、その妻ギゼラ・ヴェルベジルク、主人公を殺そうとするギャングのアレン・ジェンキンスエドワード・ブロフィー、そのボス、スティーヴ・コクラン、地方検事のオットー・クルーガー、地方検事補のリチャード・レイン、図書館にいた女性ナタリー・シェイファー、公園の水兵ハンツ・ホール、その恋人ヴァージニア・ギルモア、公園の警官エドワード・ガーガン、惣菜店の客バイロン・フォルガー、クラブの客ラリー・ステアーズ、他グラント・ミッチェル、そしてクラブの出演者としてゴールドウィン・ガールズが登場する。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2022